METATRONE







"The Powerful Hand"




イタリア出身のメロディックメタルバンドによる1stアルバム。


LABYRINTHやVISION DIVINEのマネージャーが発掘したらしいイタリアのバンドで、
ヴォーカルとドラムがORION RIDEのメンバーらしく、どうやらクリスチャンバンド
ようだが音楽的にはSTRYPERとは異なり、B級クサメタル大国イタリアらしく音的には
いかにもB級な感じで、プロダクションも軽くヴォーカルも若干ヘナチョコなムードを
感じさせる頼り無さ
があり、演奏も上手くは無いんだが中途半端にプログレメタル風の
要素を導入しており、
シンセはシンフォニックさがあるも決してエピックで大仰な
クサメタル
と言う訳では無く、メロパワ、メロスピのように疾走しているわけでも無く
全体的にどっちつかずの中途半端さが見られるのう・・・!

1曲目はリリカルな出だしからバンドサウンドと共にクワイア風の分厚いコーラスが登場、
途中からテンポアップアコギ若干ヘナチョコ入ったヴォーカルも聴けるイントロ系の曲で、
続く2曲目はちょいプログレメタル風ながらオーソドックスなムードを放つHM/HRチューンで、
まぁ音はいかにもB級な軽さがありヴォーカルもB級臭漂う声質で頼り無いが、そこが
イタリアンメタルらしい部分だろうか!?ポジティヴな明るさはいかにもクサメタル的
あまり上手くないギターシンセとバトルするソロ様式美と言うよりはテク無しながら
半端にプログレメタル的か!?3曲目はシンフォニックなシンセ、ピアノが聴けるも
その後はスローテンポで淡々と展開、イタリアらしい叙情性を感じさせるだろうか!?
途中からテンポアップシンフォニックな中明るさを見せ始めるのう・・・!
4曲目はハモンドがちょいとダサめのフレーズを披露しピコピコしたデジタルシンセも
顔を出し勢い良く疾走!
ここに来てようやくメロスピ系のクサメタルとなるが、それだけに
デジタル系のシンセアレンジは不要だろうなぁ・・・!5曲目は叙情的なアコギで幕を開け
淡々としたバンドサウンドも登場する穏やかな曲調で、6曲目は意外にも壮大かつ大仰な
オーケストレーション
に始まりクワイア風のコーラスも登場するが、基本はミドル〜スローテンポで
中途半端さ
が感じられるなぁ・・・!まぁメロディーラインはなかなかにエピック風で良いのだが・・・!
7曲目はシンセが目立ちつつもメロパワ的な疾走感を披露!何故かデジタル要素が強い
シンセ
正直不要だが、シンフォニック系のストリングスシンセも顔を出すぞ!
8曲目は彼等としては結構ヘヴィ寄りのリフが聴け、メロパワ的な疾走感も一部で見られるが
基本はスロー〜ミドルテンポスペイシーなシンセも登場、やはり半端にプログレメタル風か!?
9曲目はメロハー色濃い明るめのミドルチューンで、ピアノも顔を出しこのソフトな質感は
STRYPER
等同様クリスチャンメタルらしい部分だな。10曲目もメロハー要素を漂わせた
ミドルチューン
で、サビ等80年代アメリカンロック風の明るさがありギターソロはタッピングを連発するぞ!
11曲目はアコギ民謡ライクなクサさを感じさせるヴォーカルが乗る短くも叙情的な曲である!
何故これくらいのメロディアスさを他の曲でも発揮せんのじゃ!(爆)


シンセ入りのメロディックメタルではあるが、シンフォニックメタルのような大仰で
壮麗なオーケストレーション
も無ければメロスピ、メロパワのような疾走感も無く、
中途半端に正統派かつ中途半端にプログレメタル風大したテクも無く、音も軽く
ヴォーカルもB級イタリアンメタルによくあるヘナチョコハイトーン系でまぁそれは良いが
メロディーに何らフックが無いのが最もアカンだろうなぁ・・・!プログレメタラー視点では
技巧的なアンサンブルが無く、正統派メタラーからしたらタイトさ、硬派さ、ストロングさに欠け
クサメタラー視点ではクサさや疾走感、メロディアスさが無く全体的に半端である!
一部でメロパワ色濃い疾走チューンもあり、そういう曲をメインにしたほうが良くなるだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 Free And Forever  Mirror City Train  AveMaria







もどる


inserted by FC2 system