MARIO † CHILD







"Fantasia of Labyrinth〜迷宮の幻想曲〜"




日本のファンタジックシンフォニックヴィジュアル系ユニットの1stミニアルバム。


Dragon GuardianとMALICE MIZERの合いの子
言えそうなシンフォニックファンタジック
クサヴィジュアル系ユニット
である!オルガン、チェンバロ、
笛の音色のシンセが昔のRPGゲームが如きファンタジックな
クサメロ
を放ち、ギターこそ何とか生だがそれ以外は今時珍しいくらい
もろmidi丸出しなチープ極まる打ち込み
だ!ヴォーカルは
かなりクセの強いヴィジュアル系のスタイルで好き嫌いは
分かれそうだが低音でちゃんと歌えておりそこまで
ヘナチョコではないのが良いな。特に疾走しまくるメロスピ系ではないが
シンフォニックなシンセが中心となっておりクサさは強烈じゃのう!
ちなみにキノコ食って大きくなるあの有名なオッサンとは
特に関係ないと思われる(笑)。

チープさの残るオルガン、笛のシンセで幕を開けV系ライクな
ナルシスティック語り
が登場、続く2曲目は超チープな
midi臭満点
の打ち込みバンドサウンドがかなりズッコケさせて
くれる
もV系ライクなヴォーカルメロはまぁまぁクサいな。
インストパートの笛シンセはかなりクサいがハイトーンらしき
声がバックで登場しそれはかなりヘナチョコじゃのう・・・!
3曲目はオルガン、チェンバロで始まり歌い上げるV系ヴォーカル
大仰なクサさを演出、中盤スローになりオルガン、朗々とした
ヴォーカルが聴けるも基本はアップテンポだな。4曲目も
オルガン等のシンセがファンタジックなシンフォさを演出するも
盛り上がりはせず穏やかな雰囲気が強いな。5曲目は
チェンバロ系の音色で幕を開けまったりしつつも疾走、
途中のV系語り
Moi dix Moisを思わせ、6曲目は
煌びやかなシンセに珍しくギターがリードフレーズを弾き
やはりまったりした雰囲気だ。7曲目はオルガン、クワイア音の
シンセ
で始まりクラシカルなチェンバロで疾走開始!ようやく
メロスピ系のキラーチューンの登場だが途中スローになり
そこはダレるパートだな・・・!ヴォーカルは高音になると
途端に弱弱しくなる
のう・・・。低音ならかなりいい声しとるんだが・・・!


メタルと言うよりは昔のRPGを思わせる打ち込み主体の
ファンタジックサウンド
は十分にクサさを感じさせてくれるが
この音のショボさはかなりのマイナス点じゃのう・・・!
今時同人音楽、ネットで曲公開している趣味のアマチュア
ミュージシャン
でさえここまでチープな音色は使わんぞ!
アレンジ面も未熟なのか音のショボさのせいかアグレッシヴに
したいであろう疾走パートも終始まったりした印象があり
まぁこれは意図的なのかも知れんが個人的には気になったのう・・・!
ヴォーカルが癖はあるがマトモなんでそこに活路を見出せば
今後期待できるユニットには成り得るだろうが、正直本作の
クオリティーで2100円
っていうのはボッタクリではないのか!?
一応はヴィジュアル系だからボッタクリなのか!?(爆)




myspaceで見てみる





満足度 58% お気に入り曲 Neo gate、Nostalgia eye







もどる


inserted by FC2 system