MALICE MIZER







"Memoire"




天才メロディメイカーMana率いるクラシカルなヴィジュアル系バンドの1st。


俺はメタラーなのでこれを聴いた当時は彼らのことなどまったく知らず、他のメタルサイトで
知ったMoi dix Moisで始めてManaの音に触れこりゃいい!となって後追いでマリスミゼルを聴いた。

これはヴォーカルがまだGacktではない頃の作品で、まだまだチープではあるがメロディセンスは
この頃から確かなものを感じさせてくれる。しかしここでヴォーカルを
とっているtetsuはなんというか・・・かなり独特でヴィジュアル系の中でも異質な
カンジ
じゃない?(汗)俺この人の物真似出来るよ(笑)。このヴォーカルは日本語詩、
V系ということでふるいにかけられたメタラーをさらにふるいに
かけるような
カンジなのでおすすめはしない・・・。俺は聴いてる内に慣れたが。

しかし曲はいいぞ!厳しいヴォーカルがダイレクトに伝わる4曲目以外はだが・・・。スネア裏打ちの
疾走感溢れる曲
が多く、メロスピ寄りと言えるだろう。
特に気に入ったのは最後の曲“バロック”。ダークなアルペジオから繋がるツインリードの
クラシカルなフレーズ
は確かなセンスを感じさせ、思わず俺も
耳コピーしてしまった!
途中ソロでアクセプトもやってた有名な
“エリーゼのために”のフレーズが入る
とこ等、ニヤリとさせてくれる。
最後にヴォーカルが重なってくるとこなどやるな、と感心させられてしまう。勿論疾走してるぞ!!

あと思ったのはドラムの素晴らしさ。タイトなリズムキープはもちろんのこと、表情豊かな
フレージング、オカズを入れるセンスのよさ、手数等、只者ではない!
しかしこのドラマーはどうやら3rdのあとに亡くなられたらしい・・・残念だ。

しかしまだまだ甘いとこも多く、3rd以降のようなクオリティは望むべくも無い。それに音質は仕方ないとして、
問題はギター。フレーズはいいがこのペラペラな音質に加え、チョーキングやハンマリングとか
一切せず、譜面どおりただ弾いてますってカンジの打ち込みライクな
感情表現皆無のプレイ
はいただけないよなぁ・・・。


とりあえず、このアルバムはマリスミゼルをかなり気に入って他のアルバム全部そろえたら
買えばいいかな・・・?しかし俺は結構気に入ってるぞ!


Amazon.co.jpで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 バロック






"Voyage"




ヴォーカルに新たにGacktを加え、シンフォニック色を増した2nd。


前任Voに不安を抱えていたこのバンドにとって確かな歌唱力、表現力を持つGacktの
加入は大きく、一気にクオリティアップする事に成功。そして曲調も前作のようなメロスピ寄りの
ロックチューンは減り、シンセ、生ストリングス、打ち込みリズム等を多用した
新たな試みが多く用いられている。

まずイントロから続く2曲目“Transylvania”からシンセサイザーによる
オーケストレーション
で構築されたドラマティックな楽曲に驚かされるだろう。
ギターもドラムも無くもはやロックじゃねぇ(笑)。

そして3曲目“追憶の破片”で前作聴けたようなクラシカルロックになる。
やはりヴォーカルが前任者と違ってクセが無くていいね。

5曲目の“N.p.s N.p.s”で打ち込みリズムとチェンバロの掛け合いが聴ける。
Manaはこのスタイルが気に入ったのかこれ以降このタイプの曲を必ず
アルバム一枚に一曲は入れるようになる。


8曲目“Madrigal”はクラシカルかつどこかフレンチポップス風の雰囲気を持つ佳曲。
中盤でストリングスが聴き覚えのあるクラシックの曲のフレーズ(名前忘れた)を聴かせてくれる。
ニュー・トロルスのコンチェルト・グロッソみたいだな。

そして9曲目“死の舞踏”。3曲目に近いロックチューンだ。ギターも相変わらず薄っぺらいながらも
なかなかのソロを聴かせてくれる。


幅広い曲調ながらどの曲もいちいちメロディーが美しく、聴き所が多いアルバムと
言えるだろう。個人的には疾走曲多数の前作も捨てがたいのだが・・・。


フレンチポップス風のタルい曲が個人的に捨て曲だ。しかしなかなか良く出来たアルバムだぞ!
次作で一気に飛躍する条件はそろっている。3rdが心底気に入ったら聴く価値は
十分にあると思う!でも個人的には1stのほうが好みかも・・・。


Amazon.co.jpで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 Transylvania、追憶の破片、死の舞踏






"merveilles"




クラシカルな香り漂うドラマティックなサウンドを持つハイクオリティーヴィジュアル系バンドの
3rdにしてメジャー進出アルバム。


普通、ヴィジュアル系の曲というとニューウェイヴ系のような暗く、一定のテンポでまったりとした
雰囲気に喉で歌うヴォーカル
というイメージがあるが彼らの場合はあきらかに違う!
クラシック、フレンチミュージック等の影響を受けた曲

あまりにも美しく劇的!泣ける!!最高!!

まずイントロに続く2曲目“Syunikiss"からもうクラシカルかつドラマティックな楽曲に卒倒!!
メタラーらしからぬ意見かもしれぬがGacktのヴォーカルが良い!深く情念に満ちた
歌いまわしが胸に突き刺さる!そしてギターソロではツインリードが絡むクラシカルな旋律がたまらない!!
イングヴェイのようなテクニックはないが彼らの奏でる独特のフレーズは
音楽は技巧では無い
ということを教えてくれる。

そして3曲目“ヴェル・エール”で早くも昇天!!この哀愁のメロディーは反則だろう!特に二度目のサビのあと
聴いてるこっちも感情爆発!!「大空に浮かべた〜」
あとの「そっと!!」が最高!!
気付けば涙でだだ濡れだよもう!!(笑)“Syunikiss"もそうだけど歌詞がいいね!
チープさは無くすんなりドラマティックな世界に入っていけるのはいい事だ。

そして3曲目はデジタル風の打ち込みにクラシカルなチェンバロが乗る
マリスミゼル独特の曲。コレも良いね。そして7曲目“an revoir”で聴ける生ヴァイオリンの
哀愁メロ!たまんねぇ〜!

そして有名な11曲目“月下の夜想曲”はい来ましたよキラーチューンが!!
シンプルな曲調、キャッチーなサビと恐ろしくクサいタンゴのメロディー
シンセのチープさをかき消しこの上ない感動を呼んでくれる!
ギターが入ってない事で有名だが実は少し使われている。

そしてこの目くるめく展開してきた一大音楽絵巻はラストの小曲ながら大仰でオペラティックな
“Bois de merveilles”で幕を閉じる。


いろいろ書いてきたが日本語詩が聴けてメタルでなくともクサけりゃ何でもいいぜという
メタラーならぜひとも聴いてもらいたいものだ。こういうバンドがいるとすでに
腐りきったと思ってた日本の音楽シーンもまだまだ
捨てたもんじゃない
って気にさせてくれるな!
個人的に捨て曲はあるが、キラーチューンの出来が凄まじく俺なんか一月は
軽くへヴィーローテーションしたぞ!!
とにかくおすすめだ!!


Amazon.co.jpで見てみる



満足度 96% お気に入り曲 Syunikiss〜二度目の追悼〜、ヴェル・エール、月下の夜想曲






"薔薇の聖堂"




ヴォーカルとドラマーがいなくなり、追い詰められた残りのメンバーが
再起をかけて放つ渾身の4作目。


ヴォーカルの有名なGacktが脱退し、優れたドラマーだったKamiが急逝し、残ったメンバーは3人となり、
さらにメジャーからインディーにドロップアウトしてしまうなど苦難続きだった彼らだが、
ここにきて究極のクオリティーを持つアルバムを創り出す事に成功した!!

新たなヴォーカルは前任者と比べてやや癖があるが、特に問題も無く世界観の演出に成功している。
なんか伯爵ってカンジの声で、このアルバムには合ってると思う。ドラムは打ち込み。
前任者と比べるべくも無いが8曲目でブラストしてる。

そして新たなサプライズが!このアルバムでは遂に生の弦楽アンサンブル、
混声合唱団を起用!
いままでチープだったシンセのオーケストレーションを
見事に克服している!!

まずイントロに続く2曲目“聖なる刻 永遠の祈り”からしてすげぇ!荘厳なパイプオルガンに
導かれる超ドラマティックなサウンド
に鳥肌が立つ。
男女ツインVoの掛け合いもいい。名曲だ!

3曲目“虚無の中での遊戯”はManaお得意のデジタルビートにチェンバロ、
そしてソプラノクワイア
が乗る名曲!シングルでカラオケヴァージョンも
収録されてたが誰が歌うんだコレ!?(笑)

4曲目“鏡の舞踏 幻惑の夜”もチェンバロに導かれて朗々とヴォーカルが歌い上げる曲。

5曲目“真夜中に交わした約束”も4曲目に似た曲調のダーク&クラシカルな
空気
に満たされた曲。所々で冷え切った、凍りつくような雰囲気がまたたまらない!

6曲目“血塗られた果実”はどこかRHAPSODYがやりそうなコーラスから始まる
これまたダークなゴシックチューン。

7曲目“地下水脈の迷路”はソプラノ女性Voハープの音色に合わせて歌い上げる美しい曲。
RPGとかにありそうな神秘的な洞窟とか、そんな雰囲気漂う一曲。

8曲目“破誡の果て”。ここでようやくギターの音が入る(笑)。先にあげたようにブラストビートが
炸裂
し、ノイジーなギターリフにソプラノクワイアが
乗る疾走チューン!
おそらくこの曲が後のMoi dix Moisに繋がるのだろう。

9曲目“白い肌に狂う愛と悲しみの輪舞”はい出た!キラーチューン降臨!!ツインリードと
チェンバロがクラシカルなメロディーを奏でるメロスピ寄りの一曲!ストリングスと
パイプオルガンも加わり超劇的に展開する!!最後にサビの部分でヴァイオリンが
オブリを入れ、他の楽器はブレイクする所
なんかもう最高だ!!
ホント、Manaはいい曲書くよなぁ・・・。

そしてラストはオーケストラが奏でるもろクラシックなインストチューン“再開の血と薔薇”。
火曜サスペンス劇場というか、70年代のイタリアンロックのような
ストリングス
に心底悶絶!!もはやヴィジュアル系はおろか、メタル畑にも
これだけの曲を書ける奴は少ないと思うぞ!Manaは確実に音楽理論に
精通している
と思う。ちなみにこの曲シングルカットされてるようだが、
ヴォーカルどころかロックサウンドも全く入っていない
ストリングス、チェンバロのみの曲をシングルにするあたり売る事よりも
音楽性、芸術性を追求するManaの崇高な精神性が見て取れるな!


思わず全曲レビューしてしまったが、今回今までのようなカラフルな曲調は無くなり、
欧州シンフォニックゴシックのような曲調で統一されており、それによっていままでのアルバムにあった
個人的に感じていた捨て曲が無くなり過剰ともいえる耽美さが前面に
押し出され個人的にいままでのマリスのアルバムの中で一番だと言い切れる!


いままで色々と本場の欧州シンフォニック・ゴシックメタルを聴いてきたがこのアルバムが一番好きだな。
個人的にこれとタメ張るのはラクリモーサのエロディアくらいだと思ってるし、
どっちが好きかと聴かれたら0,05秒でこっちだと答えるね。音楽史に残る名盤!!
これは聴かなきゃもったいないぜ!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 97% お気に入り曲 全部







"Beast of Blood"




日本の高品質ヴィジュアル系バンドのシングル。


新ヴォーカル、Klahaの姿が明らかになりリリースされたシングルだ。タイトル曲は
どこかデジタル系の音を持ちつつもクラシカルな
チェンバロが対位法で劇的フレーズを奏でドラムがブラストで
突っ走り、
ギターが彼らの曲としては珍しくへヴィなリフを刻む
相変わらずの悶絶キラーチューンで満足だ!
ちなみにこの曲のPVがグーグルヴィデオなどで見れるので興味があったら是非。

カップリング曲はインダストリアルな曲でつまらなかった。まぁ小曲だろうな。
あとはタイトル曲のカラオケヴァージョン、シークレットトラックで今は亡きドラマー、Kamiが残した
インスト曲が入っている。デジタルサウンドを持ちつつもシンフォニックで荘厳な曲でなかなか。


彼らのファン、クサいもの好きのメタラーならタイトル曲は聴く価値があるぞ!だがPVが
グーグルヴィデオ、YOU TUBEで見れるのであまり本作の価値が無いのが欠点か・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 Beast of Blood







"merveilles l'espace"




日本の有名クラシカル系ヴィジュアルバンドのライヴDVD。


伝説のヴィジュアルバンド、マリスミゼル・・・。これはGackt在籍時、つまり黄金期のライヴ
収めたDVDだ!このバンドがあまりにも好きすぎて
思わず手を出してしまった(笑)。


フロントに立つギター2人、そしてメンバー全員が楽器を持たずに踊ったりすると言う伝説を
耳にしていたので一体どんなものかと思い興味があったというのも購入動機の一つだ。

本作はメジャーデビューアルバムである"merveilles”のリリース後のライヴで、収録曲は
merveillesの曲のみ
なのである意味物足りないと言えば物足りない。
Gacktが歌う初期の曲・・・例えば“バロック”とかを聴きたかった
個人的には思うのだが・・・!

しかしステージングは確かに凄いな!まるで中世の宮殿のようなセットがバックに組まれており、
その1階にGacktとギター2人、そして2階にリズム隊と弦楽隊(!)がポジションにつき、
荘厳な演奏を聴かせる様は是非一度メタラーにも見てもらいたいものだ。
アイアンメイデンを思い出すだろう(笑)。

メンバーの衣装チェンジも流石はヴィジュアル系なだけあって4回くらいあり、最初はGacktが
ハードゲイファッションでお出迎えしてくれる(笑)。

ライヴもただメンバーが演奏するだけではなく途中で妙な演劇っぽいパートがあり
メタラー的にはなんだかなぁ〜って思ってしまう。
あと一つ気になった点はオーケストレーションやデジタル音などの
シンセサウンドを全てテープで再現していると言う事だ。別にコレが悪い事だとは
思っていない。クイーンなんかボヘミアンラプソディのオペラパートは
ライヴで再現不能
なためテープを使っていたしラプソディーも
オーケストラ、クワイアは全てテープ
だ。しかしこれらは
あくまで自分達が演奏する事が前提での話。
彼らの曲はロックサウンドがまったく無い曲も多いだけに結果として
ヴォーカル以外のパートが全てがテープという曲が多く、
それだとぶっちゃけアルバムで流れている音とまったく変わらないだけに
わざわざライヴで見る意味が無くなってしまうというのが俺の考えであり、
メタラー、ロッカーならこの気持ちが分かってもらえると思う。パープルやインギーでメタルに
目覚めた俺としてはメンバーの生の演奏、そしてライヴならではの
アレンジ等といった楽しみが削がれてしまうのはどうかと思うよ・・・。


あともう一つ、数日分のライヴを編集して仕上げているのかGacktの顔のメイクがあったり
無かったりする(笑)。
こういうの気にしない人は気にしないが
気にする人はすごく気にするんだよなぁ・・・。俺は前者だが。

だがそれでも曲はいいので前半から中盤にかけてのキラーチューン3連発、そしてGacktのピアノと
Kamiのドラムが真っ向からぶつかり合うライヴならではの
ソロタイムは大満足だった!
Kamiも凄いがGacktもピアノ上手いな!


と、まぁ曲そのものには満足だがライヴの演奏としては疑問符の残る出来
あったと思う。シアトリカルな演出は大いに結構だがちゃんと自分らで
演奏してくれ!
踊るパートはバックミュージシャンが演奏するとかしてな!
ちなみに本作の映像、数曲はグーグルビデオ、YOU TUBEで見れるので興味があったら見てくれ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 79% お気に入り曲 Syunikiss〜二度目の追悼〜、ヴェル・エール、月下の夜想曲、波紋/協奏曲







"薔薇に彩られた悪意と悲劇の幕開け"




クラシカルヴィジュアルバンドの最後の姿を捉えたライヴDVD。


Gacktが行方不明になり新たにシンガーとして芝居がかったクセのある声
持つKlahaを加入させてのライヴ映像だ!今回はアルバム“薔薇の聖堂”をコンセプトにした
ライヴだがシングル曲、初期の曲もやってくれているぞ!

今回も演出は実にシアトリカルなもので会場となった日本武道館には天井まで
届かんとする大聖堂
が組まれ、聖歌隊も登場し、
中盤で白装束の仮面をつけた謎の集団が客席のサクラを拉致し、棺桶に入れて
少ししてから蓋を空けると中からManaが出てくると言う、ちょっとした
イリュージョンも見せてくれる(笑)。


しかし、前回書いた欠点は改善される事は無く前半はほとんど演奏は
テープのみで(まぁ、もともとアルバムがロック色の薄い出来だったのだが)またシンガーが
アルバムとなんら変わらない歌唱を聴かせてくれるので
(逆に言えば上手いシンガーだ)正直、眠くなってしまった・・・(笑)。雰囲気も
とことんダークだし。セットを見ているとディズニーランドに行きたくなるのは俺だけか?(笑)

ただ、いい事もある。それはアルバムでは打ち込みだったドラムが生だと言う事だ!
セットの裏で叩いているのか姿は現さないがちゃんとクレジットにも記されている!
ツーバス、ブラストなどメタルドラムのテクニックを聴かせてくれるぞ!
そのせいかギターもアルバムよりもずっとメタルっぽい!ぶっちゃけ
アルバム買わずにこっちだけ買ってもいいんじゃないか!?いやむしろ
アルバムを聴いていない人のほうが感動できると思う。プロダクションもいいしな!

中盤聴ける“幻想楽園”はシングル曲だろうか、ブラスト風のドラミングが聴ける
かなりアグレッシヴな曲だ!
メタラー的にはかなり美味しい曲だといえる。
“記憶と空〜再会そして約束〜”は1st収録の疾走曲だ!しかし歌詞、歌メロが新たに
書き直されており
肩透かしを食らった気分になる。ちゃんとオリジナルどおりやってほしかった・・・。


そんなわけでこれも前回どおりの感想になるな・・・。曲自体ははもちろん最高で雰囲気、演出も
素晴らしいが曲の音はほとんどアルバムと変わらないのでライヴならではの
楽しみが一つ減ってる・・・。だがドラムは生なのでそれだけで個人的に評価は上がる!(笑)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 ギター、ドラムが入った曲全て







もどる


inserted by FC2 system