MAJESTIC RIGHTEOUSNESS







"METAL ANGEL REGENERATOR A-RISE"




日本のB級メロスピ、クサメタルプロジェクトによる1stアルバム。


M3でゲットして来た1枚で、音楽的にはメロパワ、メロスピ系なんだがジャケが酷く
前情報が無ければ確実に視界に入らないアルバム
だろう(爆)。
メロパワ系ではあるが基本的にB級要素が強く、アマチュアレベルながら演奏、楽曲等そこそこで
素人っぽさ丸出しの間延び間、冗長さ
が強いながらにそれなりにクサさは感じさせてくれるものの、
プロダクションは軽くスカスカでヴォーカルは相当に線が細く不安定なヘナチョコさが
漂っており、
声質的にもHM/HRと言うよりはJ-ROCK寄り物足り無さが残るのう・・・!

1曲目はいかにも自主制作臭漂うプロダクション勇壮さ漂うリードギターが聴け疾走!
ストリングス系シンセも聴けつつどことなくジャーマンメタル臭を放っているんだが、
ヴォーカルは弱さ漂うJ-ROCK風歌唱
曲調にはあんまマッチしていないのう・・・!
分厚いコーラスも聴けサビのメロディーもなかなかに良いんだが、ヴォーカルは高音域が
非常に不安定だな。
2曲目は何故かアコーディオン不安定で下手糞ながらも朗々とした
男Vo
が聴ける怪しげなフォーク風の短い楽曲。3曲目はオーソドックスなハードロック系のリフが聴ける
軽快なアップテンポ曲で、やはりヴォーカルが相当に弱弱しくヘナチョコなのがアカンな!
中盤以降は疾走しチープながらにスペイシーさ漂うシンセソロも聴けるぞ。4曲目はオルガンに始まり
淡々とした打ち込みピアノ、フルート系の音色が登場、この辺のショボい音作りがまたいかにもアマチュア
英語詩を披露する淡々としたヴォーカルも登場、間延び感もあるがその後は疾走するB級以下メロパワとなるぞ。
サビはヴォーカルが無理矢理ハイトーンで歌おうとしてはいるものの裏声丸出しで相当に稚拙である(爆)。
全体的にかなり冗長で纏め切れておらずこの辺がまた素人臭い部分だな。5曲目はインチキ臭い
ミュージカル風
と言うかQUEENを69000倍劣化させたかのような空気を放つ曲調で、
ギターがまたモロにブライアン・メイを意識しているな・・・!6曲目はチープながらもシンセが
シンフォニックさを放つ繋ぎ
で、7曲目はそのまま勇壮なストリングスシンセ、鐘の音と共に疾走する
エピック臭漂うメロパワ、メロスピチューンとなり、基本はヘナチョコなんだが曲自体は
なかなかに悪くないのう・・・!
まぁインストパートがまた冗長で後半の高音Voが全然歌えておらず
凄まじく聴き苦しい
のだが(爆)。8曲目はピアノストリングス系シンセ優雅さを醸し出す繋ぎで、
メロディー自体は悪くは無いな。9曲目はエピックメタル風の空気を醸し出すストレートなHM/HRだが
明るさもあり、ヴォーカルは中音域で朗々と歌っているんだが、この音域でも不安定なのが
実にアカンのう!中盤でハモンドソロも顔を出しギターソロメロディー重視なプレイである。
10曲目は大人しいシンセストリングス稚拙な中音域Voが乗り淡々とした
バンドサウンドも聴けるミドル曲。
メロディーの作りがどこかRAPHAELっぽいか!?


メロパワ、メロスピ系オンリーかと思いきやなかなかにバリエーションのあるHM/HRが聴けるが、
やはり全体的にアマチュア感丸出し音は悪くテクニカルさも望むべくも無く、さらに最大の
欠点としてヘナチョコさ、稚拙さを味に変換出来ていない、ただ弱いだけのヴォーカル
リスナーを強烈に選ぶだろうなぁ・・・!曲構成もまだまだ未熟やりたい事は判るが
それを纏め切れておらず冗長さ
が目立っており、この手のメロスピ、クサメタルがよほど好きでなければ
最後まで聴き通すのはしんどい
じゃろうて・・・!メロディー、シンセアレンジ部分的に
光る箇所はある
のでヴォーカル、作曲等もっと修行を積んでから出直して来て頂きたい!




オフィシャルで見てみる





満足度 64% お気に入り曲 wanna be a mighty warrior  the reason of song







もどる


inserted by FC2 system