Lyu:Lyu







"32:43"




日本のオルタナバンドの1stミニアルバム。


ACIDMANが比較対象に挙げられている3ピースの若手バンドで、
音楽的には典型的な国産オルタナ系歪みの無いほぼクリーンなギターの
カッティング
をメインに据え気だるいムードを醸し出し下手ではないが
特別上手いというわけでもない
ヴォーカルが憂いのあるクリーン歌唱を披露する
シンプルなスタイルでまぁこれといった面白みは無いのだが結構勢い良く
疾走している曲もあり
そういう点では聴き易いと言えるか!?

1曲目はいかにもグランジ、オルタナな気だるさのあるクリーンなカッティングが聴け
アップテンポのリズムになりどこかオシャレなムードを感じさせる曲調になるのう・・・!
中盤はなかなかにギターが暴れておりこの手の国産オルタナとしては勢いがあるか!?
2曲目もまたどこかオシャレな落ち着きを見せるが今度はミドルテンポ余計に
まったりした空気が放たれるな・・・!
サビはそれなりにキャッチーさがあり
一応はギターソロと思しきパートも途中顔を出すぞ。3曲目は淡々としたスローで
大人しいバラード寄りの曲。
サビは多少フックがあると言えなくも無いがかと言って
クサいという訳でも無くまぁそれなり止まりじゃのうて・・・!やはり淡々としているが
ギターソロも一応聴けるぞ。4曲目はシンプルなベースがこれまた
淡々としたムードを放つスローで地味な曲。サビは一応盛り上がると言えなくも無いが
根がスカスカなので当然派手さは皆無じゃのう・・・!5曲目はノイジーな
ギター
に始まりベースが登場、久々にアップテンポとなり軽快かつどこか怪し気な
デリデリした音作り
を見せヴォーカルは結構早口で歌っているな。中盤のインストパートや
ラストのベース等この手のバンドにしては演奏スキルはありそうか!?6曲目は
クリーンギターが穏やかさを放つ淡々としたスロー曲。サビはそれなりにキャッチーだが
アレンジがつまらない
のでメロの良さを生かしきれておれず惜しいのう・・・!
7曲目はこれまた淡々とした物静かなスロー曲。

ACIDMANとよく比較されているようだが確かに似た部分は多く
この手の国産オルタナとしては結構勢い良く疾走している曲もありそういう部分は
好印象だがやはり基本的には単純なこれと言った聴き所の無い無難なオルタナ
アレンジ、音作りは例によってスカスカなんだがサビ等ヴォーカルメロディーは
それなりにキャッチーさがあり
そこが救いとなっているか!?1曲目や5曲目のような
アップテンポナンバーがもっとあれば印象は良くなったんだろうが
スローチューンが悉く捨て曲というのもACIDMANと同じだ(爆)。だがあっちよりは
まだメロディーにキャッチーさがあるか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 空-カラ-  カッターナイフと冷たい夜







もどる


inserted by FC2 system