Lunetia







"Lunetia"




日本のスクリーモバンドの1stアルバム。


なぜか同人音楽畑で活動する国産スクリーモバンドのデビューアルバムで
詳しい事は判らんが実力派が集まって結成されたバンドらしい・・・。
音楽的には男女ツインVoピアノ入りスクリーモと言った所で
バンドサウンドはいかにもペラペラ系のプラスティックメタル
形容できそうな王道のスクリーモスタイルを踏襲し男Voは
同人シーンにありがちなV系スタイルではなくしかとしたエモ、
スクリーモ系の発声
をしており線は細いが好感が持てるのう・・・!
女性Voは気だるい歌唱をしておりこれまた上手く英語の発音も良いな!
スクリーモなんで絶叫シャウト、デスVoも一応はあるがあまり使用頻度は
多くなく大半がクリーンVo
である。バンドメンバーの演奏スキルは実に高度
変態的なタッピングや速弾きを披露するギターも然る事ながら異様に
目立ちまくるベース
がかなり強烈で、土台を支えるどころか積極的に前に
出まくっておりブリブリと速弾きしまくるオブリを連発、ここがそこらの
ありがちスクリーモバンドと一線を画す美点となっているぞ!

1曲目はハモンド風シンセ、ペラペラしたいかにもスクリーモなギター
始まり弱弱しいが高音で歌う男Voが登場しテルミン風のうねる電子音
プラスティックメタル然としたリフが聴けクリーンVoとデスVoが
まさにスクリーモの王道を行く音を出すもベースがかなり目立ち
速弾きオブリをバンバン放り込み
妙にテクニックあるのう・・・!
2曲目はシンセ、女性Voが登場し繊細さを演出する叙情的なスクリーモ
男女ツインになり絶叫シャウトも聴けヴォーカルは意外と本格的な
エモ、スクリーモ系の歌唱
を披露しておりよくあるV系歌唱ではなく
ちゃんとした説得力を放っておるのう・・・!3曲目は疾走曲
よくあるペラペラしたギターが聴け歌詞は日本語詩となりピアノも
バッキングで登場、
やはりベースもかなり目立っているな・・・!
サビは非常にキャッチーで日本語詩のせいもあるがここら辺はかなり
日本人らしいセンスが出ておる
な・・・!後半でへヴィリフ、ギターソロ
登場するぞ!4曲目はイントロでクリーンギター打ち込みリズムが聴け
気だるい女性Voが乗りアトモスフェリックな雰囲気を放つもその後は
アップテンポになりいかにもエモメタルなバンドサウンドになるぞ!
ヴォーカルは男女ツインで中盤から打ち込みリズム、モッシュを誘発する
へヴィリフ、唸るギターソロ
が聴け変態的なテクニックを披露する!
5曲目はピアノ、女性Voが古い音質でエモさを演出するメロウなバラード。
ここら辺はいかにもJ-POP臭く日本人らしい所じゃのう・・・!6曲目はジャジーな
スイング感
を持った小洒落た曲でピアノも聴けるが妙にヘナチョコな
男Voの語りは不要だな・・・!(爆)
ラストはなぜかシンフォニックな映画の
サントラ風
になるぞ。7曲目はストリングスリフ打ち込みダンスビート、
インダストリアルな電子音
が登場する繋ぎのインストで続く8曲目は
湿った穏やかさを感じさせる叙情スクリーモとなり英語で本格的に歌う
女性Voが実にエモく最近流行りの嬢メタルを彷彿とさせ絶叫スクリーム
登場、ベースも唸りギターもテクニカルな変態的速弾きを披露し
その後はクラシカルな速弾きピアノソロも聴け高度な技巧を見せ付けるぞ!


王道を行くプラスティックメタル系スクリーモを基盤としつつそこに
説得力を感じさせる女性Voが日本人らしいキャッチー極まるメロディー
歌いテクニカルで変態的なギター、ベースが目立ちピアノも絶妙な
タイミング
で登場、音質こそ軽いものの質は高くよくあるスクリーモ勢が
エモを基盤としているのにどうにも無機質であまり感情表現が
出来ていなかったりする
のに対しどこか湿った叙情性を感じさせこの手の
サウンドにしてはオーガニックな空気があったりするのもまた良し!30分に
満たない収録時間
がどうも短すぎるが最近いいスクリーモバンドいねぇな〜等と
お嘆きのエモキッズにオススメできる1枚じゃ!パンク、エモシーンでも十分に
活動出来るクオリティー
があるのう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 falling apple、enter、come sfter the silence







もどる


inserted by FC2 system