Loszeal







"Ideal World"




日本のプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


KNIGHTS OF ROUND、ODIN等で活動するギタリスト、山田龍佐氏とベーシストの本郷拓馬氏によって結成された
バンドと言うかプロジェクト的な存在で、KNIGHTS OF ROUNDではコッテコテのメタル・・・
メロスピ、クサメタルをプレイしているが、
本郷氏は何とあのJ・A・シーザーの所でも活動しており
その経歴だけで凄腕だと言う事が判るであろう・・・!そんなわけで本バンド、Loszealは音楽的には
女性シンガーをフロントに据えたプログレッシヴメタルで、ギターリフには結構へヴィな
質感
があるが、シンセもかなり目立っており癖の強い女性Voシアトリカルな印象を放っているな・・・!

1曲目はシンセが怪しげかつ壮大なムードを放ち、バンドサウンドも顔を出しシンフォニック然とした
イントロ
で、続く2曲目はミステリアスなムードを放つシンセ、へヴィさのあるギターリフが聴け
プログレメタルらしいテクニカルさを見せ疾走!癖の強いシアトリカルな女性Vo
デスVoのコーラスも登場し、インストパートは実にプログレメタルらしさがありラストは疾走もするぞ!
3曲目はDragon Guardian主催のコンピに収録されていた曲の再録で、その時とはヴォーカルが
変わっているが
全体的な印象はそう変わらず本作中最もメロスパーにアピール出来る疾走曲だな。
4曲目はエモーショナルな泣きのギターに始まりジャズ的なオシャレ感を演出、
5曲目は怪しげなハモンドと共にへヴィでダークなムードを放つメカニカルなプログレメタルとなり、
サビは疾走感がありキャッチーさ、ドラマティックさも見られるのう・・・!6曲目は派手さが見られる
シンフォニックなシンセ
が目立った劇的な曲調で、RPGのサントラでありそうな雰囲気もあり
SEは安っぽいんだが(爆)、改めてゲームミュージックのルーツがプログレだと言う事を
思い出させてくれるな・・・!7曲目は穏やかな印象がありつつクラシカルな叙情性を放つギター、
テクニカルなアンサンブルも登場!パーカッションの音色と共にシンフォニックさが放たれ
シリアスながら女性Voの気だるい歌い回しも印象的だな・・・!


へヴィかつミステリアスでシアトリカルな印象の強いプログレッシヴメタルで、テクニカルさもあるが
ALHAMBRAのようにメロパワ、メロスピ的なクサメタル要素よりもシンフォニックプログレの流れを
汲んでいるようで、初期のGENESISに通じる怪しい演劇要素もあり癖の強い女性シンガーが元々
演劇畑で活動しているらしく、そういった素養が随所から滲み出ているだろうか!?
メロディーもプログレメタルと言うかシアトリカルな捻くれ感がありなかなかに良く、
プログレメタルらしさがありつつ在り来たりになっていない個性を感じさせてくれるのう!
やはり最大の欠点はシンセプレイヤー、ドラマーがおらず打ち込みだと言う点だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 懶惰、断絶  Repeat Itself  天長地久
Freak Outsider  Ideal World







もどる


inserted by FC2 system