-LostFairy-







"彷徨える忘却のアエティール"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトの1stミニアルバム。


以前はゴシック寄りのヴィジュアル系バンドでプレイしていたコンポーザーが結成した
プロジェクトで、本ユニット以外にもArsMagnAなる名義で様々な活動を行っており
本作が-LostFairy-の1stではあるがまったくのド新人と言うわけではないようだ・・・!
音楽的には非カヴァーではシーンお馴染みサンホラ系・・・というほどではないが
民謡、ファンタジック要素の濃いアレンジに軽めのバンドサウンドが乗り女性シンガーが
リードヴォーカルをとる
王道のスタイルで、ギターは生で他にもゲストで数名のプレイヤーが参加している。

1曲目はストリングスによるキレのあるリフで幕を開け女性Vo、ハープが登場し
アコギのようなチェンバロのような音色バンドサウンドで盛り上がりを見せるぞ!
そこまでメタリックというわけではなくファンタジックな雰囲気とロックを融合させたような
音作りになっているがサビはメロスピのように疾走する!そして打ち込みのような音色で短いが
人間のプレイによるギターソロも顔を出しこの辺は一応はHM/HR要素を感じさせるのう・・・!
2曲目は生のアコギ、シンセが流麗に絡み笛も登場、民謡的なムードを色濃く放っており女性ヴォーカルも
素朴さを見せているな・・・!アコギソロも聴け牧歌的かつエモーショナルさが感じられるぞ。
3曲目はチャーチオルガンバッハ(THOUSAND LEAVESのあのお人ではない)のようなクラシカルな
様式美フレーズ
を聴かせネオクラ者の期待を煽りそしてチェンバロ、軽めのバンドサウンドが登場!
メタルというには軽すぎる
様式美ムードはしかとありギターが弾きまくるわけではないので
どちらかと言えばV系やサンホラが好きな層にアピール出来るタイプの曲調である!ギターソロはあるが
そういった速弾きはしない
しな・・・。4曲目はオルゴールのリリカルな音色で幕を開け爽やかで
明るいムードを放つポップな曲調
だ!ヴォーカルが入るとベースが目立ちヴァイオリンは
人間による生のプレイ
でオブリを切り込みバンドサウンドは軽く目立ってはいないがどこか
BIGMAMAに通じるムードもあるのう・・・!


プロダクションは弱めだが曲のアレンジは良くメロディーもなかなかで恐ろしいほどの
クサメロというわけではない
キャッチーさはあり女性ヴォーカルも上手いという訳ではないが
素人臭さが残っているわけでもなくハキハキした声質で媚びも無くファンタジック民謡系の
音楽性にマッチしていると言えよう・・・!バンドサウンドは基本打ち込みだがギターは生で
2曲目のアコギ、ベース、4曲目のヴァイオリンも生、
リードヴォーカルは人間だがバッキングVo、
コーラスにヴォーカロイドを使っており
これがあのツールの正しい使い方だと思わせてくれる
用法を見せ好印象だな(笑)。ただバンドサウンドは軽くバンド側としてはそこまでメタリックに
するつもりは無い
のかも知れんがサンホラ同様どっちつかずの印象もありこの辺をどうするかで
今後の方向性が決まりそうな感じだな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 Romanesque 〜光と闇に帰依する幻想〜、Testament







"幽閉されし黒のグリモワール"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトのシングル。


鳴り物入りな感じで1stミニアルバムをリリースした感のあるプロジェクトの3曲入りシングルで、
音楽的には前作が民謡寄りのファンタジックなライトさを持った軽めの
ロックサウンド
だったのに対し本作はゴシカルな様式美メタルに接近しておりストリングス、
チェンバロ、チャーチオルガン
が舞い疾走感あるクラシカルでシンフォニックな音作りを
展開、バンドサウンドは打ち込みのように聴こえるんだがとりあえずギターやベース、そして
ヴァイオリンは生のプレイ
となっているようだ・・・。ヴォーカルは新たに加入した女性シンガーのようで
そこまで媚びも無くかといってオペラティックというほどでもなくそつなく歌いこなしており
線は細いが安定感ある歌唱を披露しているな・・・。

1曲目は早速のフィメールクワイア、シンフォニックメタル的な音像、女性Vo
ファンタジックな様相を醸し出し疾走!様式美メタルに接近したサンホラといった
ムードが漂いシンセの音色が印象的だな。ゴシカルなムードも感じさせチェンバロも登場、
サビはクサく盛り上がりを見せておるのう・・・!打ち込みに聴こえるギターソロはバッハの
トッカータとフーガ
のフレーズを堂々と導入しておりベタではあるがネオクラシカル者が
ガッツポーズする展開
になるぞ!2曲目もまたイントロから大仰でクサいシンフォニックで
ファンタジック
な出だしを見せキラキラシンセ、ストリングスが舞い軽快に疾走、
ヴァイオリンは生
のようでヴォーカルはまたクサくどこかポルカ、タンゴ的なムード
あるのう・・・!ギターソロはメロディー重視のプレイでこれは生だと認識できる音色だな。
ソロ後はムードが変わり媚びたヴォーカルタンゴ風のマイルドさを出しそしてヴァイオリンが
高速ソロを披露!
再びシンフォニックに疾走早口ヴォーカルがクサメロを歌うぞ!
3曲目はチャーチオルガンソプラノVoが乗りやはり疾走、サビはキャッチーさを放ち
ギターソロはメロディアス
でその後のキラキラチェンバロも良いのう・・・!


民謡スタイルから脱却しシンフォニックな様式美メタル、メロスピの方向性に
舵を切った音楽性は前作以上にメタラーにアピール出来る仕上がりとなっており
クサさ、疾走感も大きく増した印象があるぞ!前作の3曲目の方向性を推し進め
クオリティーを向上させたような仕上がりだと言えよう・・・!メロディーも良くなっており
早口系の畳み掛けるクサさを放っておるな。ありがちな語りが無いのも好印象で
僅か3曲のみのシングルだが収録時間以上のボリューム感を感じさせてくれるわい!
プロダクションの軽さ、バンドサウンドの打ち込み臭が欠点だがそれ以外は良い出来だな。
メタル要素が増強されたのみならず個人的には民謡系よりもバロック、様式美系の
ほうが好み
なんでこの方向性は望む所である!是非とも本作のスタイルで
フルアルバムをリリースして頂きたいものじゃ・・・!





オフィシャルサイトで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 全部







"祈り捧ぐ聖女のミンネザング"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトの2ndシングル。


ここ近年で新たな勢力とも言うべき新人同人フィメールクサゴシック勢が
増え初めて来ている感
があるが彼らもまたそういったスタイルを武器とする
プロジェクトだ!
本作は通算3作目の音源でシングルとしては2枚目に当たる
1枚で、1stは民謡要素も持ち合わせていたが前作は最近台頭してきた
ゴシック勢に共通したスタイル
を見せ始めガチのメタルとは呼べないものの
それなりにハードロック要素を持ったバンドサウンドをメインとしさらに
ストリングス、チェンバロ、チャーチオルガン等といったクサメタラーが
愛して止まない様式美楽器
を盛り込みキャッチーなクサさを見せていた・・・!
そして本作は再びファンタジックな民謡、民族音楽的スタイルに立ち返りつつ
バンドサウンドを内包した曲もあるがゴシカルさは減退しておるのう・・・!

1曲目はパーカッションに始まり笛の音民謡ムードを早速放ちヴォーカルメロディーが
いきなりクサいぞ!ロック要素は皆無だが牧歌的な叙情性がありサビもまたクサく
盛り上がり
を見せるのう・・・!バグパイプのような音色も顔を出しヴァイオリンも
また民謡ライクである!
2曲目はスタイルが変わりバンドサウンドも登場しアップテンポ
なるも前作のようなゴシカルさは薄くアニソン的なキャッチーな軽快さが目立っているな。
バックで聴けるピアノや軽めのギターも印象的だな。ギターソロも音は軽いが
ノリの良さの中にメロディー重視な部分があるぞ。3曲目は神秘的なムードを
醸し出すシンセ
穏やかなヴァイオリンが乗り煌びやかかつ淡々とした
叙情的なムード
を醸し出すファンタジックなバラード。ギターソロがなかなか
タメの効いた泣きを見せており良いな・・・!


民謡、民族音楽調キャッチーさの強いアップテンポナンバー、ファンタジックさのある
バラードと三者三様の曲調を見せており1stを思わせる統一性の無さがあるも
おそらくこの幅広さが彼らの持ち味なのだろう・・・!むしろ何故前作がゴシック系だったのか
逆に不明なんだが(爆)、基本は民謡系でそれを主軸としつつ雑多な要素も貪欲に
取り込む
のがスタンスのプロジェクトと解釈しよう!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Yggdrasill  アルビノの騎士







"不思議な少女のオペレッタ"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトの2ndミニアルバム。


ここ最近の新たな勢力である同人クサゴシック系プロジェクトではあるが何気に
アルバム出す度に方向性を変える懐の広さも持ち合わせた実力派である!
ミニアルバムとしては通算2作目の本作だが音楽的にはHM/HR要素を強く押し出した
バンドサウンドにチェンバロやストリングス等のシンセも登場、プログレッシヴな
アレンジ
ブラスト的な疾走感まで導入しヴィジュアル系っぽさを残しつつも
本気でメタラーにアピールする道をチョイスしたようで何よりである!(爆)

1曲目はいかにもな台詞で幕を開けサンホラ的ファンタジックムードを強烈に演出する
イントロで続く2曲目は様式美色濃いチェンバロで幕を開けメタリックなバンドサウンドに
ストリングスシンセ
も顔を出すがただ疾走するのでは無くプログレメタル的なアレンジ
顔を出し意外性を演出、その後もリードギターやシンセ、ストリングスが細かく絡み合い
生のヴァイオリンまで顔を出しまるで往年のMALICE MIZERのようだ・・・!その後
疾走感を増しメロディー重視の構築美を感じさせるギターソロも聴けるぞ!3曲目は
メロウさを醸し出すピアノ、ピチカート音にソプラノ寄りの女性Voが乗りその後は怪しい
ゴシカルさを内包したバンドサウンド
も登場、さらにブラストビート的な疾走ドラムに
リードギター
が乗るがトレモロが無くブラックメタルと言うよりはやはり昔のV系に近い
雰囲気
があるな。クリーンギターなんかもモロにそんな感じだ。4曲目は何故か遊園地的な
明るいムード
を醸し出すイントロに続きこれまた疾走!さらにシンフォニックなシンセが
ダークさ
を放ちエクストリームでは無いがシンフォブラックに通じるムードを感じさせつつ
どこか哀愁と言うか憂いも湛えておるのう・・・!V系色濃い男Voも顔を出し中盤で
チェンバロ有名クラシックフレーズ(曲名忘れた)を一瞬拝借する!5曲目はピアノと
メロウな女性Vo
が聴けるしなやかなバラード。メロディーがやはり良く中盤でバンドサウンド
登場し盛り上がりメロディアスなギターソロも聴け対位法的なツインリードも顔を出すぞ!
6曲目は怪し気なムード漂うシンセシタール系の音色も登場、ヴァイオリンと共に
ギターリフも聴けるが爆走はせず淡々としたアップテンポで展開するが
サビ付近で微かにだが疾走も見せるのう・・・!ヴァイオリンとギターソロ
パートもまた聴き所である!


全体的にメタルと言うかゴシカルな様式美メロスピ、クサメタル方面に思い切りシフトしており
以前のシングル“幽閉されし黒のグリモワール”の方向性をさらに推し進めたような仕上がりで
メタラー的に相当嬉しいスタイルになってくれたのう・・・!メロディーのクサさ、
シアトリカルなドラマ性
がしかとありバンドサウンドもまだ軽いが結構タイトさを増しており
アレンジもこなれた感を見せ同人クサゴシックシーンを新たに代表するレベルにまで
高まりつつあるぞ!今後も是非ともこの方向性で突き進んで頂きたい!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 イツワリの檻  孤塔の情景  戯れの花畑







"滅び去る宵闇のトランシルヴァニア"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトの3rdミニアルバム。


ここ最近頭角現しまくりの新世代フィメール様式美クサメロシンフォゴシック勢の中でも
特に様式美要素の強いプロジェクトである!前作はあまりのクラシカルなクサさに
目眩を覚えアホの如く聴きまくったが、
本作もまたキラキラしたチェンバロストリングス、
チャーチオルガン
が織り成す様式美クラシカル系クサメロがこれでもかと言う程炸裂する
クサメタラー歓喜の1枚に仕上がっておるわい!

1曲目は語り、SEチェンバロが顔を出すイントロで、続く2曲目は生のヴァイオリン
幕を開け様式美系キラキラチェンバロも炸裂しソプラノと共に疾走!オルガンも顔を出し
ライトなMoi dix Moisと呼びたくなる音世界を展開、サビはさらに疾走感を増すぞ!
ギターソロはメロディー重視で短いのが惜しいな・・・!3曲目はクラシカルさ満点の
チャーチオルガンが荘厳さを演出、
そのまま疾走しリフは弱いもののちょいとテクニカルな
キメ
も見せ、テンポダウンする箇所もあるが基本は疾走である!4曲目はダークで
怪しげな出だし
だがその後すぐにクサさを撒き散らし疾走!ダークなスローパートも
目立っているがこういうアレンジならモダンなヘヴィさを見せてもらいたかったのう・・・!
5曲目もオルガンが舞いダークな音作りになるが、バンドサウンドはどうにも軽く
昔のV系っぽさがあり
そこが惜しいな・・・!クワイアが聴け疾走するパートは熱く
チェンバロも顔を出し疾走パートは相当にメロスピ要素が強いぞ!
クラシカルなメロを奏でるギターソロ
も印象的だな。


音作り自体は相変わらず軽めでハードさは薄いが、ことクサさに関しては一連の
様式美クサゴシック勢の中でも頭一つ抜きん出ておりMALICE MIZER、Moi dix Mois直系と
言いたくなるチェンバロ、ストリングス、チャーチオルガンと言ったクサメタラーが
泣いて喜ぶ三種の神器
これでもかと言う程炸裂しておる!初期の頃は民謡要素
見せていたとは思えぬ様式美ネオクラ臭が見事にツボを突きまくっておりたまらんが
流石にインパクトでは前作程では無いか・・・!?こういう方向性ならもっと
バンドサウンドをハードに、メタリックにして頂きたい
モンじゃて・・・!リフの弱さも課題点だな。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Noble Blood  背徳のアンティフォナ  Discard 〜崩壊戯曲〜







"刻まれし悠久のアタラクシア"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトの4thミニアルバム。


最初期では民謡、フォーク路線だったものの、その後思い切り方向性を変え
クラシカル様式美クサメロ方面
にシフトし我らクサメタラーを喜ばせている
新進気鋭のプロジェクト
による、通算4作目のミニアルバムである!
どうやら本作で女性シンガーが交代したようだが方向性に変化は無く
様式美系のクラシカルなクサさ
を感じさせるメロスピ、クサメタルを踏襲、
同時に初期のような民謡、民族音楽テイストを持ったフォーキッシュなクサさ、
叙情性を持った楽曲
も顔を出しており何気に幅広いスタイルを見せているだろうか!?
さらに一体どういう人脈かは知らんが、かつて良かった頃のムックと並んで
人間の暗黒面を表現する事にかけては右に出るもの無しと恐れられた(?)、
ダークサイド情念系超大物女性シンガー、片霧烈火
がゲスト参加しておる!

1曲目は語りがメインのシンフォニックなSE的イントロで、2曲目は重厚な
ティンパニ
淡々としたバンドサウンドが聴けるも、その後はシンフォニックで
煌びやかな音作り
となりメロスピ的に疾走!一瞬プログレ臭漂うハモンド風の
音色
も顔を出し、ゲストシンガーの片霧烈火流石のキャリアを感じさせる
堂々とした歌唱を披露!楽曲的にはサンホラ要素を感じさせるファンタジックで
クッサイメロスピチューン
じゃのう!3曲目はまた語り、SEに始まりチェロ系のストリングスが登場、
初期作のような民謡要素を感じさせ、新たに加入した女性シンガー、eupe嬢
相当に志方あきこライクな歌唱を披露しており音楽性に見事にマッチしておる!
生のヴァイオリンソロ
も顔を出し実にメロウでクサく良いのう・・・!4曲目はダークで重厚な
チャーチオルガン
で幕を開け、プロダクションは軽いへヴィでシリアスなゴシカルさを演出、
シーンによくある様式美クラシカルクサゴシックスタイルになるがあまり疾走はしておらず
ミドルテンポで展開、
サビはアニソン寄りのキャッチーさを見せているな。後半でちょいと雰囲気が変わり
ワルツ、タンゴ風のパートが顔を出すのもフックになっているな。5曲目はまた流麗さを放つ
生ヴァイオリン
が顔を出ししなやかな叙情性を演出、ミドルテンポだがメロディーは相当に
クサさが漂っており
ヴォーカルもかなりエモーショナルで良いなぁ・・・!6曲目はストリングスシンセ
幕を開け女性Voも登場、その後は爆走では無いもののなかなかに勢いあるアップテンポの
バンドサウンド
チェンバロが顔を出し様式美系の叙情性を演出、女性ヴォーカルになった
MALICE MIZER
と言えそうな雰囲気がありサビは疾走するぞ!シンフォニック系のシンセアレンジが
よく練られている印象があるな・・・!



バリバリの様式美系メロスピ、クサメタルフォーク、トラッド系民謡サウンド、
ダークでへヴィなクサゴシック
何気に幅広い音楽性を見せているが、一貫して
シンフォニックなクサさを追求しており本作もまた実にクサメタラー好みのスタイルに
仕上がっておるわい!
全て方向性、個性の違う楽曲ながらどれも高水準でクサさに
満ちており
実にたまらんなぁ・・・!ただ本作もまだプロダクションが軽く、4曲目のようなダークで
へヴィ寄りの曲
ではそれが顕著なんでそこを克服出来ればさらに凄みを増すじゃろうて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







"呪われし亡国のメフィストフェレス"




日本のファンタジック/シンフォニックロックプロジェクトの7thミニアルバム。


同系列の近代同人クサゴシックプロジェクトの中で最も様式美寄りのクラシカルな
クサさを持っている印象のあるプロジェクト
で、20分ちょいのミニアルバムばかりでは
あるがシーンの平均ペースに則り音源リリースのペースが早く、本作で早くも通算7作目の
ミニアルバムとなっておる!
音楽的にはこれまたシンフォニックでクラシカルな様式美系の
クサさ
を内包したダークな同人フィメールゴシックとなっており、生のヴァイオリンも
自己主張
しつつヴィジュアル系に通じる空気も放たれておりMALICE MIZERに近い面があるな・・・!

1曲目はSE、台詞が聴けるイントロで、続く2曲目はストリングスリフが緊迫感を演出、
女性Voは二人いるが
共にソプラノ寄りのムードがあり、その後はやはり軽さがあるも
バンドサウンド
が登場、昔のヴィジュアル系を思わせるクリーンギターも聴けつつ
クラシック風味を醸し出すヴァイオリンの音色が目立っているぞ!ギターソロがまた
メロディー重視
で、どこかMALICE MIZERに通じる雰囲気もあるのう・・・!
3曲目もまた生のヴァイオリンクラシカルに舞い、ヴィジュアル系色濃いギター等
バンドサウンドやチェンバロ
も登場、90年代V系女性Voにしてクラシカルにした
ような曲調
だろうか!?4曲目はこの手のバンドがよくやる昭和歌謡インチキジャズ風の
小洒落たムード
を醸し出す曲調で、ヴァイオリンアコーディオンも顔を出し軽快なノリを
放っているな。
5曲目はオルガン、ヴァイオリン、ギター大仰さを演出しそのまま
ヴァイオリンフレーズと共に疾走開始!これもメロスピと言うよりは昔のヴィジュアル系を
思わせる感じで、
ドラムは一応はブラストビート風だがこれも昔のダークなV系バンドが
よくやっていたリズムだな・・・!



民謡要素も部分的に見せていた過去作と比べてよりダークでクラシカルなゴシック風味
見せるようになり、それと同時にバンドサウンドHM/HRと言うよりも昔のヴィジュアル系を
彷彿とさせる感じ
になっており焦点が定まって来た印象があるのう・・・!こういう音作りなら
バンドサウンドが軽くても問題無いし、半端にモダンになるよりも持ち味を生かせて良いのでは
ないだろうか!?それでいてヴァイオリンが生だと言うのも大きな武器である!あとはマンネリ化せずに
クオリティーを上げていく
のが理想だろうか・・・!?




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 ニゲルの肖像  Diabolic Eye  Erlkonig 〜亡国の君主〜







もどる


inserted by FC2 system