La'vierge boudoir







"傍観のフェイジョアと睥睨するフランボワーズ"




日本の女性Voヴィジュアル系プロジェクトの1stアルバム。


シーンに姿を現したばかりの新進気鋭のプロジェクトで、音楽的には女性シンガー
フロントに据えつつもモロにヴィジュアル系なスタイルを見せており、最近のV系
よくあるヴォーカル以外は完全にメタルでも無ければDIR EN GREYフォロワーでも無く
一昔前の軽めの音作りでダークに疾走する感じだがかと言ってそこまでスカスカでは無く
ギターはそれなりにHM/HR寄り
シンセも多用されているのう・・・!

1曲目は定番(?)のSEと語り、台詞が聴けるイントロで続く2曲目はやけにデカイ
ベース音
アコーディオン風シンセが乗り音質はかなり悪いが疾走開始!メタルでは無く
一昔前のヴィジュアル系ライクなムードが漂っておりダークかつ軽めな感じだ。
ヴォーカルは女性で稚拙さが目立ちピッチや発声等まだまだ甘い部分があるな・・・!
メロディーは歌謡曲風な部分がありなかなか良いぞ!ギターソロは意外とHM/HR的なプレイ
速弾きも交え思ったよりもちゃんと弾けておりその後はピアノ、語りが聴けるぞ。
3曲目は何故かちょいと音が良くなりストリングスシンセを交えつつバンドサウンド
自己主張しちょいとキャッチーな部分もあるがやはり女性Voがネックだな・・・!
ギターソロはまっとうじゃのう!
4曲目はシンセに始まりHM/HR寄りのギター
顔を出しミステリアスなムードを出しつつも結構テクニカルなキメも披露される
アップテンポ曲。ラストのギターがネオクラ風である!5曲目はSEと語りによる
繋ぎ
で6曲目はなかなかにクサめなシンセ、ピアノが聴けるイントロに続き
ちょいモダン系のリフが登場、シンセも目立ちシリアスなムードが漂うミドル曲となるぞ。
中盤のギターのバッキング及びソロがなかなか良いのう・・・!


一昔前の非モダンヘヴィネス、非メタルなヴィジュアル系の流れを汲んだスタイルで
音質は劣悪だがダーク疾走もしておりギターはなかなかに弾けている
やはり女性Voが非常に弱く稚拙で素人っぽさが漂っているのが惜しいのう・・・!
プロダクションを向上させヴォーカルをどうにかすれば見込みがありそうなんで
今後もさらなるレベルアップを心がけて活動を続けて頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Crusade







もどる


inserted by FC2 system