Lapis Lazuli







"A Loss Made Forever"




スウェーデン出身のシンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


彼らに関する情報がロクに無く詳しいデータはサッパリ判らんAftermath名義でも
アルバムをリリースしたりしているようで、本作は多分2作目のアルバム・・・だと思う(爆)。
本作リリース前にヴォーカルがチェンジしているようだがやはり詳しい事は判らん!
音楽的にはストリングス、ホーン、ピアノ等が壮麗なシンフォさを演出し女性シンガーを
フロントに据え
所々で男Voも顔を出す北欧らしい冷たさを持ったシンフォニックメタルだが
どちらかと言えばフィメールゴシック系のスタイルとなっておりRHAPSODY OF FIREとかのような
勇壮さ、疾走感は無くスロー、ミドルテンポが基本になっている。

1曲目はストリングスシンセ荘厳なムードを醸し出し後半でピアノも顔を出す長めイントロ
続く2曲目はストリングス、ホーンと共にバンドサウンドも登場するも疾走はせずミドル、
スローテンポ
で展開し女性ヴォーカルが登場、ダークさは無いがフィメールゴシックの
流れを汲んだ曲調
だな。北欧らしい冷たいピアノも聴けるのう・・・!後半で男Voも登場し
そしてテンポアップするぞ。3曲目はピアノ、ストリングスシンセに始まり壮大さを演出する
ホーン、バンドサウンド
も顔を出しやはりミドルテンポでフィメールゴシックライクな音作り
なっているな。これまた男Voも顔を出し中盤はベースラインがメインになり淡々としたムード
醸し出され速弾きシンセソロ、メロディー重視のギターソロも聴けるぞ。4曲目はストリングス、
バンドサウンドに電子音系のシンセも顔を出しヴォーカルが入るとピアノ、微かに聴こえる
笛っぽいシンセ
湿り気を演出しメロウなムードが強くなるぞ。ギターソロも
泣きのメロディー重視
でなかなかにエモーショナルだな。5曲目は電子音シンセにシタールが中東風の
メロディー
を奏でストリングスもエキゾチックなフレーズを披露し男Voが低音で歌う妙に怪しい曲だ。
ギターリフはちょいとへヴィ寄りでラスト間際でなぜか疾走するぞ!6曲目は壮麗なシンセストリングスが
盛り上がりを見せ
女性Voも声を張り上げどこかFORGOTTEN TALESのヴォーカルっぽく感じられるな・・・!
7曲目はストリングス、電子音シンセに始まり男Voが登場、中盤でデスVoっぽいシャウト気味の歌唱
披露するが正直下手でわざわざやる必要は無かろう・・・!(爆)


バンドサウンドのプロダクションは悪めだがオーケストレーションの壮麗さ
なかなかでアレンジセンスも良いモノを持っていると言えるだろう!ダークさの薄い
フィメールシンフォニックゴシック
として楽しめるがメロディーにフックが無いのが惜しいな・・・!
演奏技術は高くは無くギターソロも殆ど無いのがゴシックメタルらしい部分で男Voも上手くは無く
必要無い気もするが(爆)
女性Voはなかなかに良いな。あからさまにつまらない捨て曲は無いが
これといったキラーチューンが無い
のも評価が判れそうじゃのう・・・!もうちょいフックがあったり
クサかったりするとより喜ばれよう!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 A Loss Made Forever、The Silence、When Dreams Collide







もどる


inserted by FC2 system