Lamp Sound Studio







"the finale"




日本のインディーズV系寄りプロジェクトの1stアルバム。


こんなジャケだが演ってる方向性は紛れも無くヴィジュアル系
バンド(?)のようで中心人物(?)がPhantasmagoriaのKISAKI
如きナリしてコミックマーケットでCD売ってる姿が印象的だった(爆)。
音楽的にはトランスのリズムワークとシンセを主体と
しつつもギターも使われポップで煌びやかなV系ロック
主体でモダン系のメタリックさを持った曲もあるが
あくまでも根底にあるのはポップなヴィジュアル系だ。
ヴォーカルは数人参加しているようで中性的だったり爬虫類系
クセある声質だったり様々だが一貫してV系の流れを汲んでいる。
ちなみにデスVoは無し。

1曲目はトランスと言うかビッチがパラパラ踊ってそうなシンセに
始まりギター、ヴォーカルも登場、アレンジやプロダクションなど
非常にスカスカではあるがメロディーはクサめで良いな!2曲目は
軽さはあるもうって変わってモダンなへヴィサウンドとなり
ヴォーカルも爬虫類系の歌い方にチェンジする!高速タッピング
披露するギターソロも聴き所だな。3曲目は再び軽めのV系
ポップロック
と化すぞ!4曲目はストリングスシンセで始まる
バラード。ヴォーカルはかなり中性的な歌唱を披露し途中で
テンポアップする。5曲目はギターリフが前面に出たアップテンポの
ポップロックでヴォーカルは本作の中では一番上手い方か!?
ギターソロもメタル的な速弾きを一瞬だが披露する!
6曲目はアルバム中最も疾走しているクサい曲でヴォーカルは
ポップス系の女性シンガーとなるぞ!


ヴィジュアル系ではあるがDir en grey等のような
へヴィネスではなくあくまでもポップネス
主体としており昔のV系みたいなダークなポジパン耽美
要素も無い。
中にはメタルの影響下にあるような曲もあるが
やはり全体的に音は軽いな・・・。まぁメロディーはなかなかに
光るものがあるのでキャッチーな哀メロ
聴きたい人なら楽しめるアルバムだろう!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 vaio lism、愚者、grey mon:star







"white×white"




日本のインディーズV系寄りプロジェクトの2ndアルバム。


PhantasmagoriaのKISAKIが如きルックスが印象的な国産V系
プロジェクトの2作目のアルバムで音楽的には前作を踏襲した
へヴィさ、ダークさの無いポップス色濃いV系スタイル
基本としつつも女性Vo曲が増えより普遍的なポップス
接近した感があるな。前作と比べて明らかにプロダクションが
向上
し曲のアレンジも良くなっているのが伺えるのう・・・!

1曲目はピアノとシンセ、ギターに始まり打ち込みの
電子音も登場し疾走するイントロ扱いで続く2曲目は
明るくポップだがハードロック要素が濃いアレンジである!
ヴォーカルはモロV系で前作よりもさらに
上手くなっているな。3曲目は電子音に始まりモダン
いうよりはインダストリアル系のギターリフが聴ける
マシーナリーかつ穏やかな曲でヴォーカルは女性シンガーだ。
4曲目はアコギも聴ける明るく穏やかでポップな曲だな。
これまたヴォーカルは女性で曲調にマッチしており良いぞ!
5曲目は疾走曲で軽めの、どちらかといえばLUNA SEA等のような
V系ライクなリードギターが聴けヴォーカルもそれ系となる!
ギターはかなりたどたどしく弱弱しいのだがしょうがない。
6曲目はうってかわってサックスが聴けるジャジーなアレンジが
施された穏やかで都会的な曲。ヴォーカルは女性で意図的に
拙い発音をしている
ように感じられる歌い方だが下手ではなく
ブレス等のフェイクがいかにもで面白いな。7曲目は
曲名不明のシークレットトラックでコーラスとHR/HM系のギターリフ
聴けるアップテンポチューン。メロディーにフックがありクサくて良いな!
8トラック目は前作のラスト曲の後にもあったバンドメンバーによる
アルバム解説
となっている・・・。


前作よりポップさが増しつつもロックチューンは
プロダクションの向上で説得力が身についたのだが
その代わりクサさが減退しメロディーラインがノーマルな
ポップス風
になってしまったのが個人的(クサメタラー的)に
残念でならんのう・・・!音楽的にも散漫さが目立つ
ようになり一本芯の通った方向性で攻めたほうがウケが
いいと思う
がどうだろうか!?7曲目みたいな方向性が一番好みだな(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 雪の精霊、7曲目







"NOSTALGIA"




日本のインディーズV系寄りプロジェクトの3rdアルバム。


直接彼等の姿を見た者しか判らんがルックスはまんまV系で、音楽面でも自称(?)V系
公言しているらしいが、実際には女性Voをフロントに据えたロック要素のあるキャッチーな
ポップス
を主体としつつそれ以外のスタイルを持ったアレンジも見せるスタイルで、
本作は軽めのバンドサウンドが聴けるポップロックの他に浮遊系、空間系のシンセ、
デジタル音
が目立ったアトモスフェリックな曲も収録されているぞ。

1曲目は軽めのバンドサウンド、シンセで始まりギターはタッピングでオブリを入れ
ちょいとエモ、スクリーモ風だが激しさは皆無女性Voも登場、サビはキャッチーで
曲調としては極めてノーマルなポップスだがその中で良さを発揮していると言えよう・・・。
メロディー重視なHR/HM寄りのギターソロも聴けるぞ!2曲目はトランス的な電子音、
ギターが登場しアップテンポで展開、音は極めて軽いがリフはメタル寄りな所があり
演奏面もなかなかにキッチリしている部分があるな・・・!サビのメロディーも良質
バックでギターやシンセがオブリを入れているのも良い!3曲目はアトモスフェリック系の
浮遊系シンセ
が聴けヴォーカルもソフトな歌唱となりアレンジも電子音交じり穏やかな
要素
が強いな。ギターソロもエモーショナルなメロディー重視である!4曲目も浮遊系の
電子音
アトモスフェリックなムードを醸し出すデジタル要素の強い曲。中盤から
シンセストリングスも顔を出しテンポアップ、ヴォーカルメロが良くロック要素は無くともなかなかに
楽しめるのう・・・!5曲目はピアノに始まり退廃的なムードを醸し出すバンドサウンドが
なかなかに荒々しい空気を醸し出しV系スタイルの加工された男Voが登場!ミドルテンポで
淡々と展開する曲
で、ヴォーカルが奥に引っ込んでおりラフなギターが前に押し出されている
プロダクションが気になるがバンドサウンド的にはどこか初期エモ/ポスト・ハードコア
通じるムードもあるのう・・・!ギターソロもメロディーを丁寧になぞるタイプのプレイだな。
6曲目はグランジライクなギター、女性Voで幕を開けバンドサウンド主体のポップス風となり
メロディーは非常にキャッチーである!ギターソロはやはりメロディー重視
ラストのサビは半音上がりバックでコーラスも顔を出しクサメタラーが喜ぶアレンジになっておる!(爆)
7曲目はシークレットトラックでチープなプロダクションで奏でられるブルージーなアコギ、V系寄りの男Voが
どうしようもない歌詞(爆)いい加減なメロディー(爆)に乗せて歌うあくまでオマケ程度の曲。


相変わらず王道を行く女性Voポップス系を追求しているがそんな中で確実にクオリティーは
向上しており
メロディーの良さ、ギタープレイ等演奏のタイトさが過去作と比べて確実に
増している
印象があり非ロックなアトモスフェリック曲でも4曲目のようにメロディー、
アレンジがが良い
ので十分に楽しめるのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 ノスタルジア、エクリプス







もどる


inserted by FC2 system