La Coscienza di Zeno







"La coscienza di zeno"




イタリア出身のシンフォニック・プログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


イタリアンプログレシーンで実績のあるメンバーによって結成されたバンドらしく、
音楽的には明るいクラシカルさ重視のシンフォ系プログレで、流麗な調べを見せるピアノ、
プログレ的なシンフォニックさを放つ叙情シンセ、
ハードでは無いがなかなかに
勢いを見せる
バンドサウンド、イタリア語で情熱を放ちまくるヴォーカルと、
まさにイタリアンプログレ、イタリアンロック丸出しなコッテコテの濃厚な哀愁を
これでもかと言う程見せ付けてくれるぞ!


1曲目はシンセ牧歌的な明るさを放ちハモンドをバックにエモーショナルな
リードギター
も登場、基本的に朗らかなんだがシンセが時折イタリアンプログレらしい
独特のメロウさ
を見せるのう・・・!途中雰囲気が変わりSE女性の語りが顔を出しその後はどこか
エキゾチックなムードを放ち始め、後半でまた雰囲気が変わり怪しい遊園地的な
アヴァンギャルドさ
を演出、2曲目はメロトロン、シンセ、ピアノが思い切りイタリアンな
コッテコテの哀愁
を放ち母国語ヴォーカルも登場!バラード的な曲調だが
これぞイタリアンプログレとしか形容しようの無い濃厚なメロウさを強烈に放っておる!
途中からシンセ、バンドサウンドプログレ的な怪しさを放ちコーラスやハモンドも登場、
中盤またエキゾチックなフレーズアヴァンギャルドなアレンジも聴けるのう・・・!
3曲目は穏やかなシンセサウンドが目立ちこれまた明るさを見せるが、途中から叙情的なピアノ、
壮麗なメロトロン
が顔を出しシンフォニックプログレらしい雰囲気を放つぞ。さらにギターが
怪しげなムード
を醸し出しテクニカルな側面も見せておる!中盤以降の叙情性
まさしくイタリアンプログレ、ユーロロックとしか言えん強烈さがあるのう・・・!泣きのギターもまた
エモーショナルな事この上無い!
9分過ぎでようやくヴォーカルが顔を出しこれまたメロウさ満点である!
オルゴール風の音色、メロトロンもたまらんなぁ・・・!4曲目はリリカルな怪しさを見せるシンセ
淡々としつつもクサ味を放つヴォーカルが聴けるちょいシアトリカル風の曲。
中盤はテルミンっぽい音色が顔を出しその後はエモーショナルなギターソロになるぞ。
ヴォーカルも相当に高いハイトーンを披露しておりB級ヘナチョコイタリアンクサメタルとの
格の違い
を見せ付けておるわい!(爆)5曲目はアコーディオンで幕を開け穏やかなアコギ、
母国語ヴォーカル
がいかにもイタリアンな叙情性を放つフォーク的な曲。
6曲目は怪しげなギターで幕を開けオルガン、笛も顔を出しエキゾチックかつシンフォニックな
盛り上がり
を見せる大仰で劇的な曲だ!途中から壮大なオルガンが顔を出し笛やピアノのパートも聴け
実にメロウでエレガントじゃのう・・・!7曲目もピアノ壮麗なシンセシンフォさ
見せ付けるファンタジックで壮大な曲である!途中からバンドサウンドが
フェードイン
ヴォーカルも登場、中盤以降もまたシンフォニック
アトモスフェリックさをも感じさせてくれるのう・・・!


次作と比べるとそこまでコッテコテで濃厚なイタリアンロックと言う程では無く、
明るめの牧歌的なシンセが目立った王道のプログレをプレイしており、曲によっては
アヴァンギャルドなジャズロック的アプローチも見せておりインスト部分も多いな・・・!
クッサイ哀愁バリバリの本格的なイタリアンプログレを求めるのであれば
下でレビューしている2作目のほうが楽しめよう!







満足度 77% お気に入り曲 Gatto Lupesco  Nei Cerchi Del  Il Fattore Precipitante
Il Basilisco  Un Insolito Baratto Alchemico  Acustica Felina







"Sensitivita"




イタリア出身のシンフォニック・プログレッシヴロックバンドによる2ndアルバム。


GENESISをルーツに持ちつつもイタリアンプログレ以外の何者でも無い、濃厚極まりない
コッテコテな哀愁、シンフォニックさ
を武器とする実力派揃いのバンドによる2作目だ!
音楽的には前作以上にイタリアらしい情熱的な叙情性、クサさに満ち溢れた
まさにイタリアンプログレとしか形容出来ないシンフォニックロックをプレイしておる!

1曲目はクラシカルさ満点の流麗なピアノで幕を開けスペイシーなシンセ、ライトな
バンドサウンド、母国語で歌い哀愁を放つ線の細い高音ヴォーカル
も登場!
メタリックさどころかハードロック的でも無いんだがプログレとしては高い
テンションで疾走感もあるのう・・・!
途中で泣きのギターソロも顔を出しエモーショナルさも
しかとあり、
その後は口笛っぽい音ピアノ、ヴォーカルが何ともイタリアらしい
コッテコテな哀愁を放つぞ!
2曲目はまたメロウさ満点のピアノ、母国語で強烈な
哀愁を放つエモーショナルなヴォーカル、シンセ
が聴け、途中からアコギも顔を出し
シンセが怪しさを放つパートに突入するのう・・・!
中盤以降はギターソロになり
後半はストリングスのリフも顔を出し緊迫感と盛り上がりを見せ始めるぞ!ラストは
怪しげかつハード寄りのギターも聴けるな・・・!3曲目はピアノ、落ち着きあるドラム、
ヴォーカル
がどこかアダルトなムードを醸し出すマイルドな大人のバラード。
4曲目はシンセ、ハモンドタイトなバンドサウンドで幕を明けるも、その後はクラシカルな
ピアノ
も顔を出し淡々としたプログレになるぞ。途中からピアノに乗せてヴォーカルが登場
この曲もマイルドなアダルト風味が漂っているな・・・!中盤の泣きのギターがまた良いのう・・・!
5曲目は淡々としつつもどこか怪しげなギターが聴けヴォーカルも胡散臭いが、
その後はピアノが穏やかなムードを醸し出し明るさすら見せ始めるのう!後半は穏やかな
ヴォーカル、クラシカルなピアノ
がいかにもイタリアらしいメロウさを放つぞ!6曲目は落ち着きつつも
これまた怪しげなギター、シンセで幕を開け、中盤は何とも言えないダークな怪しさ、
如何わしさ
を放ち始めるのう・・・!7曲目はピアノ、アコギ、笛、ストリングス強烈極まりない
哀愁
を放ちアコーディオンまで登場、凄まじいまでのメロウさを見せ付ける
チェンバー系に通じる叙情プログレとなるぞ!3分過ぎからようやくヴォーカルが登場し
バンドサウンド、シンセ
緊迫感あるプログレムードを放ち始めるのう・・・!中盤以降で
弦楽アンサンブルも一瞬だが顔を出し、その後はまた穏やかなパートアコギ、笛も聴けるぞ。


全体的に見ると冗長な部分もあったりするんだが、やはりこのイタリアンプログレ以外の
何者でも無い濃厚極まりないコッテリした叙情、哀愁
はたまらんなぁ・・・!
ストリングスメロトロン系はそれ程多く無いんだが、ピアノが終止クラシカルで
メロウなムード
を醸し出しており彼らの大きな武器になっていると言えよう!
往年のイタリアンロック好きなら十分に楽しめるバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 La citta di Dite  Sensitivita  La Temperanza







もどる


inserted by FC2 system