LYRIEL







"Leverage"




ドイツ出身の女性Voフォークゴシックメタルバンドの4thアルバム。


女性シンガーをフロントに擁しヴァイオリン奏者、チェロ奏者もメンバーに含んだ
ドイツ出身の7人組バンドによる通算4作目のアルバムである!元々はフォーク要素の
相当に強いスタイルだった
ようだが本作ではそれに加えモダンな要素を見せ始め
よりゴシックメタル色を強化しているがストリングス系の音色は健在でこの手の
フィメールゴシックらしいキャッチーさもあるな・・・!

1曲目は怪し気なイントロで続く2曲目はゴシックメタルと言うかニューウェイヴ系の
気だるいムードを醸し出すノリ
を放っておりそこにフィメールVoストリングスの
音色
が乗る感じでリフ等はそこそこヘヴィ寄りじゃのう・・・!サビはキャッチーだな。
3曲目はモダンなリフヴァイオリン、チェロ牧歌的なフォーキッシュ
メロディー
を奏で民謡要素を醸し出す曲。サビはキャッチーかつ民謡クサさが強く
クサメタラー受けしそう
じゃわい!4曲目はモダンなヘヴィリフデスVoも顔を出し重厚に
展開
するが弦楽器の音色も顔を出し怪し気なエキゾチックさを演出、どこか
THERIONに通じるムードもあるがサビは相当にキャッチーセンスを感じさせるな。
5曲目はアコギフォーキッシュなメロウさを放つ穏やかで叙情的なバラード。
ヴァイオリンの音色も美しく
後半でバンドサウンドが顔を出し盛り上がるぞ。
6曲目はこれまた穏やかなムードで幕を開けるがヘヴィリフも登場、
ちょいノリの良さを見せるミドル曲となりサビはやはりキャッチーで良いのう・・・!
7曲目はパーカッシヴなドラムオシャレ怪し気なヴァイオリンが聴け
フォーキッシュさも放たれるモダンかつ軽快な曲となりヴォーカルメロもどこか
民謡らしいか!?
後半でヴァイオリンソロも聴けるぞ。8曲目はメロウなピアノ
フィメールVo、ストリングスが乗りさらに男Voも顔を出しバンドサウンド
盛り上がりを見せるロマンティックなツインVoバラード。9曲目は怪し気なムードを漂わせる
女性Vo、ギターリフストリングスが聴けるミドル曲でややシンプルな印象があるな。
10曲目も淡々としたリフ、リズムに女性Vo、チェロの音色が乗る曲でサビは
例によってキャッチーさが強いのう・・・!


牧歌的な民謡要素をしかと残しつつそこにモダンさのあるヘヴィリフを導入し
フィメールゴシック要素も内包、エキゾチックだったりフォーキッシュだったり
しつつもサビは相当にキャッチーマニアックでありながらもいい意味で大衆ウケする
イマドキらしい判り易いゴシックメタル
をプレイしておる!メロデス要素を抜き
フォーク要素を取り入れたAMARANTHE
と言えなくも無いムードがあり派手さは無く基本的に
シンプル
ギターソロの類も無いがクオリティー面では悪くはない1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Parting  Voices In My Head  White Lily  Aus Der Tiefe







もどる


inserted by FC2 system