LOST EDEN







"Cycle Repeats"




日本のメタルコアバンドの1stアルバム。


SHADOWS FALLKILLSWITCH ENGAGEの来日公演で前座を務めた経験のある国産バンドで、
逆輸入的な形で日本デビューを果たしたらしく、音楽的には一切の奇をてらう事の無い
王道中の王道を行くメタルコア
となっておりメロデス直系叙情的なクサ味を感じさせる
ギターフレーズ
を軸にミドル〜アップテンポで展開しヴォーカルは全て英語咆哮、絶叫に
クリーンVo
とやはりいかにもメタルコアなスタイルの歌唱でなかなかのスキル
見せており説得力はしかとあるのう・・・!

1曲目はアンビエント系のイントロで続く2曲目はなかなかにゴリゴリした音作りの
ギターリフが聴けるアップテンポ曲
となりヴォーカルはシャウト、咆哮といかにもメタルコアな
デスVo
を披露、本格的なムードを醸し出しサビはお決まりのクリーンVoになるのう・・・!
ギターフレーズはメロデス直系の叙情性を感じさせ短いがギターソロも顔を出すぞ。
3曲目はこれまた叙情的なギターフレーズが聴けるメロデス直系メタルコア
メロディーの良さは日本人らしい部分だな。4曲目はデジタルサウンドで幕を開け
今風のエレクトロニカ系シンセも使われているがギターフレーズは叙情性満点じゃのう・・・!
クリーンギターに呟きVoも聴けるが基本はミドルテンポのメタルコアである。ギターソロが
またメロディアスで良いぞ!5曲目はこれまたデジタルシンセが聴けつつもリフがやはり
叙情性
を放っておりメロウな印象が強いミドル曲。クリーンVoのパートが
憂いを演出しギターソロもメロディー重視のプレイを聴かせてくれるぞ。6曲目は
昔のIN FLAMESを思わせる叙情的なアコギによる短いインストで7曲目はモダンな
ヘヴィさ
を持ちつつもメロデス色濃い慟哭系のリフが聴けノリの良いアップテンポになり
メロディアスなギターと共に疾走感も見せる本作では珍しいファストチューンだ!
8曲目はメタルコアと言うよりもメロスピのような疾走感を見せるもその後のAメロは
吐き捨てデスVoと共にスローテンポになり勢いが削がれてしまうのう・・・!
途中からまた疾走ギターフレーズもクサさを感じさせ好印象だけにヘヴィに
なり切れない中途半端なビートダウンもどきのテンポダウン
はいらんわい!(爆)
ギターソロはやはりテクニックに頼らないメロディアスさがありツインリードも
クサく良いのう・・・!
9曲目はまた初期のIN FLAMESみたいな慟哭リフが聴けるミドル曲
いかにも北欧メロデス直系メタルコアじゃのう・・・!個性は皆無だが何だかんだで
こういう曲調は好きじゃわい!(爆)10曲目はデジタルシンセで幕を開けつつも叙情リフと
共に疾走開始!
どこかノリの良い部分を見せ結構キラキラ系のシンセも顔を出し
この辺が日本人バンドらしい部分だがトランス系のシンセダサく不要かもなぁ・・・!(爆)
曲展開も全体的に強引さがあるがギターソロはやはりメロディアスである!
クリーンな音色でブルージーに泣くのが特徴的だな・・・!


北欧メロデス直系の王道を行くメタルコアスタイルでなかなかに質は高く
最低限のレベルはクリアしているがその分個性というものが全くと言っていい程無く
先人バンドの築いてきた音楽性
そのまま踏襲しておりその点が大きな欠点だろうな・・・!
爆走はせずミドルテンポがメインで叙情フレーズはなかなかに良いがメロデスでは無く
あくまでもメタルコア
という事でメロディアスさが中途半端になってしまっている感もあり
全体的に惜しいバンドだと言えよう!もう活動停止しているのが残念じゃのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Equation 999  Black Report  Planetoid
Story And Reality  Before Burning to Ashes







もどる


inserted by FC2 system