L'Autre







"Hemisphere"




フランス出身のポストハードコアバンドによる1stアルバム。


2007年に結成されたフランス産のバンドだが、デビュー作となる本作
リリースするまでかなりの月日が経過しており、以前EPをリリースした過去があるも
本作の制作期間は3年に及んだらしい・・・!そんな彼らの音楽性はと言うと
基本的にはスクリーモ、ポストハードコア系のスタイルとなっているが、全体的に
ポストロック的な穏やかさ
も目立っており、激情ハードコアライクな要素も見られ
穏やかさの中に緊迫感、焦燥感を内包した音作りが特徴である。

1曲目は淡々とした穏やかなギターで幕を開けポストロックっぽさを
演出するも、
その後はスクリーモ色濃いバンドサウンド、シャウト
顔を出し怪しげなムードを醸し出すぞ!2曲目は8分を越える曲で、
これまた穏やかかつどこか怪しさを内包したギターが顔を出し淡々と展開、
シャウトするヴォーカル
も登場するがやはり基本はマイルドじゃのう・・・!
中盤は穏やかなクリーンギターが聴けるぞ。3曲目も穏やかな空気を漂わせた
クリーンギター
が顔を出しバンドサウンド、シャウトも登場、スローテンポでどこか
退廃した雰囲気を放っているか!?後半でストリングスっぽい音色オルガンも聴けるぞ。
4曲目もまた穏やかな出だしから展開していく9分越えの大作。中盤付近になるまで
大人しい曲調だが、後半は焦燥感を放つ音作りになるぞ。5曲目は怪しげなギターが顔を出し
シンセと共にダークなムードを醸し出しバンドサウンドも盛り上がりを見せるぞ!
6曲目はクリーンギタードラムが次第にフェードイン緊迫感あるサウンドを見せる、
なかなかにドラマティックな要素を持ったシリアスな楽曲である!7曲目はまた穏やかで
叙情的なクリーンギター
アジテーションのような声が乗るマイルドな曲。
中盤からバンドサウンド、シャウトが顔を出すぞ!8曲目はハードで大仰なムードを放つ
バンドサウンド
荒々しさの中に壮大さを見せるノイジーな曲である。


スクリーモ寄りの激情ハードコアだがメタリックさは無く、ポストロック的な
淡々とした物静かさ、大人しさ
を持った初期型スクリーモと言えそうなムードがあり、
メタルコア以降のサウンドに慣れ親しんだメタラーが聴くとやはり軽さが目立つ
感じ
なんだが、ハードコア以降の流れを汲んだ音作りを求めるのであれば楽しめるか!?
1曲1曲が長く、ポストロック的な展開冗長さもありダレる部分も目立つが、
雰囲気モノとしてなら聴けなくは無いかも知れんな・・・!




diskunionで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 Tour D'Abandon   Le Sang Des Silenes    L'Arene Prend Le Roi







もどる


inserted by FC2 system