LANDSCAPES







"Life Gone Wrong"




イギリス出身のニュースクール・ハードコアバンドによる1stアルバム。


イギリスからやって来た5ピースバンドで、本作は2012年にCITY OF GOLDから
リリースされたデビューアルバム
だが、その後PURE NOISEからライヴ音源2曲を
プラスして再発された再発盤
がリリースされたようだ。音楽的には淡々としつつも退廃的な
ノイジーさ
を見せるミドルテンポメインの軽めのバンドサウンドに、絶叫と言うよりも
嘆くように喚き散らすハードコアらしいヴォーカルが乗ると言ったもので、メタリックさ、
へヴィさ
は無くニュースクール・ハードコアと言うか激情ポストハードコアの流れを
汲んだスタイル
を見せているだろうか!?

1曲目は激情ハードコア的な退廃感を醸し出すノイジーなバンドサウンド
昔ながらのハードコア的な喚きヴォーカルが聴ける短いミドルチューン。
2曲目はクリーンギター淡々とした穏やかさを放つが、そこに乗るヴォーカルは
やはり喚き散らすタイプ実にパンキッシュじゃのう・・・!3曲目もまた
ギターサウンド退廃したメランコリックさを放っており、トレモロリフが
壮大さ
を演出しドラマティックな叙情性も見られるな。4曲目はまた淡々とした
音作り
だが、何と途中からメロコア的な疾走感も披露!5曲目はクリーンギターがどこか
アトモスフェリックなムードを演出、その後は穏やかなバンドサウンドになり珍しく
呟くようなヴォーカルも聴けるが、相当に下手糞音程が何一つ合っていないのが
実にパンクじゃのう・・・!(爆)その後は喚きシャウトになるが曲調自体はバラード的である。
6曲目もまたクリーンギター穏やかなマイルドさを演出、次第に盛り上がりを見せるぞ。
7曲目は叙情性に満ちたアコギ穏やかなメロウさを放つメランコリックさに満ち溢れた
エモーショナルなインスト。8曲目はパンク、ハードコア的な勢いを感じさせる
アップテンポチューンだが、根底にあるのはニュースクールなんで決して明るい
ハッピーなメロコア
になるような事は無く壮大で叙情的なパートも登場する!9曲目は再び穏やかさ漂う
クリーンギター
淡々としたほの暗さを演出、さらにパンク的な男臭さを感じさせる
シンガロング
も顔を出しマイルドながら硬派さがあるか!?


ヴォーカルがただ喚くだけなんでメロディアスと呼べる程では無く、当然ながら
ギターソロの類も無いんだがこの手のニュースクールらしい激情的な叙情性
しかと漂っており雰囲気モノとして聴けるのう・・・!ニュースクール・ハードコアではあるが
メタル要素は無いのでメタルコアを期待すると肩透かしを食らうのは確実である!
何だかんだでパンク、ハードコア畑のバンドだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 D.R.E.A.M  Forgiveness  Epilogy







もどる


inserted by FC2 system