LANDMVRKS







"Hollow"




フランス出身のDjent/ポストハードコアバンドによる1stアルバム。


フランスマルセイユから登場した若手バンドのデビューアルバムで、
音楽的にはイマドキ系ポストハードコアを基本としているんだが、
それだけでは無くDjentポストロック、アンビエント系のアレンジを
見せたかと思えばスクリーモ的な面もあり、それでいて部分的に
ポストブラック風の禍々しさ
を放ったり昔ながらのメタルコア
要素があったりと、近代的なサウンドを節操無く取り入れた印象があり
それでいてスクリーモの要素が強いおかげか、イマドキ系のチャラさ、
ミーハーさ
が薄く、嫌味の無いサウンドに仕上がっており今風の
没個性ヤカラ、ウェイ系ポストハードコア
が苦手な層でも聴けそうだな・・・!
Voはエモ、スクリーモらしい高音クリーン地声の強いスクリーモ系グロウルである。

1曲目はポストロック、アンビエントな出だしに続いてスクリーモに
近いムードを放ち疾走!
シンガロングも聴けつつポストブラックに通じる
印象もあり、2曲目もまた勢い良く爆走しつつサビはスクリーモ寄りで、
メロデス系メタルコア寄りのリフまで聴けるぞ!3曲目は意外にも
90年代ラウドロック風なグルーヴもあり、サビはキャッチーだな。
4曲目はオルタナ感あるリードギターに続きパンキッシュかつヘヴィに疾走!
5曲目はポストロック的な穏やかな短いインスト。6曲目はこれまた疾走しており
パンキッシュな勢いが心地良いな・・・!7曲目も勢いがありつつハモリギターも聴け、
スクリーモ歌モノニューメタルの中間なサビ、ブレイクダウンも登場、
8曲目はこれまた爆走しており、パンクポストハードコアを混ぜたような感じで
キャッチーなクリーンVo、ブレイクダウンも聴けるぞ。9曲目は穏やかさ漂う
クリーンギター、クリーンVoによるアンビエントなバラード。何とこの手のジャンルでは
絶滅種かと思われていたギターソロが登場!10曲目はヘヴィなノリ
見せたかと思えばこれまた疾走しており、早口グロウルも勢いがあるな・・・!
サビはやはりキャッチーでブレイクダウンも顔を出すぞ。11曲目はボーナス扱いで、
8曲目のアコースティックヴァージョンである。


いかにもイマドキなポストハードコアでありつつそこに様々な要素を
放り込んでおり、最近のこの手のバンドには珍しく疾走感があり、
普通に爆走するパート
当たり前のように登場!それでいて
スクリーモ要素も強いおかげでキャッチーな事に違いは無いんだが、
今風なチャラさ、ミーハーさが薄く嫌味を感じずに楽しめるな・・・!
部分的に顔を出すテクニカルさポストロック、アンビエント要素も
ちゃんとフックとして機能しており、今風のテンプレ要素を適当に
混ぜただけ
のそこいらの薄っぺらい三流チャラコア連中なんざよりも
全然聴ける1枚である!こういう、アメリカの流行に迎合しない辺りが
フランスのバンドの良さなんだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Perspective  Outside and In
Wrong Generation  Meaningless  World of Pain







もどる


inserted by FC2 system