LA KIA







"星紅聖夜"




裸体少女、鋼鉄楽団かなで〜るでプレイしていた女性ベーシストによるプロジェクトの2ndアルバム。


VAMPIRE PLEDGEの前身バンドに参加していた女性ベーシストによるHR/HMプロジェクト
2作目のアルバムで、毎度お馴染み東方アレンジ、上海アリス幻樂団カヴァーを行っており
音楽的にはシンフォニックなシンセが使われつつもそこまで派手にはならない
どこか淡々としたムードが漂う様式美寄りのHR/HMとなっておりへヴィさ、アグレッシヴさ
求めると肩透かしになるだろうし疾走曲も殆ど無いがシンセのアレンジは繊細で丁寧な
印象
があるのう・・・!ヴォーカルは本人自らがとっており線は細いが曲、パートによって歌唱スタイルを
使い分けており
表現力、エモーションはなかなかである!ちなみにKissing the MirrorのWooming氏がゲストで参加し
全面的にギターをプレイしているがリフが全然無く目立つのは主にソロパートになっているな。

1曲目はオルゴール風の音色に始まりストリングス、ホーン系シンセ、笛が壮麗な
オーケストレーション
にて聴き覚えありまくりフレーズを奏でるイントロで、2曲目は
早速の女性Voで幕を開けメタリックなバッキングにピアノ、シンセも乗りギターリフは
皆無
だがベースラインが目立ち淡々としたミドルテンポ様式美的な
メロディー
を聴かせてくれるがやはり飽きを覚えたフレーズだな・・・。ギターソロは
ハモリでなかなかにドラマティックなプレイを披露しておりその後のオルガン、ストリングスが
ダークなクラシカルさを放つパートが良いな。3曲目はストリングスシンセ、
クワイア系コーラス、オルガン音がこれまたシンフォニックなクラシカルさを演出する曲だ。
基本はミドルテンポだが途中でメロスピ的に疾走するパートもあり後半ではガットギターによる
叙情的で渋いパートも顔を出すぞ。4曲目はファンシー系ゴシックなムードを醸し出す
シンセ、ストリングスで幕を開けヴォーカルもなかなかに壮麗でドラマティックな歌唱
聴かせており、バンドサウンドは皆無でシンセの音色は前時代的なチープさが濃いが曲としては
なかなかにシアトリカルでシンフォニックなアレンジが施されており良いのう・・・!
5曲目はシンセストリングスが対位法的に重なり合うイントロが聴けるもバンドサウンドは
非常に淡々としておりかなり地味な印象を感じさせるミドル/スロー曲。6曲目は飽きたメロを
歌うヴォーカル
で始まり珍しくアップテンポで展開、Aメロのヴォーカルが加工されブリッジでは
声量の弱いFuki嬢と言えそうな歌唱を披露しており声色の使い分けはなかなかだな。
緊迫感もそれなりに放たれギターソロはなかなかに流麗なプレイを披露しており構成も
ドラマティックである!7曲目はこれまたお馴染み過ぎるメロディーをシンセストリングスが奏で
そしてバンドサウンドも顔を出しミドル〜アップテンポで淡々と展開する判りやすいキャッチーな曲。
サビではツーバスも連打されストリングスもオブリを挿入、ギターソロは展開重視
ベースラインも目立つぞ!8曲目はシンセストリングスが壮麗さを演出するシンフォニックなアウトロ的扱いの
インスト
に見せかけておいてバンドサウンド、ヴォーカル(コーラス?)が挿入され本作中唯一リフが
きちんと作られた
アップテンポ曲である!やはりメタルはリフがしっかりしてこそじゃのう!
ギターソロ、ベースも聴き所で本作中最もHR/HMとして完成度の高い曲に仕上がっているな・・・!


ヴォーカルも線が細くプロダクションも悪めで楽曲アレンジも持ち味なのか
どうかは判らんがどうにも淡々とした地味な印象があり、ド派手でハイクオリティーな
シンフォニックメタル
が当たり前のように幅を利かせるようになった今のシーンでは
ちょいと埋もれてしまうかも知れんなぁ・・・!HR/HMというスタイルをとっておりながら
ギターリフが皆無なのもチープに感じられてしまう要因だ。4曲目みたいなシアトリカルな曲に
素質を感じられた
のでシンセにもうちょい金かけて音を向上させてそういう方向性を
追及したほうが大成する
のではなかろうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 Worship me!、Heroine complex、望月へ捧ぐ、The Dyed Moon







"Vengeance from dark"




日本の女性シンガー/ベーシストによるプロジェクトの3rdアルバム。


VAMPIRE PLEDGEの前身バンドである裸体少女、鋼鉄楽団かなで〜るでプレイしていた
キャリアを持つベーシストにしてシンガーでもある女性ミュージシャンAKIRA嬢によるプロジェクトで、
本作は外部のミュージシャンであるしるへい氏とコラボしたアルバムとなっておりやはり東方アレンジなのだが
今回はヴィジュアル系のスタイルに向かったようで前作が一応HR/HMの形態を取りつつもリフが皆無
そこが致命的な弱点になっていたのに比べ本作はDIR EN GREY以降モダンへヴィネス系サウンド
展開しておりラウドなへヴィリフにベースも唸りヴォーカルもしるへい氏がV系スタイルのクリーンVoと
デスVo、ガテラル
を披露しており前作と比べて方向性は異なれどクオリティーは段違いとなっている!
ギターは前作同様Kissing the MirrorのWooming氏がプレイしておりゴリゴリのへヴィリフ
メタル然としたリードギター、ソロを聴かせてくれるぞ。

1曲目はいきなりのモダンへヴィ系サウンドでベースも唸りつつ疾走、ガテラルVoいかにも
V系なクリーンVo
も顔を出しDIR EN GREYフォロワータイプラウド系ヴィジュアルメタル
プレイしておる!サビはV系らしからぬ高音Voも見せており確かな歌唱力があるのう・・・!
2曲目もまたゴリゴリにへヴィな疾走V系ラウドロックだがリードギターはメタルである!
サビはAKIRA嬢が歌っておりちょいダンサブルなムードもあり中盤で聴けるガテラル系の
低音
でありながらいかにもV系なイヤらしさを持つデスVoも面白いな。ギターソロは荒さもあるが
メタリックな速弾きからツインリードも披露され後半のソロもエモーショナルなプレイである!
3曲目は低音のクリーンギター怪しいムードを出しそして淡々としつつもやはりへヴィな
バンドサウンド
も登場、ミドル、スローテンポダークな雰囲気を出しておりへヴィリフ以外は
昔のダークな耽美系ヴィジュアルロックと言えそうな曲調だな・・・!ギターソロはワウをかました
プレイ
でこの辺はしかとしたメタルじゃのう・・・!4曲目はリードギターが舞いメロパワ、
メロスピ然とした疾走感
を感じさせるアレンジとなるが怪しいへヴィなムードもありシャウトは
いかにもV系
な感じだな。5曲目はこれまた昔のDIRを思わせるイヤらしいV系シャウトが聴けギターリフも
どこかそんな感じのノリの良さがありリフはへヴィだが曲構成、アレンジとかはいかにもV系
言えそうだ。ギターソロもメロディー重視でメタリックなシュレッドは無くV系として違和感は無いぞ!
6曲目はピアノ、女性VoのみによるバラードでV系ではなくちょいと冗長だがアレンジは良く
センスを感じさせ
AKIRA嬢のヴォーカルもエモーショナルで媚が無く好印象である!7曲目はモダンかつ
テクニカルな要素のあるバンドサウンド
が聴けリードギターが舞いヴォーカルは低音呟きや
呻くような声、デスVo
が絡みやはりDIR色が濃い・・・というか“GARBAGE”をまんまパクった曲だ(爆)。
8曲目はリードギターが聴けどこか壮大なムードを感じさせピアノもバックで登場、ストレートな
アレンジのミドル曲
だな。9曲目は緊迫した出だしで疾走、バックのシンセも緊張感を演出し
ヴォーカルもガテラルで唸りWooming氏がアレンジした曲らしくV系というかデス、ブラック的な印象もある曲で
サビはクリーンになりさながら“凱歌、沈黙が眠る頃”タイプと言えそうか!?ギターソロは急に
LIGHTNINGっぽさのある泣き、慟哭のハモリを披露されるぞ!


ヴィジュアル系とは言ってもそのサウンドはモダンへヴィネス色濃いタイプでプロダクションは
決して良いとは言えないものの決してスカスカなオールドスクールスタイルではなくデスVoも
ありがちな申し訳程度のギャウギャウ絶叫とは無縁の説得力あるガテラル、低音咆哮でさながら
昔の頃・・・良かった頃のギルガメッシュを思わせる高品質なアレンジを展開しておる!
メタリックなギターソロがしかとあるのも好印象だな。まぁ最近のV系バンド
軟弱セルアウト連中を除いてヴォーカル以外はほぼメタルと化している感じだし
本作で聴けるスタイルもV系として決して違和感は無いサウンドなのだろう・・・!まんまDIRを
拝借した曲
もあり次は是非とも“UROBOROS”“DUM SPIRO SPERO”の曲を拝借してもらいたいものだ!?(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 慟哭  Vengeance from dark  Changeling 
  Maggots of the drainage  Bottom of the grief







"紅灯香華"




日本の女性シンガー/ベーシストによるプロジェクトの4thアルバム。


前作は外部のミュージシャンとコラボしDIR EN GREYフォロワーライクなモダンへヴィネス
ヴィジュアル系メタル
をプレイし拝借曲も目立ちつつ一気にクオリティーを上げ
かなり高評価だったんだが本作はコラボではなく、音楽的にはゴシックメタルの要素を
取り入れたスタイル
にシフトしたとの事だがどちらかと言えば様式美系のクサメタル
近いアレンジとなっておりシンフォニックでクラシカルな要素も強くメロスピ然とした
疾走パート
も少ないながらしかと存在しておる!プロダクションは軽い輸入盤の
B級メロスピ、クサメタル勢もこんな感じ
なんでさほど気になる程ではないか!?ヴォーカルは
しなやかではあるが弱さを感じさせる線の細いアニソン歌唱になってしまっており
そこが評価の判れ所であろう・・・!ちなみに今回はKissing the MirrorのWooming氏
全曲においてギターとベースをプレイしているぞ。

1曲目はピアノ、ストリングスシンセによるイントロで続く2曲目はチャーチオルガンが
クラシカルなムードを醸し出し疾走!
プロダクションは軽いがコーラスの入れ方もまたクサく
ゴシックメタル
と言うよりは普通に様式美系のメロスピ、クサメタルだと言えよう!
ギターソロはLIGHTNINGのフレーズを拝借したかのようなメロディーも顔を出しその後は
ブラストも一瞬飛び出すぞ!3曲目はキャッチーかつ怪しげなコーラスで幕を開け
オルガンが重厚さを出しヴォーカルはやはりどこか怪しげなムードを出しているな。
4曲目はストリングスシンセで始まりパワフルさのあるリフも顔を出すがその後
ヴォーカルになると明るく淡々としたムードが出てくるな・・・!ヴォーカルは
歌い方が変わり朗々としたシリアスな歌唱を見せこういう歌い方のほうが良いのう!
ギターソロはメロディー重視のプレイでその後はクワイアも登場する!5曲目は
フィメールスキャットのコーラスから打ち込みリズム、ストリングス、ギター聴け
リフはちょいとモダン寄りだが明るいポップさを演出、笛の音もバックで顔を出し
ヴォーカルはやはり弱いがサビのコーラスがキャッチーで良いな。6曲目は早速大仰さ
感じさせるクラシカルな様式美メタル色濃いイントロが飛び出し期待感を煽る
ヴォーカルが入るとスローになりピアノが淡々としたムードを演出、その後は
バンドサウンド、シンフォニックなシンセが再び盛り上がりを見せるぞ!
7曲目はWooming氏がアレンジしたボーナス扱いの曲チェンバロで幕を開けクラシカルに
疾走!
ヴォーカルは声を張り上げ弱いながらに頑張っておりメロディーが聴き飽きた
東方
なのが悔やまれるがそれ以外は非常にクサくたまらんキラーチューンとなっておる!
ソロはシンセとギターのバトルでこれまた様式美ライクじゃのう・・・!


アルバム出す毎に音楽性が変わる感じで本作は女性Voのゴシカルな様式美
シンフォニックメタル
といった感じで外部とコラボして圧倒的にクオリティーが向上した前作と
比べるとプロダクションやヴォーカル等ちょいと弱くなった感はあるがクサメタラーに
ウケるのは本作のほう
であろう!ゴシックメタルとは言えその方向性は限りなくクサメタル
ちょいと明るいポップ寄りの曲も何気に結構あったりするんだがキラーチューンもしかと存在しておるわい!
リフが皆無でメタルとして致命的な欠陥を抱えていた過去作の弱点はキチンと
克服しておりこの点もまた評価出来る
であろう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 彷徨天使  L  The Night of Eternity







"憧景翔夢"




日本の女性シンガー/ベーシストによるプロジェクトの5thアルバム。


以前はゲストを迎え超本格的なヴィジュアル系モダンメタルをやったりゴシカルな要素を
内包したシンフォニックメタルスタイル
を見せていたが本作の方向性はどちらかと言えば
後者に近いムード
を持っておりキラキラしたチェンバロ系シンセ、ストリングス、
ヴァイオリン
の音色がオブリを放り込み女性VoによるタイトなHM/HRサウンドで疾走、
ゴシカルなフィーリング
と共にどこか様式美に通じる空気もあるな。ちなみにこれまでは数曲で
ゲストとしてギターを弾くだけだったWooming氏が本作では全曲でギターをプレイしている。

1曲目はキラキラしたシンセ、バンドサウンドで幕を開けアップテンポで展開、なかなかに
タイトなリズムの刻みに一瞬ネオクラ系のフレーズが顔を出しヴォーカルはキャッチーさ
持っておりバックでオブリを入れるヴァイオリンシンセも良いな。中盤以降の左右から
顔を出すクワイア風のコーラス
が印象的でその後のギターソロはメロディー重視の
エモーショナルなプレイ
である!ベースも目立っているぞ!2曲目はモダンな要素の強い
へヴィなバンドサウンド
神秘的なシンセが聴け疾走、ヴォーカルと共にチェンバロや
ピアノ
が顔を出しクワイアも聴け重厚なシンフォニックゴシックの様相を呈しているが
ヴォーカルの声質はソフトさがありもっと大仰に歌って欲しかったか!?3曲目は
これまたへヴィさがあるも退廃的なムードも漂うリフ、バンドサウンドが聴けやはり
ゴシカルな空気がプンプン放たれるミドル/スロー曲。ヴォーカルはハキハキした歌唱
見せており怪しげなシンセ、ピアノも顔を出すぞ。メロディーは独特の奇妙なキャッチーさが
感じられ
途中でクワイアも登場、ギターソロもメロディアスでハモリも見せているぞ!
4曲目はチャーチオルガンパワフルかつへヴィなバンドサウンドが聴け
ブラストで爆走!デス、ブラックメタルの様相を醸し出し実にアグレッシヴだがピアノ
顔を出ししかとゴシカルなムードもあるぞ!5曲目はヴァイオリンの音色にモダンかつ
淡々とした
バンドサウンドが聴け若干変拍子気味になりつつもマイルドな退廃感を見せるミドル曲。
ヴォーカルはソプラノ風のファルセットを見せているがやはり線が細いか!?後半は
クワイアが顔を出し対位法的に絡みつつ疾走し始めるぞ!6曲目はクワイアストリングス
早速暴れアップテンポでパワフルに疾走!ギターやピアノも絡み合い耽美的かつ勢いある
曲調
になるもヴォーカルはやけに落ち着いたポップさを見せているのう・・・!キラキラした
チェンバロ
もやはり顔を出しサビはメロスピ的に疾走!ギターソロはクラシカルさを見せつつも
メロディー重視シュレッドには頼らないスタイルだな。中盤以降のツインリードも良いぞ!
7曲目は過去曲のヴォーカル、アレンジ違いストリングス、バンドサウンド
退廃的なムードを演出、ピアノと共に気だるさのあるヴォーカルが顔を出し
バラード系の雰囲気を醸し出しているがシリアスなシンフォニックさ、クラシカルさ
かなり強いのう・・・!8曲目は7曲目のカラオケヴァージョンだ。


女性Voのモダンなシンフォニックゴシックという事でEVANESCENCEEVANESCENCE辺りに
通じる要素もあるがシンセの使い方はどこか様式美的な部分もありスロー、ミドル曲のみならず
アップテンポチューンも目立っているのが大きな特徴だろうか!?ゲストの力が大きかった
“Vengeance from dark”は別としてもアルバムを重ねる毎にクオリティーはアップしており
非常に頼もしい
のだが音のパワーが増している分ヴォーカルの弱さがここに来て
段々と目立ち始めてきた
印象もあるな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 憧景翔夢  Everlasting hurt  Withered Earth  
Assume the sin  One







"共鳴鏡裏"




日本の女性シンガー/ベーシストによるプロジェクトの6thアルバム。


今の所東方アレンジオンリーではあるがアルバムをリリースする事に確実にクオリティーを
向上
させて来ている注目株プロジェクト通算6作目のアルバムで、どうやら本作は
それらしさを感じさせないものの一応コンセプトアルバムとなっているようだ・・・!
音楽的にはシンフォニックなシンセサウンドを多用したキラキラ系のメロスピ
基本としているが部分的にモダンなヘヴィさを見せたりプログレメタル的な
テクニカルさ
を取り入れたりとなかなかに凝っておりストリングス系の音色やドラム等は
いかにも打ち込みな部分がありプロダクションに弱点を抱えているものの
楽曲のクオリティーは高くヴォーカルも高音を張り上げるように歌ったりしており
レベルアップした姿を見せてくれるのう・・・!

1曲目はクワイア的なコーラスで幕を開けシンフォニックなシンセを纏い疾走!
ストリングスシンセ入りのメロスピ
と言った所でシンセはチープさが目立つ
キラキラした音色も顔を出し早口気味のヴォーカルも印象的だな。中盤は
ネオクラシカルなギターとシンセのユニゾンも聴けるぞ。2曲目はこれまた
チェンバロ系のキラキラしたシンセで幕を開けモダンなギターリフも登場!
ヘヴィな印象を見せつつもアップテンポで展開しミックス的にギターが前に
出過ぎている
もののサビはメロスピ的に疾走するぞ!中盤はベースがスラップを
披露し
さらにピアノも聴け爆走!テクニカルな部分もあり後半付近ではブラストも
炸裂する
がドラムがいかにも打ち込みって感じだな・・・!ラストでヴォーカルが
高音を歌い上げている
のもまたインパクトがあるのう・・・!3曲目はシンセに
ベース
が聴けテクニカルな印象のリズムが目立つもヴォーカル自体はキャッチーで
ピアノのオブリも自己主張しているな。
4曲目はメカニカルな無機質さのあるヘヴィリフ
ストリングス、ピアノが冷たさを見せる冷徹なスロー、ミドル曲。中盤以降は
メロウな要素も顔を出すのう・・・!5曲目はミステリアスなシンセに始まり
クワイア系コーラスと共に疾走!シンセストリングスがかなり自己主張しており
シンフォニックな印象
もありヴォーカルも早口気味で実にせわしないのう!
ギターソロは2本の掛け合いツインリードを見せさらにシンフォニックな
パート
になりコーラスも勢いがあるぞ!6曲目は琴の音色和のムードを放ち
これまた爆走開始!ヴォーカルになるとテンポダウンするが尺八の音色も聴け
和風メロスピと言えそうな曲調になりサビで再び疾走だ!ギターソロは
エモーショナルな泣きを見せており良いのう・・・!7曲目はキラキラ系のシンセに
哀愁を放つギター
が聴けアップテンポになりヴォーカルは低音で弱さを見せつつも
クサさを放ち
サビで聴けるギターのオブリがまたクサさを見せているな。
ギターソロもドラマティック
でさらにプログレメタルっぽいパートも聴けるか!?
全体的に渡ってギターがクサ過ぎる曲だと言えよう!8曲目は様式美的なドラマティックさ
放つシンセサウンドが聴けやはり疾走開始!東方フレーズが基本ではあるがかなり
弄っておりそれっぽさを薄くしている
のが好印象である!男Voのコーラスも顔を出すが
何故かデューク・エイセスが如き低音妙な怪しさを放っているな・・・!
インストパートもワルツのようなクサさを見せており本作中最もクサい曲と言えそうか!?


シンセ、打ち込みサウンドのチープさ引っ込み気味のヴォーカルプロダクションは
微妙な箇所がある
楽曲面では良質さを見せておりシンセを縦横無尽に舞わせつつも
しかとメタルな主張を感じさせるバンドサウンドが聴け基本はメロスピ、クサメタルだが
モダンなヘヴィさプログレメタル的テクニカルさも随所に盛り込みリスナーを
飽きさせない
のは好印象である!ヴォーカルもまた向上している感がありそろそろ
ここいらで脱東方オリジナルで質の高いアルバムを聴かせて頂きたい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Last Night Alone  この歌しか聴かせない  別離の望みへ
二つ籠もりて我が命に  世たる者  共鳴鏡裏







"奏命想起"




日本の女性シンガー/ベーシストによるプロジェクトの7thアルバム。


以前にSILENT DIFFERENCEのしるへい氏とコラボしてDIR EN GREYライクな
ヴィジュアルメタルをプレイした事もあったが
基本的にはシンフォニックな
シンセサウンドを大々的に導入したメロスピ、クサメタル
を持ち味とする
東方系女性コンポーザーによる最新アルバムである!本作も大仰さ満点の
オーケストレーション
キラキラ系チェンバロを盛り込んだ疾走感溢れる
HM/HRとなっており、
さらにゲストで同人エクストリームメタル界隈の
著名なギタリスト達
が参加しておりタイトさの増強に一役買っておる!

1曲目は早速大仰なシンセオーケストレーションが聴け勇壮なバンドサウンドも
顔を出すイントロ
で、続く2曲目は壮麗なシンセメタルサウンドが融合し疾走する
シンフォニックなメロスピ
である!キラキラしたチェンバロ系シンセリードギター、
クワイア風コーラス
も顔を出し音は軽いが質の高い仕上がりを見せておるのう・・・!
ツインリードメロディアスさを見せるギターソロも良いぞ!3曲目は意外な
モダンさを内包したリフ
クワイアコーラス、オルガンが顔を出しやはり疾走!
中盤はちょいとプログレ的なムードを見せ所々で顔を出すピアノも印象的だな。4曲目は叙情的な
ムード
を醸し出しヴォーカルもエモーショナルなソプラノ風歌唱を披露、その後はヘヴィな
バンドサウンド
が聴けるも基本はバラード系で、中盤はミドルテンポのプログレメタル風になり
クワイアも聴け後半はテンポアップだ!5曲目はメロデス寄りのリフチェンバロも顔を出し疾走!
ヴォーカルの低音が弱い
のが気になるがアレンジは良くギターソロもメロディー重視で
スリリングさもあるのう・・・!
6曲目はヴァイオリンシンセで幕を開けアップテンポながら
どこかゴシカルな雰囲気を醸し出しており途中のチェンバロパートクラシカルで良いぞ!
ヴォーカルメロディーはいい加減聴き飽きたフレーズなんだが・・・!(爆)7曲目はこれまた
チェンバロで幕を開け大仰なオーケストレーション、クワイアヘヴィな
バンドサウンド
が顔を出しシンフォニックゴシック的なムードを醸し出すスロー曲。
中盤のオーケストレーションも壮大だがホーンやはりチープだな・・・!
8曲目はアップテンポながらリフやストリングス等がゴシックメタル的な落ち着き
演出、後半は疾走感もあるのう・・・!


音質は相変わらず宜しいとは言い難くオーケストラもいかにもシンセなチープさ
残っているが楽曲はやはり良く、モダンなヘヴィさプログレメタル的アンサンブル
所々で披露しつつも基本は勢いのあるシンフォニックさを見せるメロスピなんだが
意外と非疾走のゴシックメタル風アレンジも見せており爆走のみを期待すると
肩透かし
になるだろう・・・!プロダクション、ヴォーカル等まだ弱い部分もあるが
アレンジの良さで楽しめるぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 想起の陰り満ち  運命の声へ  白き息と共に







"玲瓏零雨"




日本の女性シンガー/ベーシストによるプロジェクトの8thアルバム。


Kissing The MirrorのWooming氏らと協力体制でアルバムをリリースする
女性ミュージシャン
による通算7作目のアルバムで、過去にはDIR EN GREYライクな
スタイル
を見せた事もあるが基本的には女性Voのシンフォニックメタル系で、
何気に幅広い素養を持っているのだが本作はメロパワ的な疾走感が全面に押し出された
スタイル
となっており、例によってゲストミュージシャンを交えタイトさを演出、
プロダクション
もなかなかにストロングさを増しており、さらにこれまでは弱さを
感じさせたヴォーカル
大分上手くなっており説得力を見せているのう・・・!

1曲目はチャーチオルガン、クワイア系シンセ荘厳なシンフォニックさを演出、
続いてチェンバロバンドサウンドが顔を出し疾走!叙情的なギターも自己主張し
どこかGALNERYUSに通じる印象もあるが、女性ヴォーカル等は陰陽座に近いか!?
ギターソロ
ドラマティックさが感じられ良いな・・・!2曲目もメロパワ系だが
ちょい和な印象を感じさせつつ大仰なシンセも登場、ギターリフが前に出ており
ヴォーカルが引っ込み気味
だが鐘の音チェンバロも顔を出しシンフォニックさ
しかとあるぞ!インストパートピアノが目立ちカオティックで怪しげながら
クラシカルさ、シンフォニックさも見られるのう・・・!
3曲目はクワイアで幕を開け
これまたパワフルに疾走!
ちょいとばかしRHAPSODY OF FIREに近い勇壮さもあり、
ギターソロもまた劇的で一瞬和音階を交えるのもフックになっているな。4曲目もシンフォニックな
シンセ
を交えつつ疾走!ブラストビートまで顔を出し相当に勢いがあり、クワイアパートもまた
大仰さを見せておりギターソロドラマティックさ、クサさを放っておるわい!
5曲目はクラシカルなチェンバロ大仰なオーケストレーションが聴けピアノも顔を出し
やはり疾走するシンフォニックメタルで、サビはゲスト参加のspetsnaz氏による
デスVo
をバックで交えつつ堂々と歌い上げ、その後もデスVoが自己主張メロデス、メタルコアの
要素を感じさせる展開
になるのう・・・!ソロパートのピアノもまた印象的だな。6曲目はダークで
怪しげなピアノ、ストリングス
で幕を開けトレモロ、ブラストビートで爆走!シンフォブラックの
要素
を見せるもヴォーカルはしなやかな女性Voで、ファルセットも駆使し和の情緒を演出するぞ。
7曲目は本作中初のスローテンポ淡々としつつもファルセット、クワイアを交え
しなやかな印象
があるな・・・!途中珍しくアコギソロも聴けるぞ。8曲目はまた大仰なクワイア、
オーケストレーション
を交えつつパワフルに疾走するシンフォニックメロパワで、
リフワークはちょいとモダンな印象もあるがインストすぐに幕となるのう・・・!


過去作ではモダン要素を見せたりプログレメタル風になったりゴシックメタル風
なったりと何気に幅広い感じだったが、本作はシンフォニックさのあるメロパワ、
メロスピ
一本に絞っておりクサメタラー的には本作が一番理想の方向性だろうな!
プロダクションやヴォーカル等さらにレベルアップしており頼もしい限りじゃて・・・!
ただやはり何度も言うようにいい加減聴き飽きた東方アレンジなのが最大の
ネック
だろうなぁ・・・!このクオリティーでオリジナルだったら言う事は
無いだけに尚更惜しいわい!





オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system