K's Guitar Shop







"Deep inside Of Chaos"




日本の正統派/モダン系メタルプロジェクトのアルバム。


2010年の冬コミ終了後にメールでコンタクトを頂いたプロジェクトによるアルバムで、
所謂上海アリス幻樂団カヴァー、東方アレンジなのだが音楽的にはよくある疾走しまくり
クサクサメロスピ
キラキラシンセ取り入れまくりの爆走メロデスとは異なりシンプルながら
質実剛健なギターが主体となった、埃っぽさも感じさせる硬派なHR/HMで音楽的には
正統派メタル要素も強いが荒々しさ、勢いを感じさせるリフワークはどこかPANTERAや
Zakk Wylde
辺りの骨太な雰囲気も感じさせるな・・・!ギター主体とは言え音楽性に合わせてなのか
シュラプネル直系のテクニカル速弾きソロが一切無くエモーション重視のプレイなのがまた大きな特徴で
小手先の技巧に走らない姿勢は好感が持てるのう・・・!ちなみに完全インストである。

1曲目は軽いドラムから荒々しさを感じさせるギターリフが聴ける短いイントロ扱いの曲で
続く2曲目はどこか聴き覚えあるメロデス風のハモリリフで疾走、メロディアスな
リードフレーズもあるが基本はリフでなかなかにストイックな曲の作りをしているな・・・!
ギターソロはワウをかましたメロディー主体のプレイである。3曲目は実に正統派メタルライクな
リフで疾走、
リードギターはどこかZakk Wylde辺りの影響を感じさせるプレイを見せているな。
4曲目は叙情的なハモリリフで始まるミドル曲でサビ(?)になるとテンポが上がり東方の中でも
様式美に近いクサメロが登場するも曲のアレンジはギター主体の正統派メタル的なスタイルだ。
5曲目はベースで始まりギターリフはモダンっぽさを感じさせつつもプロダクションのせいか
そこまでへヴィではなくやはりどこか正統派のHR/HMっぽい雰囲気を感じさせるスロー/ミドル曲。
6曲目もベースで始まり荒々しいリフ、泣きのリードギターが聴けるスロー曲で特にクサい
メロディーを持った曲
だが疾走もなければ派手なシンセも無い、非常にシンプルで硬派なアレンジ
施されているのう・・・!7曲目はここに来てついにシンセが解禁されキラキラした音色で
クサメロを奏で
そして疾走開始!リフは荒々しく非常にカッコいいフレーズを弾いており
リードメロはハモンドだ!8曲目は軽いギターからベース、ドラムが地響きのように唸り
リフが印象を残す
ミドル〜アップテンポ曲だ。後半はモダンさが押し出されたワイルドな
ギター
が聴けるぞ!ラスト間際の短いドラムソロSLAYERの“Angel of Death”っぽいな。
9曲目はこれまたシンセに浮気した(爆)アップテンポチューンで東方メロにはシンセがよく合う
彼等にはギター1本で勝負してもらいたかった心境もあるな・・・!(笑)曲調は疾走チューン
ギターのメロはやはりいかにも東方である!10曲目は叙情的なハモンドプログレっぽい
ムード
を出すもバンドサウンドが入るとそのムードは消えメロウさだけが引き継がれるミドルテンポ曲となり
NUMBER GIRL、ASIAN KUNG-FU GENERATION要素プンプンの和風メロディーが聴けるぞ!


スカスカでいかにも打ち込みなドラム、アマチュアっぽい軽さのあるプロダクションが
気になるもシンセに頼らず(まぁドラムは打ち込みだが)あくまでもギターを主体とした音作りは非常に
硬派なムードが漂っており正統派メタル的なスタイルの根底にメロデスっぽいハモリリフ、
PANTERAタイプの剛直さ
が横たわっておりまだまだ向上の余地を感じさせつつもこのシーンに
よくある派手で煌びやかなメロスピやメロデスとは異なる媚びない男臭さを感じさせるのは
個性的で面白いな・・・!まぁ確かに今の段階では地味さが強いかも知れんがリフ作りには確かな
センスを感じさせてくれる
し、プロダクションを向上させ説得力を身に付けたらCROW`SCLAWの
牙城
まで辿り着けるかも知れんか!?個人的には7、9曲目のような曲が好みなんだが本作の方向性を貫くなら
いっそQUEENとは違うスタイルで完全にNOシンセで勝負したほうがいいだろうな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 Scratching!!、Death Bird、SATORI -Third Eye-、
Forgotten Goddess







もどる


inserted by FC2 system