Kleio







"Witch Hunt"




日本の女性Voシンフォニック系ユニットの1stミニアルバム。


メールによるタレコミも来た女性ツインVoのユニットで、音楽的には
SOUND HORIZON直径の女性ヴォーカルファンタジック
シンフォニッククサスタイル
HR/HM、メロスピ系の曲も
ありMALICE MIZERっぽい雰囲気の曲、ダークな
ゴシックチューン
ありでそれなりに幅広いと言えるであろう。
SOUND HORIZONフォロワーで女性ヴォーカルが2人となるとやはり
同じスタイルのKrik/Krakが思い浮かぶがクオリティー的には
向こうに劣ることは無くなかなかに良質のクサメロを聴かせてくれるぞ!
プロダクションは軽いが悪くは無くヴォーカルもちゃんと歌えている。

1曲目からストリングスが舞いアップテンポでちょいメタル風な
アレンジ
が聴けるサンホラ直径の女性Voクサメタルが炸裂!
サビなんかいかにもそんな感じでクサめだな。その後のヴァイオリンソロも
実にサンホラライクで良い!ラストにはギターソロも聴けるぞ。
2曲目はMALICE MIZER系の3連リズムでクサメロを放つタンゴ調の曲。
3曲目はシリアスなピアノで幕を開けるダークでゴシカルな曲
4曲目はメロスピ的に疾走する待ってましたのクサクサキラーチューンである!
ギターもピロピロ唸りハモンドも聴けインダストリアル的な電子音
登場するが基本はアグレッシヴかつクサいメロスピである!この曲は
かなりのキラーだな!途中コーラス、イングヴェイの“DEMON DRIVER”
思わせる様式美ネオクラフレーズ、そしてチェンバロ、
さらにモッシュパート(!?)まで完備しかなり俺のツボを
突いた展開
を聴かせてくれるのう・・・!たまらんわい!5曲目はピアノが
聴けるバラード的な終曲。



まだアレンジは向上の余地ありで打ち込みの音もそれなりなんだが
質は高くこのまま活動を続ければ化けそうな素養を秘めているな!
クレジットが無いのだがギターの音が生っぽく誰かが弾いているの
だろうか!?プレイ的にはなかなかメタラーのツボをついたスタイルだな。
4曲目はクサメタラーなら一聴の価値ありのキラーチューンである!
さらにアレンジ能力を磨いた後この方向性でフルアルバム作ってくれたら
Asriel、六弦アリスに匹敵するレベルにのし上がれるかもしれんのう!
今後が楽しみなミュージシャンだ!・・・と思ったんだがどうやら
コンポーズ・・・作曲は外部の人間が行っているらしいな・・・!
その辺がちょいと不安要素かのう・・・。



オフィシャルサイトで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 レーゾンデートル、Witch Hunt







"Olzieglla 〜創世の女神と呪われし勇者〜"




日本の女性Voシンフォニック系ユニットの2ndミニアルバム。


声質の違う女性シンガー2人を擁したSOUND HORIZON直系の
シンフォニックメタルの影響下にあるクサクサファンタジック
サウンド
を展開する期待のプロジェクトによる2作目の
アルバム
である!今回は特にファンタジックな世界観
濃くなっており前作にあったMALICE MIZER的ゴシック要素
減退しその分リリカルで叙情的なファンタジー色
満載である!メタルチューンの速弾きギター
バンバン目立っているぞ!

1曲目はチェンバロの音色と女性ヴォーカルで始まり
ストリングスシンセ、バンドサウンドが登場し
SOUND HORIZON色濃いファンタジックなHR/HMとなる!
ソロこそ短いもののギターはオブリで結構ピロピロと
ネオクラシカルな速弾きを披露
しておりヴォーカルは
声質の違うツインVoとなっている。2曲目はヴォーカル、
神秘的なシンセで幕を開けピアノ、ストリングスが聴け
どこか民謡的な雰囲気を醸し出すアレンジとなる。
パーカッションも鳴り1曲目のようなメタル要素は無いが
ヴォーカルメロディーはやはりクサい!3曲目はどこか
ダークな印象を感じさせるもヴォーカルはジャパニメーション
直系
の声質でカン高い歌唱を響かせ個人的には好きに
なれないタイプ
だが(爆)稚拙さは無くよく歌えているな。
曲調はアンビエント系だ。4曲目は早速クッサイピアノ
幕を開けミドル、スローテンポだがバンドサウンドも登場!
ブリッジではピコピコしたシンセも顔を出しピロピロギター
切り込み疾走はしないが非常にクサいサビメロが聴けるぞ!
曲調的にこれで疾走してればかなりのキラーだったろうに・・・!
ヴァイオリン、ピアノソロも聴けバックのドラムは手数多く
そして短いながらプログレ的なインストパートに突入!
5曲目はクワイアでは無いがそういった質感を持つコーラスに
始まりアップテンポとなるシンフォニッククサメタル色濃い
スタイルの曲
でシンセも舞いチェンバロのキラキラした
フレーズからかなりの速弾きを披露するネオクラシカルな
ギターソロ、
ピアノソロと繋がるインストパートも聴き所だ!
そしてなぜかメロデス系のハモリリフで幕を降ろす。
6曲目はピアノ、ストリングスが聴けるツインVoが生きた
ファンタジックでリリカルなバラード。壮大さを演出する後半が良いな。
7曲目もピアノ、ストリングス、笛の音が聴けるインストの終曲。


まだ音は軽いがチープさは減退、前作よりも確実に
クオリティーアップした印象がありギターなんかも
まるでイングヴェイの如くピロピロとネオクラフレーズを
ソロやオブリで弾き倒しており、前作にもそういった要素を
持つ曲はあったが今回はそれが増えておりメタラーには
ありがたい方向性
に進んでくれたと言えるだろう!
だが前作で微かにあったMALICE MIZER的なゴシカルさは
無くなっており
ゴサーがどう感じるかは判らんのう・・・!
メタル、民謡、アンビエント、バラードと様々な楽曲が
詰まっており捨て曲も少ない実に良質のアルバムに
仕上がっている
と言えよう!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 神殺しの娘、フラグメント、
邂逅の階、オルツェグラの系譜







もどる


inserted by FC2 system