KERION







"Holy Creatures Quest"




フランス出身の女性Voを擁するシンフォニックメタルバンドの1stアルバム。


FAILYLANDのメンバーが在籍する事で知られるフランス産フィメールシンフォニックメタル
1stアルバムで、クサメタラーの間でもそのクサメロが評判となった経歴のある1枚である!
音楽的にはまさにFAILYLANDそのままとは言わないまでもフワフワしたソフトな質感を持った
シンフォニックなシンセ
が大々的に取り入れられ非ソプラノのあまり上手くない女性Vo
クサさを持ったメロディーを歌うゴシカルさの無いファンタジック系フィメールシンフォメタル
意外とそこまで疾走しているわけではなくアップテンポ止まりミドルテンポの曲もあるぞ。

パーカッシヴなドラム、ストリングスシンセ、コーラスのような音色で始まるイントロの
1曲目に続く2曲目はそのままバンドサウンドが切り込みFAILYLANDに通じるフワフワした
質感
を持ったアップテンポのシンフォニックメタルとなりクラシカルなギターから
女性ヴォーカルが登場、どちらかと言ったらポップス系の声質上手くは無いがソフトさが
音楽性にマッチしておりメロディーはクサくサビはクワイアと言うほどではないがそれっぽい
コーラスも登場しさらにクサさを増すぞ!ギターソロになるとテンポが上がりネオクラ系の
クサいフレーズ
を聴かせてくれるのう・・・!3曲目はアコギ、尺八のような音色がどこか
オリエンテッドな質感を醸し出しストリングスが盛り上がりを見せるまたしても繋ぎの
インスト
で4曲目はそのままバンドサウンドが登場、シンフォさを持ちつつもどこか
落ち着きを見せたミドルテンポのアレンジ
でギターがスウィープを放り込みヴォーカルは
低音であんま上手くは無いがミステリアスさを出しているな。中盤でストリングスのソロ
聴けピアノもバックで流麗に舞い後半ではオルガン、ハープも聴けるぞ。5曲目はいきなりの
野郎シンガロングからギターがクラシカルなフレーズを弾き疾走開始!ここに来て
ようやくのメロスピ的なファストチューンとなりオーケストレーション、ヴァイオリンも良く
サビでは野郎クワイアも盛り上がりを見せその後はアコギ、ストリングスが叙情性を演出しどこか
民謡的なメロディーを披露、ギターフレーズはRHAPSODY OF FIREっぽい箇所もありつつ
クサいメロを弾くぞ!6曲目はピアノ、アコギが牧歌的なムードを醸し出しバンドサウンドが登場、
リードギターが哀愁あるメロディーを弾きウィスパー気味のヴォーカルが顔を出しやはり
疾走はせずミドルテンポで展開、ギターソロはいかにもな民謡フレーズでクサさを放ち
やはりラプソ等に通じる要素があるのう・・・!その後のクワイア系コーラスもまたクサく
そしてシンセとギターが入り混じるパートに突入、この辺のフレーズ、展開は全体的に
クサく
たまらんなぁ・・・!7曲目は低音のピアノ、加工されたシンセのようなギターが怪しさを放つ
アトモスフェリックな質感を持った曲でアコギやオルガンも聴け途中でようやく普通の
バンドサウンドが登場、
ピアノに怪しいシンセが乗りこれまたミドル、スローテンポで淡々と展開するぞ。
8曲目はアコギ、うねるシンセで始まりギターリフがワイルドなノリを見せメロディアスなフレーズを
弾くリードギターも登場、ヴォーカルはミステリアスさのあるメロを歌いパーカッシヴなドラム
印象的な、どこか重厚な質感を持ったパッとしないミドル曲だがサビになるといきなり
男クワイアと共に疾走しクサさを放ち始めるぞ!9曲目はホーン系の音色、
オルガンが大仰さを演出、
ストリングスリフにギターも登場し珍しいアップテンポとなるぞ!
サビはクワイア系コーラスでやはりクサくメロディーセンスは良いものがあるのう・・・!インストパートは
アコギやシンセがドラマティックさを出しギターソロになるとさらに疾走するぞ!10曲目はピアノ、笛、
ホーン等のオーケストレーションが叙情的かつ大仰さを演出するシンフォニックなバラードでストリングスから
バンドサウンドも登場、ギターのバッキングはアコギで終始メロウな空気が漂っておりもうちょいヴォーカルが
上手ければなぁ・・・!
泣きのギターは良いのう!11曲目はチャーチオルガンが重厚なシリアスさを出すも
ベースラインはなぜかダンサブルなノリでガックリとなるがその後クラシカルなギターと共に疾走!
勢いある男Voも登場し男女ツインVoの様相を醸し出しメロディーやバックのアレンジ等
終始クサさが漂っており良いのう・・・!ギターソロがまたクラシカルでクサいぞ!
12曲目はヴォーカルのアカペラが印象的な繋ぎで続く13曲目は10分を越す大作となっており
オーケストレーションが大仰さを演出、その後はアコギ、ヴァイオリンが中東的なエキゾチックムード
醸し出しそしてバンドサウンドも登場、部分的にアップテンポになりつつ基本はどこか淡々としたノリ
コーラスはやはりクサく聴き所で中盤ソプラノ系のスキャットも顔を出しギターソロは
スウィープでネオクラ要素を醸し出しその後ピアノも登場、ギターとユニゾンしクラシカルな
雰囲気
を放ちその後はシンセとギターのバトルテクニカルな部分も垣間見れアコギ、ヴァイオリン、
シンセによるクワイア系コーラスも聴け妙に充実したインストパートが堪能できるぞ!14曲目はアコギと
ヴォーカルによる叙情的なアレンジで2曲目のメロディーが聴けるアコースティックな曲。


FAILYLANDに通じるフワフワしたオーケストレーション系シンセが盛り上がりを見せつつも
どこか淡々とした印象のシンフォニックメタルであまり疾走しておらず煮え切らない
ミドル、スロー曲も多く
ポテンシャルは感じさせるも本作の時点ではまだ甘さを隠しきれていないのう・・・!
ヴォーカルもまだまだ未熟さを残しているがそれでもメロディー、アレンジは良く非疾走チューンでも
聴かせてくれる曲はあり今後への期待は十分に持てるだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 The last quest part II、Warrior's call、Golem's battle、
Minotaurus furor







"The Origins"




フランス出身の女性Voを擁するシンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


FAILYLANDのメンバーが在籍しクサメタラーの間で話題となった
フランス産女性Voシンフォニックメタル
の2作目のアルバムである!前作は光る箇所はあれど
ミドル、スロー曲が多くまだ荒削りな部分が目立っていたが本作はプロダクション、演奏、ヴォーカル、
楽曲等全体的にクオリティーが向上しており疾走に頼らない部分は相変わらずながらさらに
クサメタラーにアピールできる仕上がりになったと言えよう!ちなみに今回はゲスト扱いだが
FAIRYLANDのヴォーカルであるPhil Giordanaが本格的に参加しており男女ツインVoと見なしてもいいだろうな。

1曲目はオーケストレーション、クワイアが盛り上がりを見せバンドサウンドも聴けるイントロで
続く2曲目はフィメールスキャットに電子音シンセが聴けストリングスとデジタルサウンドが
混ざり合った
ような疾走チューンで男Voも普通に顔を出しサビはクワイア寄りのコーラスである!
RHAPSODY OF FIREライクな民謡的フレーズに始まりスウィープを聴かせるギターソロもクサいのう・・・!
3曲目は鐘っぽい音にストリングス、チェンバロが様式美的なクサさを放ちハイトーンVoと共に
バンドサウンドも聴けミドル〜アップテンポで展開、やはり全体的にクラシカルなムードが漂い
サビのクワイアはやはりクサいぞ!中盤でちょいとうねる電子音シンセも登場するが当然ながら
曲調はまっとうなシンフォクサメタルでギターソロのメロディーがまたベタなクサさを発揮しており
たまらんのう・・・!後半の笛の音、ピアノもまた良いな。4曲目は酒場SE、ピアノが場末感
出した後勇壮なギター、ストリングスが盛り上がりその後はメロウなピアノ、淡々としたアレンジになる
バラード風のムードを持った曲になりサビのクワイアはこれまたRHAPSODY的でクサいがその後の
リズムは一瞬プログレ風の複雑さを見せインストパートではアコギも登場するぞ。5曲目はノイジーな
ギター
インダストリアルな空気を出しつつもストリングスリフ、ホーン等のオーケストレーションが
デジタル要素以上に目立ち
スローテンポだが様式美クサメタラーも安心の大仰なシンフォメタルとなるぞ。
その後はアコギが聴けバンドサウンドも顔を出し2分半を過ぎてようやくヴォーカルが登場、
ミドルテンポで展開する
もサビはポジティヴでクサいクワイアと共に疾走する!ギターソロは
メロディー主体で盛り上がりその後はピアノ、電子音からストリングスが劇的さを出しギターと
絡み合い展開もなかなかに練られているのう・・・!ラストは再び疾走だ!そのまま繋がる6曲目は
アコギが聴けるメロウなバラードで途中からバンドサウンドも登場、中盤のアコギソロのメロディーが実に
クサくメランコリック
で良いな・・・!その後曲調が変わりまだ続いていくのはちょいと冗長か!?
7曲目は早速のクラシカルでクサいギター、ストリングスが盛り上がるアップテンポ曲でチェンバロ
登場し爆走こそしないがバラードの後はキラーチューンという往年のクサメタルマナーをしかと守った
展開が嬉しくなるのう!(爆)ギターフレーズがいちいちクサくサビはクワイアがポジティヴ系
キャッチークサメロ
を放つこのお約束っぷりもたまらんわい!ギターソロもクサくその後の
チェンバロ、ストリングスがまた良いな!ラストのギターがまたかなりのクサさを持っているぞ!
8曲目は獣のSEからアコギが登場、ストリングス、パーカッシヴなドラムも聴けシンフォさを出し
笛の音が叙情性を演出、そしてシンセ、バンドサウンドが登場し爆走はしないがアップテンポとなり
デスVo
が顔を出し女性Voと交互に聴かせるもゴシカルさは無くノーマルなシンフォメタルの要素が強く
疾走するパートもあるぞ!中盤はアコギが聴ける穏やかなアレンジになりメロウさを醸し出し
インストパートがやはり充実しておるのう!スウィープはまんまラプソな色合いがあるが
それはご愛嬌だ(笑)。9曲目はこれまたアコギ、ピアノが叙情的なバラード曲。ストリングスが
盛り上がりを見せるバンドサウンドの無いシンフォニックなアレンジだな。10曲目はノイジーなシンセと共に
正統派メタルライクなギターリフ、ストリングス、タッピングも登場し勢いの良さが見えそうになるも
やはりミドルテンポで落ち着く曲になるぞ(笑)。サビはやはりラプソ臭満々のクワイアがクサい盛り上がりを見せ
アップテンポになりメロディー重視のギターソロでも疾走する!11曲目はギターリフにストリングス、
チェンバロ、ホーンが大仰な盛り上がりを見せクラシカルなギターと共にアップテンポとなりピアノ、アコギも
顔を覗かせ緊迫感ある展開を見せるぞ!ヴォーカルが入ると穏やかになるがアレンジ、展開は非常に劇的
ギターのメロディーはやはりクサく中盤辺りのクワイアもまた良いな。その後のギターソロでテンポアップし
クラシカルでクサいメロディー
を聴かせストリングスとユニゾンしテクニカルな部分も垣間見せるか!?
その後はオルガンにホーン、ストリングスが顔を出しやはりドラマティックな展開が印象的でいかにも
大作らしいムードがあるのう・・・!ラストのストリングスがまたクサいぞ!


方向性は前作と変わらず疾走に頼らないしなやかでフワフワしたソフトさを持った女性Vo時々
男女ツインVo
のゴシック要素の無いファンタジックでクラシカルなシンフォニックメタル
聴かせてくれるが全体的なクオリティーが底上げされ前作にあった未熟さ、甘さが鳴りを潜め
パワーアップしている
のが見て取れるのう・・・!どこか民謡的な空気を持ったRHAPSODYライクな
クサいクワイア入りのサビ
も堂に入った感がありクサメタラーを喜ばせよう!ギターソロや
チェンバロ、ストリングスが次々とクサく展開するインストパートの充実もまた大きな武器である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Time Of Fantasy、Black Fate、Dark Isle、
Face Of The Beast、Resurrection、Requiem Of The Black Rose







"CloudRiders Part 1: Road To SkyCity"




フランス出身の女性Voシンフォニックメタルバンドの3rdアルバム。


FAILYLANDのメンバーによって結成され過去作2枚がクサメタラーの間で評判を呼んだ
女性ヴォーカルモノのシンフォニックメタルバンド
による通算3作目のアルバムである!
方向性は過去2作の延長線上にあるファンタジックな牧歌的ムードを持ったフィメールVoの
シンフォニックメタル
で、今回何とゲストシンガーを多々呼び合計40人による分厚い
クワイア
を実現させておりスケール感は過去最高峰となっておる!

1曲目はいかにもファンタジックなオーケストレーションバンドサウンド、
さらにクワイアが聴けるスリリングなイントロ
で、続く2曲目は牧歌的な笛
幕を開けるやはりファンタジー要素が相当に強いシンフォニックメタル
RHAPSODYFAILYLANDに近いが疾走はせずミドルテンポAメロのリズム等どこか
風変わりな部分もあるのう・・・!サビは分厚いクワイアが聴けソロパートは
テンポアップ
笛が舞いつつどこかプログレッシヴな側面もあるか!?3曲目はこれまた
RHAPSODYライクな雰囲気を持ったフレーズが聴けるもAメロのバックのシンセが
デジタル系
なのがイマドキっぽいな。ギターソロはクサさ漂うネオクラシカル系
フレーズ
チェンバロ系シンセも絡みやはりRHAPSODY風だな。4曲目はどこか
怪し気なムードを漂わせておりデジタル音複雑そうなリズムも登場、
デスVo未満の男Voも顔を出し男女ツインVoとなりサビはクワイアも聴け
B級メタルらしいクサさを放ち、ギターソロがまた垢抜けなさを残した
クサクサネオクラフレーズを披露しておる!(爆)
5曲目はアコギと女性Vo
牧歌的なムードを漂わせる民謡っぽいバラードで笛も顔を出しヴァイオリンの
フレーズ
もまたクサいな。中盤のハモリギターソロも良いのう・・・!6曲目はかつて
RHAPSODYであったようなクワイアクラシカルなギターが登場、女性Voと
シャウト系の男Vo
が顔を出し爆走こそしないが部分的に速いテンポエピックなムードを放ち
ギターソロは結構プログレッシヴなテクニカルさを見せておる!7曲目は儀式的な空気を
醸し出す怪し気なイントロ
から土着的な部族ムードを漂わせる音作りを見せる未開の
ジャングルの先住民風メタル
である(爆)。8曲目は実に派手な出だしが期待を煽るもAメロは
意外と淡々とした感じ
でリズムはノリの良さを見せ男女ツインVoで展開、サビは当然のように
大仰なクワイアが分厚さを見せ実にクサいぞ!9曲目はピアノと女性Voが美しい
シンプルながらもメロウなバラード
で、10曲目はソプラノとチェンバロで幕を開けオルガンや
オーケストレーション
も登場、シリアスな重厚さを演出しバンドサウンド、リフも
力強い感じ
で途中テンポアップする箇所はあれど基本はミドル、スローテンポである。
ソロパートはドラマティックかつテクニカルなプログレ要素も見せ疾走もするぞ!
11曲目はアコギとクワイア系コーラス叙情性を演出する短い曲で続く12曲目は
大仰なホーン系オーケストレーションバンドサウンドが絡みアップテンポで
ノリの良さも見せつつクワイアも実に分厚くどこかヴァイキング的と言うか
パイレーツライクなムードもあるか!?後半はノリが変わり暑苦しい男Voがパワフルに
歌い上げ
ラスト付近のギターソロがまたクサい!13曲目は妙にポジティヴで明るい
大仰なホーン、ストリングス系オーケストレーション
が聴けるアウトロ的なインスト。
そして日本盤ボーナスの14曲目はメロパワ的なムードを放つリフで幕を開け何と日本語で歌い
妙にエキゾチックなムードを醸し出し疾走するこっ恥ずかしくもクサい隠れキラーチューンだ!(爆)
まるで演歌のようなメロディー、歌詞が魅力か!?


FAILYLANDのメンバーが在籍しているだけあって音楽性は相当近く、またRHAPSODYライクな
要素
も目立っており牧歌的な民謡要素ファンタジックさを内包した大仰かつ壮麗な
シンフォニックメタル
となっているが意外と疾走はせずミドルテンポの曲が大半を
占めており、
また全体的に良くも悪くもB級っぽさを漂わせているのも特徴だろう・・・!
どうにも垢抜けないダサさを漂わせたメロディー、エセ様式美ネオクラギターソロ等
マニアッククサメタラーにはたまらんバンド
だがやはりこういう音楽性ならもっと
メロスピらしく疾走してもらいたかったなぁ・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Everlasting Flight  Bounty Hunter  Fireblast
Never More  The Fall Of SkyCity Part 2  A New Day







もどる


inserted by FC2 system