Kalafina







"Seventh Heaven"




日本のシンフォニック民謡ヒーリングプロジェクトの1stアルバム。


FictionJunction等でクサメタラープログレッシャー
評価を集めるコンポーザー、梶浦由記によるプロジェクトで、音楽的には
得意の民謡的なクサメロを持ちつつもイージーリスニングというか、
アトモスフェリックな空間処理を施したシンセ、デジタル音
多用した打ち込み系のスタイルで、こう書くとFictionJunctionと
どう違うのか判らん
が何というか華やかな雰囲気を持ったあっちと比べて
どこかシリアスな空気を放っているのがこっちだと言えるかも知れん。
民謡要素を持ちつつ全体的にアンビエント系のアレンジが施されているのが
特徴だろうな・・・。ヴォーカルは女性で数人いるが皆なかなかに
しっかりした歌唱力
を持っており稚拙さは皆無である。

アトモスフェリックなハープ、スキャットが聴ける神秘的なイントロ
続く2曲目はそのまま雰囲気を引き継ぐもすぐに電子音が顔を出し
打ち込みリズムでアップテンポになりデジタル要素を出しつつも
ヴォーカルメロディーはどこか和の雰囲気を感じさせキャッチーで
なおかつクサいぞ!
3曲目もデジタルライクな音作りでギターも聴けるが
メタルではなくワウをかましノイジーさを演出する使い方で、曲調は
ダンサブルでピコピコしたシンセも聴こえるがメロディーはやはり
キャッチーでサビはエキゾチックな中東的雰囲気を放ちアップテンポ
なるぞ!ヴァイオリンソロも登場する!4曲目はパーカッション、笛
日本人の琴線に触れる民謡メロを披露しヴォーカルメロディーが
またクサくたまらんのう・・・!アコギソロも聴けBLACKMORE'S NIGHTを
日本語詩にした
ような印象の曲だな。5曲目はファンタジックな
スキャットコーラス
で幕を開けチェロ、ストリングスも登場、これまた
強烈にノスタルジックで叙情的なクサメロが登場し日本人の琴線を
激しく掻き毟るぞ!盛り上がるパートの破壊力は凄まじくこれにグッと来ない
クサメタラーが果たしているのだろうか
とか思ってしまうほどに
ドラマティックなクサメロを持っている!6曲目はアトモスフェリックな
デジタル音
クサいコーラスが聴けストリングスも登場、やはりサビが・・・
いやそれ以外のメロディーもクサすぎる!途中からデジタルリズムになり
テンポアップしギターソロも聴け民謡クサさを出しつつタッピング
披露されるぞ。7曲目はベースに始まりインダストリアル系の
バンドサウンド
も登場!電子音要素が強くもMARILYN MANSON等に
通じる雰囲気を出しそしてメロディーは中東系のエキゾチックさ
演出しフィメールクワイア系コーラスもクサさを演出するぞ!中盤のチェロも良いな。
8曲目はアトモスフェリックなシンセ、ストリングス、クサすぎる
ヴォーカル
優雅さを演出するシンフォニックな印象を
持った曲
だ!ヴォーカルの声質もあってSOUND HORIZONに通じる
空気を感じさせるのう・・・!ピアノパートのクサさも特筆すべきじゃろうて・・・!
9曲目はいかにも梶浦由記な儀式的コーラスで始まり強烈な民謡要素を演出、
パーカッション主体の牧歌的なスタイルだがあくまでもメロディー重視
同じ民族要素でもSEPULTURA、SOULFLY等とは明らかに異なるスタイルじゃのう・・・!
10曲目はデジタルリズム、デリデリしたギターのカッティングにこれまた
明るい民謡コーラスが乗るアップテンポ曲でダンス要素が濃くもヴォーカルメロディーは
シリアス
で曲調に反し浮いている感がありサビはやはり異様なまでに
キャッチーでフックあるメロディー
である!ただクサメタラー等が普段
耳にしている崇高なヨーロピアンテイスト(?)は無くJ-POPに近い下世話な
大量消費系メロディー
ではあるが・・・(爆)。11曲目はオルゴールにどこか和の雰囲気
感じさせるヴォーカルが聴けアコギも顔を出すメランコリックな叙情バラード。
サビは壮大に盛り上がりクサさを演出する!後半では笛のソロも聴けるぞ。
12曲目は珍しいポップな雰囲気を持った曲だがバックのストリングスはやはり
崇高な壮大さ
がありただのポップスに堕さない辺りは流石と言った所だろうか・・・!
リズムは打ち込みだがギターも聴けアップテンポで軽快に展開するぞ。
コーラスも曲調にそぐわないクワイア系でそこが良い(笑)。13曲目は
メロウなピアノが聴ける物静かなシンプルなバラードだがサビはチェロも聴け
少ない音数で壮大に、重厚に盛り上がりメロディーは言うまでも無く良いな。
サビ後は打ち込みリズム、ギターも顔を出しアトモスフェリックな質感になる。
14曲目もメロウで大人しい子守唄のようなバラードでやはりサビは盛り上がりを見せるぞ!


全体的にどこかNeo Classica ASCendantに近い雰囲気を持っているが
あっちがニューウェイヴ要素重視で意図的にキャッチーさを
廃している
のに対しこっちは非常にクサいフックあるメロディーが
惜しみなく聴ける
のが特徴である!それにしても美メロ、劇メロ、
クサメロの雨あられ
じゃのう!どこを切っても日本人の琴線に触れる
キャッチー極まるメロディー
がこれでもかというほど聴けるぞ!
流石は日本・・・いや世界屈指のクサメロ職人梶浦由記である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部







"Red Moon"




日本のシンフォニック民謡ヒーリングプロジェクトの2ndアルバム。


世界トップクラスのクサメロコンポーザー、梶浦由記率いる劇的クサクサ
アンビエント民謡プロジェクト
の2作目のフルアルバムで、本作も
例に漏れず強烈極まる叙情キャッチークサメロてんこもりで
クサメタラー及び叙情派プログレッシャーの琴線を激しくトレモロしまくる
充実の内容
となっているぞ!

1曲目はストリングスとコーラス、シンセがアトモスフェリック
雰囲気を演出しヴォーカルは何とも叙情的なクサメロを歌いドラマティックに
盛り上がりギターも登場しシンフォニックメタルに通じる空気を演出する!
フィメールクワイア、ストリングスがまた強烈にクサいのう・・・!2曲目は早速民謡的な
クサメロ
を聴かせる笛、アコギが登場する牧歌的な曲でサビはギターも登場し多少の
ロック要素も感じさせるがやはり民謡クサさが肝だな。BLACKMORE'S NIGHTに
近い曲調
だと言え笛のソロやそれに続くヴォーカルのバックで聴ける
泣きのギターはいかにもプログレ系じゃのう・・・!3曲目はシタールの音色が
聴けストリングスのフレーズはいかにも中東、アラビアン系で何とも怪しい
エキゾチックな空気
を演出しギターのカッティングもバックで聴けるぞ。
4曲目はうねるノイジーな電子音、打ち込みリズムインダストリアルな
質感
を見せるもヴォーカルはエキゾチックなメロディーを歌いサビはギターリフも
登場しアニソン系のキャッチーなメロディーを聴かせてくれる!神秘的な
コーラスワーク
は梶浦由記の専売特許だ!ギターソロはメタル的なプレイ
披露するぞ!5曲目はピアノが叙情的なバラード曲でヴォーカルも浪々と歌い上げ
なかなかに上手い
な。ストリングスも挿入され壮麗な盛り上がりを見せ
やはりクサいのう・・・!6曲目はデジタル音、打ち込みリズム
メタリックなギターリフがアグレッシヴさを出しつつアトモスフェリックな空気も
身に纏ったアップテンポ曲でやはり神秘的な雰囲気が濃くピコピコしたシンセ
目立つがサビはコーラスが壮麗に盛り上がり崇高さを演出する!
7曲目はエキゾチックなストリングスがシンフォニックに盛り上がりTHERIONに通じる
要素を感じさせる重厚さを持った曲。中盤で本格的なソプラノも登場しシンガーの
高い歌唱力を見せ付けるかのようだ・・・!8曲目は尺八(?)が和の空気を放ち
デジタル音が重厚さ
を出すシリアスな曲。ヴォーカルメロディーは一貫して
実にキャッチーである!
ラストのバックでオブリを連発する笛はいかにも
プログレだな(笑)。9曲目は久々に民謡的な空気を持ったクサメロが聴ける曲で
霜月はるか辺りを思わせるポップ&キャッチーな民謡フレイバーが全開になり
笛の音色、コーラスもたまらんのう・・・!(笑)10曲目は加工ヴォーカル
メランコリックさを演出する短い繋ぎのバラード曲で続く11曲目は
アトモスフェリックな電子音、ギターに始まり打ち込みの機械的なリズム、
ヴァイオリン
が登場しアップテンポでキャッチーに展開するインダストリアルながらも
ポップさを持った曲。サビはいかにもアニソン系である!ヴァイオリンソロ、
フィメールコーラスは実にクサくさらにギターソロも聴けるぞ!
12曲目はこれまたアトモスフェリックな空気を感じさせる穏やかなスロー曲
ヴァイオリン、コーラス、ギターのカッティングにシンセで構成されヴォーカルはやはりキャッチーだな。
サビは壮麗なコーラスで盛り上がりヴァイオリンのオブリも実にクサく後半は
クワイア、オーケストレーションシンフォニックゴシックの空気を放つぞ!
13曲目はピアノ、穏やかなピコピコシンセ、アトモスフェリックな
打ち込みリズム
ヒーリング、アンビエント系の空気を演出するスローバラード。
笛のソロ
はやはりプログレ系じゃのう(笑)。


まさしく和製BLACKMORE'S NIGHTと呼ぶに相応しい民謡クサメロサウンド
満載で前作と比べてギターが目立ち多少はロック要素も濃くなっており
そのためかプログレに通じる雰囲気も濃くプログレッシャーは前作以上に
楽しめそう
だな。トレードマークといえる強烈極まるクサメロ
勿論健在なのでクサメタラーも前作同様ガッツポーズの出来である!
ただ全体的に中東、エキゾチックな要素を持った曲が増えた感があり個人的には
クラシカルさ民謡クサさのほうがグッとくるためちょいと好みからズレた感はあるが
ここまでハイレベルなメロディーセンス、アレンジ能力を持つ梶浦由記には
いつの日か是非とも本格的なメタルアルバムを出して欲しいと思うのは
俺だけじゃないはずだ(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 red moon、光の旋律、Kyrie、星の謡、
storia、progressive







もどる


inserted by FC2 system