KUBLAI KHAN







"New Strength"




テキサス出身のメタルコアバンドによる2ndアルバム。


2016年に来日公演を行った経験もある、テキサス出身のメタルコアバンドによる
通産2作目のアルバムで、音楽的には所謂モッシュコアとされる、超ゴリゴリで
重苦しくマッチョなタフネス、タフガイっぷり
を発揮しまくる、ヘヴィグルーヴ重視の
ハードコアをヘヴィにした
ような怒涛の男臭さを見せるメタルコアで、
グロウルも一本調子だがハードコアに近い吐き捨てとなっており、イマドキっぽい
チャラさ、キャッチーさ
は微塵も無く、NOシンセ、NOクリーンVoでとにかく硬派な
ストロングさ
を放っており、メロディアスさも無いんだが近代ポストハードコアの
軽薄さに辟易しているリスナー
にとっては実に嬉しいバンドだな・・・!

1曲目から早速タフで無骨なヘヴィグルーヴを放ち、2曲目もまたゴリゴリにヘヴィで
マッチョイズム
溢れるグルーヴィーなハードコア寄りで、部分的にだが疾走感もあり
3曲目もグルーヴィーかつ疾走パートも登場、クリーンだがシンガロング寄りで
決してメロディーを歌わないVo
も聴けるぞ。4曲目もそこそこ軽快なヘヴィチューンで、
5曲目は退廃的なヘヴィグルーヴを放つスロー曲。6曲目は冒頭から疾走する
ヘヴィなハードコア
と言えそうなファストチューンで、7曲目もヘヴィに疾走しており、
8曲目はやや情けない感じのシンガロング風Voも聴け、部分的に疾走もする
ヘヴィチューンだ。9曲目も疾走しつつヘヴィグルーヴも見られ、ドラムが手数多い感じで
10曲目はベースが目立ち、軽快さも交えたヘヴィなミドル、スロー曲である。


シンセ、クリーンVoの無い超硬派なハードコア上がりのメタルコアで、その代わり
メロディアスさキャッチーさ、フックも無く、ギターソロも無いんだが、
グルーヴを重視し過ぎるあまり終始スローテンポでダレるバンドも多い
この手のモッシュコアにあって部分的に疾走もしており、どちらかと言ったらハードコアを
ヘヴィにした
ような雰囲気があるだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Dear God  Mistakes  Still Here







もどる


inserted by FC2 system