KOTOKO







"ANIME'S COMPILATION BEST"




日本の女性シンガーのベストアルバム。


メタラープログレッシャーからダンス畑の人間にまで
その名を知られている先進的コンポーズ集団I've
メンバーとして主にジャパニメーション等に楽曲を提供しており、
あのマーティー・フリードマンが楽曲、ギタープレイで
コラボした事で特にメタラーの間で比較的知名度のある
ミュージシャン
だと思われる。声質はいかにもジャパニメーションらしい
スタイルで硬派メタラーには厳しい部分もあれど歌唱力自体は
なかなかのものがあるな。本作はそんなKOTOKO
これまでに提供してきた楽曲を集めたベストアルバムで、
件のマーティーが参加したあの楽曲もしかと収録されているぞ!

ピアノ、電子音で始まりデジタルリズム等トランス系の
アレンジ
が施された1曲目、ストリングスオーケストレーションが
壮麗さを放ち後半ではホーンも聴けるシンフォニックな
バラード
の2曲目、これまたトランス系のシンセが聴ける
ダンサブルなアップテンポの3曲目、歪みは軽いがギターも
登場しロック色も感じられるがやはりリズムは打ち込み
どちらかと言えばポップス寄りの4曲目、ピアノで始まり
媚びた質感のJ-POP化する5曲目と打ち込み主体のポップス
続きそして6曲目がマーティー参加でメタラーも知ってる曲である!
ピアノ、チェンバロがリリカルさを出しストリングスも登場、
引っ込み気味ながらギターも登場しヴォーカルの声質のせいか
甘ったるいバラード寄りのポップスといった塩梅の楽曲で
アコギも僅かに登場しそしてマーティーがプレイするウォーミーで
エモーショナル
アダムタッチばりの手技が冴える泣きのソロ
登場!短いのが勿体無いがラストのサビのバックでも聴けるぞ!
だがまぁ正直楽曲自体は別にマーティーでなくてもいい佳曲だろう・・・(爆))。
7曲目はまた打ち込み色濃いポップスで8曲目はインダストリアル系の
ギターリフ
がイントロで登場し期待させるもその後はただの
明るいポップなダンスミュージックになってしまうなぁ・・・!
一応ギターソロも登場する。9曲目は打ち込みながらも
変態的なリズムが聴け俺等みたいなリスナーを惹き付ける要素を持った
プログレッシヴ打ち込みダンスチューンである!曲調もポップながら
ヴァース、ブリッジからは叙情派プログレの空気が感じられるぞ!
サビは普通のポップスだけど(爆)。10曲目はギターリフ
登場しバンドサウンド寄りになり野郎声も混じったパンキッシュな
シンガロング、ラップ
も登場するがやっぱ媚び系ポップス
個人的に好きになれんわい!ヴォーカルの歌い方もそういった
感じになりますます微妙じゃ・・・!11曲目は基本に立ち返り
トランス系のダンサブルさを持った打ち込みポップス。
ツインリードのギターソロ
も一応顔を出すぞ。


やはり何だかんだでトランス畑のミュージシャンなのか
そういった雰囲気の楽曲が多くリズムは完全にダンサブルな
打ち込み
なのでそういった音が苦手ならまず聴けないだろう・・・。
音楽的にもクサさとか度を越した哀愁とかプログレ要素とか
そういったものは無く基本的に打ち込みで構成されたポップスなので
マーティーが参加しているからと言ってわざわざメタラー、ギターキッズが
聴くほどのものではない
な・・・!アニソンってみんな
クサいのか!?
とか勘違いしているクサメタラー
目を覚まさせるアルバムの一つと言えそうか!?(爆)
I'veはうるさ方も黙らせるクオリティー、コアさがあると
聞いたが本作は正直それほどでもないのう・・・!
アニソンタイアップのベストと言う事で意図的に大衆受けする
ポップス
を集めたのやも知れんな。アニメファン、ナードは基本
音楽に関してもマニアックのはずなんだがねぇ・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 地に還る〜on the Earth〜、
きれいな旋律







もどる


inserted by FC2 system