KOBRA AND THE LOTUS







"Kobra And The Lotus"




カナダ出身の女性シンガーを擁する正統派HM/HRバンドによる1stアルバム。


KISSのジーン・シモンズが立ち上げた新規レーベル、Simmons Recordsから第一弾として
世に姿を現したカナダ産の女性Voバンド
で、メタルコアポストハードコア勢
メインストリームを賑わせている昨今において音楽的には潔いまでに正統派HM/HRしており、
女性シンガーの声質もパワフルさがあり女性らしさを見せつつもチャラさ、軽薄さは皆無!今日本の
メタルシーンを良くも悪くも賑わしている嬢メタルなんざとは一線を画する、たまたま
フロントマンが女性なだけのガチの正統派パワーメタル
である!

1曲目は早速の流麗なギターに始まりパワフルさ溢れる女性Voも登場、ストロングさに
満ちた正統派パワーメタル
らしさを放ち実に硬派じゃのう・・・!ギタープレイがかなり
細かさ
を見せており手数の多いフレージングを弾きこなし、後半はベースを
バックにマイルドさも見せているな。
2曲目はエキゾチックさを漂わせたギターが
聴けるスローチューン
で、中盤ギターが泣きを見せピアノも微かに顔を出すぞ。
3曲目は怪しげなコーラスに始まりギターが細かいフレーズを披露、重厚なムードも
感じさせるのう・・・!
4曲目は勢いのあるリズムリードギターが聴ける無骨な
ミドルテンポ
コーラスと共にテンポアップもするぞ。5曲目は細かくピロピロしつつも
ドラマティックさを持ったギターが聴けベースも目立ちつつアップテンポとなるも、エキゾチックな
色合いのあるヴォーカル
と共に淡々としたムードも放たれるのう・・・!中盤疾走感も見せ始め
ギターソロはエキゾチックなフレーズをハモっているな。6曲目もまたギターがなかなかに劇的さを演出し
軽快なアップテンポ
で展開、ギターソロがまた叙情的で良いな。7曲目はピアノで幕を開け女性Voも顔を出す
バラード
だが、途中からバンドサウンドも登場しヘヴィかつ叙情的なミドル〜スローチューンになるぞ。
後半のリードギターがまた泣いておるのう・・・!8曲目はクリーンギターに始まり重厚さのある
コーラスワーク
も登場、その後はギターがメロディアスミドルテンポの正統派メタルとなるぞ。
9曲目はエキゾチックさ漂う怪しげなメロディーが聴けつつ途中からテンポアップし
ドラマティックさ
を見せておる!10曲目はシンフォニックなシンセウィスパーVoが聴け
壮大さを放つも、その後はまた淡々とした無骨なミドルテンポの正統派メタルになるが
シンセオーケストレーションもバックで顔を出すぞ。


パワフルでハスキーな女性Voがメインを張る正統派パワーメタルなんだが、それ以上に
ギターがやけに目立っておりソロは勿論、手数の多いオブリをそこかしこに放り込んでおり
ある意味ギターが主役と言えそうなバンドである!正統派メタルらしくヴォーカルメロには
そんなにキャッチーさが無く疾走感も無い
んだが、逆にそれが媚びを感じさせない
硬派さ
に繋がっていると言えなくも無いだろうか!?HM/HRと言うよりもメタル風歌謡アニソンJ-POP
表現したほうがしっくり来る嬢メタル今流行りのデジタル要素入りメタルコア、
ポストハードコア
とはまったく異なる、紛れも無くホンマモンの正統派HM/HRバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 50 Shades Of Evil  Heaven's Veins  Calm before The Storm







"High Priestess"




カナダ出身の女性シンガーを擁する正統派HM/HRバンドによる2ndアルバム。


メタルコア、ポストハードコア全盛期において珍しく正統派メタルで勝負する
カナダ産の女性Voをフロントマンに立てるバンドで、本作はレーベルを変えての
通産2作目の最新アルバム
となっており、音楽的には前作で聴けたタフでパワフルな
無骨さ溢れる硬派な正統派HM/HR
を踏襲、女性Voのパワフルさも然る事ながら本作も
手数の多いピロピロギターが随所で自己主張しているぞ!

1曲目は早速の細かいギターワイルドさを放ちアップテンポで展開、疾走感も見られ
メカニカルな印象もありつつ短いがギターソロピロピロしたシュレッドである。
2曲目は正統派らしさの中にヘヴィな無骨さを内包、これまたリズムは軽快さがあり
ワイルドな印象
もあるぞ。ギターソロはまた細かいピロピロを披露しているな・・・!3曲目は珍しく
泣きのギター、ピアノが叙情的なムード
を演出、その後は勢い良く疾走ピロピロギターも登場するぞ!
4曲目はマイルドさと同時に退廃的な空気を醸し出すギターが聴け今風の気だるさを見せるが、
アップテンポ部分もありサビのコーラスは分厚めだな・・・!5曲目はパワフルさを見せ付ける
アップテンポチューンで、部分的にエキゾチックなフレイバーを内包しているのが特徴か!?ギターソロも
中東ムードがありドラマティックさも見られるぞ!6曲目はSEに始まりこれまた正統派らしさを
見せつつ疾走!
ギターソロが何気に構築されているのも好印象だな・・・!7曲目は無骨なヘヴィさを放ち
緊迫感を演出、これまたどこか中東ライクなエキゾチックさを醸し出しており、その後テンポアップし
バックでピロピロギターも聴けるぞ。8曲目は怪しげなイントロからどこかメロハー風の空気を感じさせる
淡々とした曲調になり、珍しく憂いあるキャッチーさを見せているのう・・・!9曲目は叩き付ける様なリズムが
パワフルさを放つアップテンポの正統派メタル
で、サビのバックで聴けるリードギターが印象的か!?
10曲目は叙情的なクリーンギターに始まりアコギ、女性Voが聴けるバラードとなるも、その後は
バンドサウンドが登場しスローテンポで退廃的なメロウさを醸し出すのう・・・!


メロディーにフック、キャッチーさが無いのは前作同様だが、タルめのミドル、スロー曲が
目立っていた前作
と比べるとパワフルなアップテンポ曲が格段に増えており、疾走チューンも
そこそこ収録されており
ダレが消滅、パワーメタルとしてレベルアップした印象があるだろうか!?
プロダクションも前作と比べて良くなっておりステップアップを感じさせてくれるな。
あとはメロディーにもっとキャッチーさがあればなお良いのだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Heartbeat  High Priestess  Soldier







もどる


inserted by FC2 system