KETHA







"0 Hours Starlight"




ポーランド出身のエクスペリメンタル/アヴァンギャルドメタルバンドによる3rdアルバム。


デス、ブラックメタル大国ポーランドで2002年に結成されたバンドで、
THE DILLINGER ESCAPE PLAN、KING CRIMSON、SHINING等に
影響を受けたらしいアヴァンギャルド系のようで、本作は通産3作目の
フルアルバム
となっている。音楽的には上記の影響元バンドに通じる
エクスペリメンタルアヴァンギャルドな怪しさ、胡散臭さがかなり強く、
基本はドゥーミーでスラッジなヘヴィさが目立つ感じで、そこまで粗雑
感じでは無いが硬質なメタリックさよりかはやはり野暮な印象があり、
そこに低音で呟くようなVoが乗り、基本的には雰囲気モノだろうな・・・!

1曲目は潰れたようなベースに始まりスラッジ的なヘヴィさ、怪しさ、
胡散臭さ
を醸し出すグルーヴィーで気だるい曲となり、呟く様なVoに加え
途中でサックスも登場、2曲目も怪しくドゥーミーだが、エキゾチックな
叙情メロディー
を奏でる泣きのギターも聴けるぞ。3曲目もまた怪しく粗暴な
ヘヴィさ、ドゥーミーさ
が目立ち、アンサンブルはプログレメタル寄り胡散臭い
コーラス
も顔を出すのう・・・!4曲目はノイジーなギター浮遊感を演出するインスト。
5曲目は再び怪しくドゥーミーなヘヴィさが見られ、6曲目も同様に不穏で退廃的かつ
プログレメタル寄りのアンサンブルが聴けるスロー曲で、相当に胡散臭いVoが目立ち
ギターソロも登場、7曲目は本作としてはそこそこ勢いがありつつもやはり基本は怪しく、
焦燥感があるな・・・!8曲目は粗雑なラフさがスラッジ感を漂わせるスロー曲だ。


アヴァンギャルド、カオティック系ではあるが、THE DILLINGER ESCAPE PLANのような
滅茶苦茶なアグレッション、勢いは皆無、終始スローテンポでドゥーミーで
スラッジ的な怪しさ、胡散臭さ
を演出し、そこにエクスペリメンタル系
雰囲気モノ的な空気を醸し出す、気だるく退廃的でグルーヴィーなサウンドなんで
かなりリスナーを選ぶだろうな・・・!キャッチーさ、判り易さ皆無で売れる気が
微塵も無い
のは評価出来るだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Firebird







もどる


inserted by FC2 system