KENAI







"HAIL THE ESCAPIST"




イギリス出身のスクリーモバンドによる1stアルバム。


デビュー作となったシングルで話題になりスクリーモ、メタルコアの新世代バンドとして
登場したようで、自らポップ・メタルと名乗りシンセサウンド、エレクトロ要素
取り入れたキャッチーなスクリーモをプレイしておる!クリーンVo主体で
バンドサウンドもメタル寄りではあるがそこまで重々しいへヴィさは無く
やはり基本的なラインはスクリーモで、プロダクションは軽くヴォーカルも味はあるが
線は細く
絶叫シャウトもやはり弱めだがギターはソロらしいソロこそ
無い
ものの随所で細かいオブリを披露しドラムともども手数は多めである!

1曲目は早速メタルコアというかスクリーモライクな細かいギターフレーズ
幕を開けクリーンVoが登場、シンセがバックでスペイシーさを出しており
2曲目はそれがさらに前面に押し出され電子音によるエレクトロ系のアレンジ
顔を出すぞ!絶叫はやはり弱弱しくそこら辺がまだまだ若い部分じゃのう・・・。
3曲目もシンセがバックで聴けるスクリーモでサビのコーラス、シンガロング
ライヴで盛り上がりそうだが全体的に湿った叙情性を感じさせる辺りはやはり
エモだな。4曲目はピアノが聴けちょいと明るい印象を持たせたポップな
ミドル曲
で5曲目は同じようにピアノがバックで冷たさを出しドラムの手数が多い
スクリーモチューンだ!6曲目はメタルコアに接近したかのようなリフが聴けるも
曲調自体はノーマルなスクリーモ系だな。7曲目もメタリックなリフが聴ける
アップテンポチューンでノリの良さも感じさせるのう・・・!ピコピコした
デジタルシンセ
も顔を出すがあくまでもバックの飾り程度だ。後半のシンガロング
印象的である!8曲目はうねるデジタルシンセメタルコアライクなリフ
聴けいかにもスクリーモなタッピングも飛び出すスローチューン。9曲目は
アコギが聴けるバラードで後半バンドサウンドが入り盛り上がるぞ。
10曲目はタッピングで始まりシンセがバックでピコピコデスVo
交えつつスローテンポで淡々と展開していくスクリーモ、エモメタル曲。
そして日本盤ボーナスの11曲目はNe-Yoのカヴァーで原曲はサッパリ知らんが普通に
ミドルテンポの淡々としたエモメタルになっておる!


湿り気を帯びたキャッチーさを持ったシンセ、デジタル要素入り
スクリーモ
として若手ではあるがなかなかに悪くは無く、妙に小ざっぱりとした
乾いたプラスティック的無機質さ
が前に出たここ近年のスクリーモバンドと
違ってプロダクションのせいかも知れんがエモ本来の湿った叙情性
感じさせてくれる所が個人的に好みだな(笑)。意外と電子音が目立っておらず
あくまでも味付け程度に留めてありバンドサウンド主体なのが好印象である!
ヴォーカルはまだ弱さが目立ちミドル曲主体でメロディーやアレンジ等まだまだ詰めの
甘い部分
が残っているも将来性を感じさせてくれるバンドなのではなかろうか!?
あとは変にデジタル要素が強まってつまらなくならない事を祈るのみだな(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 They Survived, Only To Consume Each Other、
Bleed The Year







もどる


inserted by FC2 system