KARDA ESTRA







"Strange Relations"




イギリス出身のプログレッシヴ/ジャズロックプロジェクトによるアルバム。


ギター、ベース、キーボード等を操るマルチプレイヤー、RICHARD WILMANによるバンドと言うか
プロジェクト
で、THE MUFFINS、KNIFEWORLD等のメンバーを集めてレコーディングされており
音楽的にはジャズロックテイスト漂うテクニカルなオシャレ感を放つインストだが、ただジャジーな
だけでは無くプログレ的な上品さみたいなものも漂っており、バンドサウンドのみならずピアノや
サックス、クラリネット
トランペット等も使われメロディアスだとか、叙情、哀愁の類は薄いが
マイルドかつ優雅な雰囲気モノとして楽しめそうな仕上がりを見せているだろうか!?

1曲目から6曲目までは組曲形式の大作となっており、ジャズ的な穏やかさ、オシャレ感
醸し出しつつもドラム等かなりテクニカルなプレイを披露しており、ギターやシンセ等が
怪しげな空気
を醸し出し緊迫感もあるだろうか!?インストではあるがフィメールスキャット
顔を出すパートもあり美麗な所もあるな。7曲目は怪しげな空気の強いアンビエント、アトモスフェリック系。
8曲目はガットギターチェンバロ、サックスクラシカルなメロディーを奏で、
牧歌的なパートを挟みつつも本作中唯一の叙情的でメロウな楽曲である!
こういう方向性でやってくれればいいのに(爆)。



テクニカルさ満点のジャズロックテイスト漂うプログレで、優雅で上品なオシャレ感が強く
技巧的でありつつも技巧を追うより普通に雰囲気モノのBGMとして鑑賞するのが正しい楽しみ方
なのかも知れんな・・・!プログレッシヴではあるがやはりジャズ寄りでロック要素は薄く、
リスナーによって好き嫌い分かれる
だろうがプログレッシャーならば楽しめるであろう!
メロディアスさや叙情性を求めると肩透かしになるのだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 The Wanton Subtlety of Monna Tessa







もどる


inserted by FC2 system