KAMIJO







"Symphony of The Vampire"




LAREINE、Versaillesの元シンガーによる1stミニアルバム。


近代ヴィジュアル系メタルの祖と言えそうな技巧派クサメタルバンド、Versailles
フロントに立っていたシンガー、KAMIJOによるソロ名義のミニアルバムで、彼以外の
Versaillesの元メンバー達が新バンドのJUPITERを立ち上げた中KAMIJOはソロとして
キャリアを追求する道をチョイス、
本作はシングルに続いてリリースされたミニアルバムで、
本作は全7曲収録なれど組曲形式となっており、実質纏めて1曲と言えなくも無い構成に
仕上がっており、あくまでもHM/HRバンドとしての立ち位置を追求するJUPITERと比べて
こっちもメタリックさはあるが、それ以上にシンフォニックな要素を重視しており
Versaillesのクサさを増強した
かのような印象があるな・・・!

1曲目はVersailles時代を思わせるシンフォニックさを持ったメロパワ、メロスピ
テクニカルなギターも登場し甘ったるさのあるKAMIJOのヴォーカルも健在である!
2曲目は雰囲気が変わりつつもそのまま繋がるKAMIJOらしさ漂うシンフォニックな
メロスピチューン
で、多少のプログレメタル的なアンサンブルも飛び出しつつ
続く3曲目はクッサイオーケストラメタルサウンド大仰さを放ちつつ優雅さも
見られるシンフォニックメタル
で、4曲目は多少のインダストリアル要素も導入した
今風のメタルコア寄りな曲調となりデスVoも少し顔を出すぞ!5曲目はヴァイオリンや
ピアノ等
も登場しどこか優雅な雰囲気を演出、アコギソロがフックとなっておりその後は
テクニカルなギターソロが聴けるのう・・・!6曲目はシリアスなムードを醸し出す
バンドサウンド、ストリングス
クワイアも盛り上がるが、その後は淡々としつつも
ヘヴィなギター
も聴けるミドルテンポ曲となるぞ。サビがまた大仰でクサいな・・・!
7曲目はクサくポジティヴなギターが聴ける爆走シンフォニックメロスピチューンである!
中盤のヴァイオリン、ラストのギターソロもまた強烈な聴き所じゃのう・・・!


Versailles時代からコンポーザーとしても高いスキルを見せていただけあり、本作でも
KAMIJOらしい耽美さ漂うシンフォニックメタルとなっておりクサさも十分以上である!
メロパワ、メロスピ路線
で曲によってはエクストリームさも導入したJUPITERに近い部分が
ありつつも上手い事差別化が図られているのも好印象だな。ヴィジュアル系という世界では
平均レベル決して上手いとは言えないシンガーではあるが、マジで下手糞だった
LAREINE
の頃と比べると格段に上手くなっているし、JUPITERのヴォーカルに期待出来ない分やはり
HIZAKIらのサウンドにはこのヴォーカルじゃないとアカン!と言える空気が漂っているのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 全部







"Heart"




LAREINE、Versaillesの元シンガーによる1stアルバム。


どちらかと言ったらストレートなメロパワ、メロスピ路線のJUPITERと比べてより濃厚な
耽美さ、様式美的ムードを醸し出すシンフォニックメタル路線
に舵を切ったKAMIJOによる
待望のフルアルバムである!
前作のミニアルバムがミニでありながらも濃過ぎる作風で
クサメタラーを喜ばせてくれたが、
本作は流石に1曲1曲が独立しており、さらに音楽的に
そこまで変化した訳では無いがコンパクトな仕上がりを見せている印象もあるだろうか!?

1曲目は早速の大仰なクワイア、ストリングス、オルガンがKAMIJOらしいシンフォニックな
クサさを醸し出すイントロ
で、2曲目はそのまま大仰さを発散するシンフォニックメタルとなり、
インストパートもまたクサさを醸し出しておるのう・・・!3曲目はモダンな空気を発散する
ヘヴィなギターリフ
クワイアが乗り軽快なリズムで展開、4曲目は早速の大仰で
クサいギター、ストリングス
に始まるも、その後はやけに落ち着いたスローテンポ
淡々と展開するがギターソロでまたクサく疾走、後半のヴァイオリンもまた優雅なクサさがあるな・・・!
5曲目はヘヴィ路線となりつつオーケストラがダークな怪しさを演出、クサさ漂うヴォーカルラインはまるで
ディズニーカリブの海賊とか、その辺を髣髴とさせる雰囲気が見られるぞ!
6曲目は穏やかな中にクサい情緒を感じさせる、韓流ポップス然とした雰囲気のある
歌謡バラード
で、7曲目もまた穏やかなマイルドさを醸し出す非HM/HRな曲調となり、ギター等
妙にオシャレな感じを出しているんだが決して都会的にはならず、むしろMALICE MIZERライクな
ヨーロピアン情緒
を発散しているのがKAMIJOらしいセンスで良いな(笑)。8曲目はこの手のバンドが
アルバム中1曲はやりたがる歌謡インチキジャズ風シャッフル曲。昔のV系は誰もが黒夢の
“親愛なるデスマスク”のパクリ曲
をアルバム1枚中1曲は必ずやっていたんだが、それが最近は
こういうタイプの曲にとって変わられたのだろう・・・!(爆)9曲目はポジティヴな
幕開け
に続いてシリアスなストリングスも登場、穏やかで優雅な印象もあるな・・・!
10曲目は明るいポジティヴさを放つメロスピチューンとなり、11曲目は歌謡曲要素が漂いつつも
やはり優雅な印象のある曲調でサビもまた歌謡クサさ満点じゃのう!ギターソロはテクニカルだな。
12曲目はクラシカルでクサいストリングスシンセに始まり大仰な疾走感を放つ
シンフォニックメタル
と化すぞ!やはりKAMIJOはこうでなくてはアカンのう!
ギターも何気に細かいフレーズを紡いでおりXの疾走曲にも近い印象があるだろうか!?
GAMMA RAYの“Dethrone Tyranny”みたいなフレーズが飛び出すのはご愛嬌だな(笑)。
13曲目はピアノ、ストリングスにヴォーカルが乗る優雅なバラードである。ヴァイオリンが美しく良いな。


ただひたすらに濃厚で耽美なシンフォニックメタルの大洪水だった前ミニアルバムと比べて
流石にそこまでのコテコテ感は減退しており、一応は本作もシンフォニックだったり
メタリックだったりするんだが、どうにも小粒になっちまった感があるのは否めないなぁ・・・!
オーケストラとバンドサウンドのバランスもシンフォニックさに比重が置かれている感じで
HM/HRとしてのダイナミックさが薄れた印象もあるが、まぁそれでも大仰なオーケストラによる
クサさ、耽美さ、優雅さ
はしかとありクサメタラーであれば十分に楽しめる仕上がりである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Rose Croix  Louis 〜艶血のラヴィアンローズ〜
Death Parade  Heart







"Royal Blood 〜Revival Best〜"




LAREINE、Versaillesの元シンガーによる過去曲リメイクアルバム。


今でこそヴィジュアル系メタルと言ったらDIR EN GREYフォロワーを通り越して
ガチのメタルコア、デスコア要素を惜しみ無く導入したエクストリームメタル路線と
なっているが、その一方でメロスピ、クサメタル方面からのV系メタルアプローチ
見せたVersaillesの元シンガー、KAMIJOが、キャリア20年の節目にリリースした
オールタイムリメイクアルバムである!同時にベスト盤も出ているようだが、
本作はリアレンジし今のスキル、センスで新規に録り直したリレコーディング盤で、
さらに新曲も収録された1枚である!Versaillesでメタラーからも一躍注目を浴びた
シンガー
ではあるが、LAREINE時代は正直まだまだ未熟でチープなV系となっており
遡って聴いたメタラーをガッカリさせたとか、させなかったとか言われているが、
本作ではVersailles時代のようなシンフォニックメタルアレンジがチラホラ見られ、
KAMIJOが何だかんだでこっち側(HM/HR側)の人間であるという事が再確認出来るな(笑)。

2曲目はLAREINE時代の曲のようだが、ギターも含めてVersaillesにかなり近い
シンフォニックなメロスピチューン
でかなりのキラー振りを見せており、
3曲目はLAREINE時代にカヴァーしていた“薔薇は美しく散る”だが、
当時のアレンジがショボかったのに対しこっちは完全にアニメタル化しており(爆)、
ヴォーカルがさかもとえいぞうじゃないのに逆に
違和感があるか!?(笑)
4曲目はVersailles時代のキラー曲だが、
元がメロスピだったのにこっちは逆にシンフォニックなバラードとなっているのう・・・!
10曲目はVersailles時代の大作で、本作中最も原曲に近い曲調だな。

新曲は7、9、11曲目で、7曲目はシンフォニックかつ穏やかなバラード
やはりVersaillesにありそうな感じとなっており、9曲目はゴージャスな音作りながら
何故かラテンなノリが感じられ、サンバ的な印象が微妙なんだが同時に
スパニッシュ感もあるか!?11曲目はシンフォニックでありつつも
同時にキャッチーで軽快なJ-ROCK寄りだな。


意味不明な曲もあるにはあるが、全体的に今のKAMIJOの趣向が反映された
仕上がりとなっており、LAREINE時代を知らないVersaillesファンのメタラーにも
アピール出来る仕上がり
だと言えるだろうか!?そしてJUPITER
アマチュア以下の3流シンガーをフロントに立てて茶を濁し酷評され、
KAMIJOはKAMIJOでソロに行き詰まりを感じたのか、ここに来てやはりと言うか
何と言うか、Versailles再結成が決定し
今後は再びそっちで本格的に攻めるらしいな・・・!
やはりHIZAKIと組んで上手くいくのはKAMIJO以外にはおらんな!この二人の
チームアップはさながらヴィジュアル界のアベンジャーズ、
ジャスティスリーグよ!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Imperial Concerto  薔薇は美しく散る  God Palace







"Sang"




LAREINE、Versaillesの元シンガーによる2ndアルバム。


ヴィジュアル系クサメタルはイマイチ相性が悪いのか、V系メタルの開祖的な
存在のVersaillesに続くバンドが現れず、逆にDEVILOOFDIMLIMみたいな
DIR EN GREY進化系のデスコア勢やサビでチャラくなるバンドばかりな印象の
近代V系シーンだが、流石にオリジネイターは常に我が道を行くものらしく、
大仰でクサいオーケストラ、疾走メロスピサウンドでクサメタラーに
激しくアピールしてくる我らがKAMIJOの待望の新譜は期待を裏切る事の無い、壮大で
壮麗なシンフォニックメタル
を相変わらず徹底的に踏襲しており嬉しくなるわい!

1曲目は壮麗なオーケストレーションがまるでドラクエみたいなクサメロを奏でる
イントロで、2曲目はそのままクサく疾走するシンフォニックメタルとなるぞ!
Voパートは優雅さ、耽美さがあり、この辺がKAMIJOならではのセンス
3曲目もクサく大仰に疾走!細かいギターソロも顔を出すぞ。4曲目はインダストリアル
短い繋ぎで、5曲目は今風シンセワイルドなリフ、シンガロングが顔を出す
疾走チューンで、ダーティーなモダンさがありつつもやはり優雅なのが特徴だな・・・!
6曲目は再びシンフォニックさを見せつつモダンなギターも聴けるミドル曲。シンセが
ややチープ
なのが気になるな。サビはキャッチーに疾走するが、今風なチャラさ、
短小軽薄さ
が無く古き良きV系を受け継ぐ嫌味の無いポップさである。
7曲目はメルヘンチックかつシンフォニックなポップ路線で、8曲目は優雅でマイルドかつ
これまたポップな歌謡曲風で、MALICE MIZERのライト路線な曲調だろうか!?
9曲目はシンフォニックな繋ぎで、10曲目はそのままオーケストラ、クワイアに
バンドサウンド
が顔を出し、怪しくも優雅モダンさもありサビは疾走するぞ!
11曲目はシンフォニックな繋ぎで、12、13、14曲目は組曲形式となっているが、基本的には
やはりそのままオーケストレーションと共にメロスピ的に疾走!怪しいムードも
部分的に見られつつ優雅な耽美さもあり、よくある売れ線軽薄セルアウトポップスでは無い、
俺達クサメタラーが求めて止まない本物のメロディーが聴けるぞ!ラストの14曲目は
バラード的なキャッチー路線だが、それでもチャラさ皆無で楽しめるな。


近代V系シーンが極端な技巧派デスコア化か、チャラいミーハー売れ線化するかの
2極にある中、本当に美しくドラマティックなメロディー、アレンジを聴かせてくれる、
今や絶滅寸前のV系シンフォニックメタルを死守する最後の砦である!
中にはインダストリアルだったりモダン寄りだったりする曲もあるにはあるが、根底には
優雅さ、耽美さがあり、決して安易な流行には便乗しない意思を感じさせるのも良いな・・・!
全曲キラーでは無く、好みとは遠い曲もあるにはあるが、V系の良心が詰まったような1枚で
エクストリームメタル路線では無いながらメタラーの鑑賞に堪えうる数少ない近代V系である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Theme Of Sang  Nosferatu  Castrato
Sang I  Sang II







もどる


inserted by FC2 system