Jonsi







"Go"




SIGUR ROSのフロントマンによる1stソロアルバム。


シンフォニックで幻想的な音を出すアイスランド出身のポストロックバンド、
SIGUR ROSのフロントマンであるJonsiのソロアルバムで、全体的に
フワフワした掴み所の無いファンタジックポストロックである本職の
要素を感じさせつつもあっちとは異なり判り易いポップさ、軽快さ、
ノリの良さ
を持っており1曲1曲も冗長にならずコンパクトに纏められ
おもちゃ箱
のように様々な音色が飛び出しキャッチーさが強く何気に
ポストロックの良さがあまり判らないリスナーにもオススメできそうな
普遍性を持っていると言えるだろう!

1曲目は打ち込みに怪しいおもちゃ箱のような楽器が飛び出し軽快さ
演出しウィスパーVoが乗るポップながらもファンタジックな曲。
2曲目は意外と激しめのパーカッションでアップテンポになり
ヴォーカルも畳み掛けるように歌うノリの良い曲だがやはり根底には
浮世離れしたポップさがあるのう・・・!3曲目はピアノ、ストリングスに
アトモスフェリックなシンセがメランコリックさを感じさせるも
冗長さは無くバラードとして普通に楽しめる仕上がりになっているな。
4曲目も浮世離れしたファンタジック要素を持ちフワフワした質感
保ちつつも軽快に疾走し笛の音色やら何やらが遊園地のように盛り上がる
ファンタジックポップスに仕上がっているぞ!ストリングスの音色も良いな。
5曲目はQUEEN的な立体的コーラスが重ねられピアノ、ストリングスも顔を出し
冬が舞台の映画みたいな雰囲気を放つのう・・・!途中から打ち込みリズムも
登場しパーカッシヴさもあるな。6曲目はストリングスが緊迫感を感じさせる
シリアス
さを放ちヴォーカルもウィスパーながら低めに歌いこれまでとは異なる
暗さ
を持った曲だ。途中壮大に盛り上がりEnya辺りを思わせる雰囲気もあるな。
7曲目は非常に大人しいアトモスフェリック系の曲調でウィスパーVo、シンセ、
ストリングスが静けさを演出するエモーショナルな曲。後半で盛り上がり
狂気すら感じさせるノイジーさが顔を出すぞ!8曲目は再び初心に帰り(?)
軽快でポップな楽曲
となりメロウさを出しつつもアップテンポのパーカッション
普遍的なノリの良さを生み出す曲だ。9曲目は厳かなストリングスが
重厚さを放ち
ソフトなヴォーカルが乗る暗くも叙情的なスローバラード系である。


SIGUR ROSの良い所を抽出しポップに、コンパクトに纏めた仕上がりで
ポストロックファン、プログレッシャーの視点だと無難すぎる出来かも知れんが
あの手のジャンルにありがちな冗長さ、ダラダラ感、雰囲気のみでただ
ダレるだけ
のような事は無く、雪景色を連想させる白のイメージがあり
どちらかといったら初期VALENSIAに通じる要素が濃くまさに情景を
浮かび上がらせる音楽
と言えるだろう!非ポストロックファン、
ああいったアトモスフェリック系に理解を示さないリスナーにこそ
オススメできるであろう1枚
になっているぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Animal Arithmetic、Boy lilikoi、
Sinking Friendships







もどる


inserted by FC2 system