Jimang







"じまんぐの世界〜胎動〜"




Sound Horizonの男シンガーによる1stソロアルバム。


言わずと知れた国産シンフォプログレ幻想楽団Sound Horizon
あまりにも怪しすぎる語りとヴォーカル、ライヴにおけるパフォーマンスで
人気のJimangによるソロアルバムである!しかしかつてサンホラの
ライヴレポでも書いた事があるが、彼の嗜好する音楽性は
Sound Horizonのようなクサシンフォ系とはまったく違う
都会的なオシャレジャジーポップスなのだ!なるほどこういうスタイルの
楽曲を歌わせるとこの独特のしわがれた声がマッチしている事が
よく判るのだが、なぜRevoはサンホラにこのヴォーカルを求めたのであろうか!?

さっそくお得意の怪しい語りに始まりこれまた怪しすぎるクワイア、
そしてハイトーンではないシャウトが聴けるイントロからして
非常に怪しいJimangワールドが炸裂する!それに続く2曲目は
何とSound Horizonの音楽性とはまったく異なるホーン入りの
都会的なポップス
だ!シンフォニックでクサクサな
お城系プログレ
のSound Horizonとは間逆のジャジーな
お洒落ポップス!
音楽的サンホラファンは果たして楽しめるので
あろうか!?
3曲目は打ち込みリズムとアコギが聴けるメルヘンチックな
バラード
で今度はこのヴォーカルが見事にマッチしとらん(爆)。
ガキンチョ語りがサンホラの流れ
か!?4曲目も怪しい語りの曲だ。
5曲目はファンク的なカッティングが聴けるポップチューンだが
けっこうクセのない歌い方もしていたり歌い方を微妙に変えていたり
上手くは無いが表現力あるシンガーなのかもな・・・?6曲目は
アコギバラードでやはりヴォーカルが曲調にマッチしとらんな・・・!
ヴァイオリンも聴け曲としては良いな。7曲目はSEに始まりホーンと
ピアノ、怪しい語り
が聴けるジャジーな曲。8曲目も語りが主体だ。
9曲目はストリングスシンセとピアノが聴けるこれまたリリカルな
バラード風イントロ
で始まるもホーンが登場しファンク風になる。
だが穏やかなポップスパートも登場し一筋縄ではいかないアレンジとなっているな。


プログレではあるがヴィジュアル系にも通じる耽美性を持った
サンホラにマッチする男ヴォーカルは個人的にはMALICE MIZER時代の
Gackt
あたりだと思うのだが、Revoはおそらくそういったヴォーカルよりも
さらにクセのある、まったく違うジャンルのシンガーを起用する事で
凡百のプログレ、メロスピと差別化を図ろうとしたのだろう・・・!
マッチしているかどうかは別として(爆)。少なくとも音楽性は
サンホラを愛する者が好む要素が一切無いので、バンドメンバーに
マンコ濡らすバンギャファン
ならばともかく、サンホラの音楽性に
ハマったクサメタラー、クサプログレッシャー
まったくと
いっていいほど楽しめない
だろうな・・・!そういったファンには彼のヴォーカルは
不評っぽいし(爆)。語りだけのトラックもあるしな。しかし何だってこういう音楽性を
追求していたJimangがサンホラに加入したのかも不明である!



タワーレコードで見てみる




満足度 40% お気に入り曲 夕立ち過ぎの黄昏に







もどる


inserted by FC2 system