Janne Da Arc






"Dearly"




日本のテクニカルヴィジュアルバンドのインディーズ時代の1stミニ。

今やヴィジュアル系の括りから飛び出し広義の意味でのジャパニーズロックとして
高く評価されている彼らのインディーズ時代に始めて発表した
記念すべき1stアルバム
だ!

音質こそ流石に今の彼らに劣るものの曲の出来、演奏技術はこの頃からハイレベル
ハードロック、プログレはもとより、ジャズやフュージョンに精通したインストパートの
テクニカルさはもはやヴィジュバンドの括りはもとより、メタル系のバンドと比較しても
かなり高度な演奏技術を持っている
といえるだろう!まぁヴォーカルは今以上に
呂律が回っていない歌い方なのでそこがとりあえずV系と判断できる要素だろう。
音楽的にはマッチしていて良いがな。

曲のアレンジはいまほど凝ってはいないインディーズらしくシンプルなアレンジだ。
メロディーセンスはこの頃から良く、ハードロック、メタルファンにもおすすめできる
劇的な疾走チューンが多く収録されているぞ!

1曲目のピアノインストに続く2曲目は明るいポップチューンながら最近の彼らとは
異なる雰囲気を持った曲で、歌詞などこの頃からかなりクサく(爆)、ファンタジックな
空気を持った曲調
だと言えるだろう。タイトルもそのものズバリ“Fantasia”だしな(笑)。

しかし彼らの本領が発揮されるのは3曲目以降だろう。メタリックと呼べるギター、
プログレ的音色のシンセ、ハモンドがイントロから聴けダークでどこか妖しい
雰囲気を持った歌メロが乗りインストパートは本格的なプログレスタイルの演奏が聴ける!
このころからかなりテクニカルだ!

5曲目なんかイントロからベースが唸りへヴィなサウンドが聴けるがサビ前などでアラビックな
雰囲気
になり琴のような音が和音階風フレーズを奏でこれまた妖しく展開していく
独特の空気を持ったかなり劇的な曲だ!また今では考えられないがV系的なシャウトを
多用している
のも大きな特徴だと言える。

6曲目はシンセが劇的なフレーズを奏でスネア裏打ちで疾走するメロスピ色濃い曲
音は軽めでツーバスこそ無いもののメロディー、シンセサウンド等メロスピ好きにも
アピールする1曲
と言えるだろう!ソロなんかギター、キーボードが
ユニゾンして高速フレーズを弾きまくるかなりメロスピな
パート
になっているぞ!


インディーズ1stにしてハイクオリティーなサウンドを持つアルバムだと言えるだろう!
確かにのちの彼らと比較するとまだまだ甘い部分もあるがメロスピ、クサメタル的
視点で考えるとポップス化した最近の彼らより劇的で疾走しており
こっちを気に入るメタラーも多いと思う!
日本語詩が聴けるメロスパーにおすすめだ!
最近インディーズ時代の3作にDVDをつけたコンプリートボックスがリリースされたので
どうせ買うならそっちをオススメする。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 Judgement 死神のKiss、Confusion、Speed







"Resist"




日本のテクニカルヴィジュアルバンドのインディーズ時代の2ndミニ。


1stミニにしてすでに大器の片鱗を感じさせる楽曲、演奏を聴かせてくれた彼ら。
そんな彼らのインディーズ時代にリリースされた2作目のミニアルバムだ。

音楽的には前作と変わらないメロディアスかつテクニカルな
ヴィジュアル系ハードロック
で、ヴォーカルが前作より歌い方など進化した
印象を受けたな。本作の時点でメジャー以降と何ら変わらない
高いクオリティーを持っている
といえるぞ!

1曲目“ICE”からいきなり劇的に疾走し泣きのメロディー、ネオクラ風と
言えるギターのキメフレーズが聴ける名曲の登場だ!
この曲は
インディーズ時代の彼らの代表曲と言えるだろう!メタラーの鑑賞に堪えうる・・・いや、日本語詩が
聴けるメタラー、プログレッシャーなら十分気に入るかもな!?


これ以外はブリッジでフックある印象的な歌メロが聴け、ラスト前でメロスピ的に
疾走
しながらプログレ的テクニカルギターとキーボードのユニゾン
炸裂する4、今の彼らに通じる明るいポップさを持つアップテンポ曲の6が気に入った曲だ!


前作どおりメロディックメタルに近い作風を持ったアルバムだ。メタラーが
彼らを聴くなら最近のアルバムよりこの頃のアルバムを聴くのが正しいと言えるかもしれんな。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 ICE、Huntihg、Stare







"CHAOS MODE"




日本のテクニカルヴィジュアルバンドのインディーズ時代の3rdミニ。


本作がインディーズ時代最後のアルバムとなり、これ以降はメジャーからの
リリース
になる。ヴィジュアル系ながら北欧メタルに通じる泣きのクサメロ、
透明感を演出する冷ややかな音作り、そして高度な演奏技術

認められたというわけだ。そんなわけで本作のクオリティーはこれ以降のメジャー盤と
比べても見劣りする事は無く普通にクオリティーの高いサウンドを楽しむ事が出来るぞ!
いやそれどころか本作のクオリティーはのちのメジャー盤と比較してもズバ抜けて高く、
最近のポップ化した彼らからは想像もつかない超劇的疾走メロスピ風の曲
多く収録されている!

のちの彼らのアルバムで聴ける明るいポップチューンは6曲中1曲のみで
それ以外は非常に質の高い北欧系疾走メタルチューンだ!アレンジもこれ以前は
インディーズ特有のシンプルさがあったのだが本作では慣れたのかしっかりと練られ、
のちのアルバムと比べても聴き劣りすることは無い!

特に気に入ったのは2、5、6曲目だ!ギターソロが今作では珍しくネオクラ系の
速弾き
を連発しているぞ!スウィープの嵐だ!5曲目のイントロで聴けるシンセは
どこかロマンシング・サガを彷彿とさせるもので、その後レインボーやサヴァタージも
やっていたグリーグの有名曲“山の王の宮殿で”のフレーズが出てくるぞ!
当然疾走しまくりだ!6曲目のギターソロはディミニッシュから入る
完全ネオクラシカルスタイル
だ!その他の曲もクオリティーが高く捨て曲は無いぞ!


メタラーが彼らに触れるのに最も手っ取り早いのは本作と次のメジャーアルバム
“D・N・A”だろう!日本語詩が受け入れられるメタラー、メロスパーなら
聴いて損なしのアルバムだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 全部。特に“-R-TYPE「瞳の色」”、“Labyrinth”、 “Strange Voice”







"D・N・A"




日本のヴィジュアル系バンドのメジャーデビューアルバム。


プログレ色濃いメロハーサウンドでメタラーの鑑賞にも堪えうるどころか一部メタラーの
熱い支持を受けるバンド
だと言えよう!インディーズ時代からクオリティーは高かったので
メジャーデビューは必然と言えた訳だが、彼らを拾ったレーベルに問題があってなぁ・・・!
何と音楽を芸術とし、日々アートを発掘している我々のような者達から
蛇蝎の如く嫌われている使い捨てポップス量産レーベル、
エイベックスからのリリース
なのだ!なぜだ!!
たしかに彼らはヴィジュアル系出身だ。しかしここで聴ける音は紛れも無く高度な
ミュージシャンシップ
が炸裂したメロディアスな
テクニカルロックスタイル!
芸術どころかロックすら知らないであろう
たかがエイベックス如きがおめおめと手を触れられるような
俗物ではないはず・・・!
一体どういう事なのだ!?

そんなわけでここで聴けるのはヴォーカルこそライトでポップススタイルといえるのだが
バックの演奏はまさにテクニカルプログレ!それでいてメロディアスなため一部で
メロハーと化したドリームシアターなどと言われている。

本作はのちに聴けるであろう彼らのスタイルというものがすでに完成しており、演奏、楽曲共に
ハイクオリティーで日本語詩が聴けるメタラーなら普通に
聴けるであろう。
のちのアルバムで多くなる明るいポップ曲が少なくあくまで
ハードロック、へヴィメタルの流れを汲むバンドだと
主張しているかのようだ!それがいい!!


俺はのちにリリースされるシングルスで初期の彼らのポテンシャルの高さを
知ったのだが、やはり本作に収録されている楽曲は彼らの曲の中でも一際光を放っている
ように感じられるな!
いきなり超テクニカルなプレイが炸裂する1曲目のイントロに
続いて聴ける北欧メロスピに通じる様式美チェンバロ風シンセが耳を惹く“Vanity”や
これ以上ないほど美しいサビメロを聴かせる
珠玉の疾走メタル
“Lunatic Gate”、これまたメロスピに通じる
超劇的疾走チューン
“RED ZONE”など名曲のオンパレードで捨て曲はない!
素晴らしいぞ!!演奏技術も凄まじく高く、メタルやプログレバンドと比較しても
何ら引けを取ってはいない!これがエイベックス産だとは
とても信じられん!
改心したのか!?(笑)


北欧メタル、プログレメタル好きで日本語詩が聴ける人におすすめのアルバムだ!
メタラーが彼らを知るには本作を初めとしたインディーズ時代のアルバムを含む
初期のアルバム、そしてシングル集を押さえておけば問題ないだろう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 95% お気に入り曲 全部。特に“Vanity”、“Lunatic Gate”、
“EDEN〜君がいない〜”、 “RED ZONE”。







"[Z-HARD]"




日本のヴィジュアル系出身のテクニカルロックバンドの2ndアルバム。


メジャーデビュー作“D・N・A”でエイベックス産とは思えない高い音楽性を
持つプログレッシヴなメロディックメタル色濃いスタイルを披露した彼らの2作目だ!
音楽的には前作の流れを汲むプログレ的なインストパートを盛り込みつつも北欧メタル
通じるものがある日本語ハードロックで、最近の彼らのアルバムに多くあるような
大して面白みの無いポップチューンが少なめでメタラーの鑑賞に堪えうる
高品質なドラマティックサウンドが堪能できるぞ!


疾走メタル曲、ポップかつキャッチーな曲、ノリの良いロックンロールチューン、
明るくも悲しいバラード等様々な曲調が収められているがやはり個人的に気に入ったのは
メロディアスかつドラマティックなメタルチューンだ!2、5、8、11曲目が
それに該当するぞ!特に8と11はもはやほとんどメロスピと
呼んでしまっていいほど!

ついでに言うと2曲目“-救世主 メシア-”はバンド名と同じ名を持つ、様式美系メタルバンドも
よく題材にする実在した女戦士、ジャンヌダルクの事を歌っており
歌詞でも悶絶!!
ちなみに彼らのバンド名の元ネタは
それではなく漫画“デビルマン”のキャラクターらしい・・・!(爆)

演奏技術も相変わらず高く、特に本作は彼らのアルバムの中でも
最も高度なことをしているんじゃないだろうか!?メタル者のみならず
プログレッシャーの鑑賞にも堪えうる1枚だと言える!


日本語詩が聴けるメタラー、プログレッシャー両方におすすめできるな!
本作に限らず彼らの初期のアルバムはどれもクオリティーが高いので
どれから先に聴いてもハズレは無いだろう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 -救世主 メシア-、7-seven-、WARNING、Mysterious







"GAIA"




日本のヴィジュアル系出身のプログレハードロックバンドの3rdアルバム。


ヴィジュアル系出身ながらメタル、プログレに通じる演奏、楽曲を聴かせ
一部のメタラーの間でもその名を知られているバンドだ!アルバムを重ねるたびにメタルチューン、
プログレ色濃いインストパートを残しつつもだんだんポップになっていってしまっているが
インディーズ時代の3作、そしてメジャーデビュー初期の3作はメタル的に見てもかなりの
クオリティーを誇る名盤
であり、日本語詩が聴ける北欧メタル好き、プログレメタル好きに
是非とも聴いてもらいたいアルバムだといえよう!
しかしこのジャケ、Dir en greyの"GAUZE"と思いっきり
かぶってるんだけど(笑)。


のちに増えていくポップチューンがこのころはまだ少なく、捨て曲は無いが
特に気に入ったのはスリップノットばりのへヴィなリフが聴ける
6曲目“GUILTY PAIN”とイントロでストリングスが聴け
タイトなタム回しがセンスの良さを感じさせるAメロを経てポップさを放ちつつも
ドラマティックかつメロディアスに疾走するサビが秀逸な12曲目“シルビア”だ!
欠点は芸術音楽の敵、エイベックスが生み出した
忌まわしきCCCDならではの音質の悪さ
だといえる!


上記したようメタラーが始めて彼らに触れるなら本作を含めた所期3作が特にオススメだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 GUILTY PAIN、シルビア







"ANOTHER STORY"




日本のプログレメタルバンドの4thアルバム。


プログレバンドと言えると思うがヴィジュアル系出身ということもあってかJPOP扱いされていて
メタラーの耳にはなかなか届かない不遇のバンドだ(笑)。

しかし偏見を捨てて聴けばメタラーの耳を満足させてくれるバンドは
この国に沢山いる!
彼らもまさにそんなバンドだ!

メロはかなりポップなのだが間奏でいきなりプログレになる様は圧巻
その演奏技術、統合感は日本のドリームシアターなどと
呼ばれているほどだ!そのセンスも良い!!

また本作はコンセプトアルバムとなっているのだが歌詞が繋がっていないため
話がわかりづらく
いまいちのめり込めないのが欠点か。だが俺はコンセプトとか
あんま気にしない人なので正直どうでもいいのだが。
そして本作からだんだんとポップチューンが目立つようになってきてしまい
メタラー的にいまいちパッとしない曲が増えてしまう・・・!頼む!エイベックスなどに
迎合しそこらに転がっているただのJ-POPに染まらないでくれ!


1曲目のイントロから続く2曲目“in the story”からさっそくジャンヌ流のキャッチーなプログレメタルが
聴ける!!ストリングス系シンセが明るいメロを奏でる様は80年代にいた
プログレレーベル“マグナカルタ”系の音を想起させたぞ!そして間奏でドリームシアター張りの
テクニカルなソロが炸裂!マジ上手い!!

3曲目“マリアの爪痕”はキャッチーなメロが詰まった有名曲。サビのあとのメロディーが良い。
ソロも相変わらずテクニカルだな。

そして最も気に入ったのが12曲目“ヴァンパイア”だ!実はこのバンドをはじめて聴いたのは
下でレビューしている2005年の新譜“JOKER”でそれについてきたライヴを収めたDVDにこの曲が
収録されており気に入っていたのだがこのアルバムでスタジオ版が聴ける!
ウム!やはり名曲じゃ!!
アップテンポのノリのいいヴァース、そして一気にドラマティックになるブリッジ、そのまま畳み掛けるように
至高の哀愁を伴ったサビがマジでたまらない!泣ける!!ソロもテクニカルで
センスのいいフレーズを弾きまくる!そしてソロ後にバラード調となったサビをメロウに歌い、
再びバンドサウンドが入ってサビを繰り返し終わる。このツボをついた
展開がたまらんぞオイ!!
歌詞もクサい!
「こんなにツライなら 愛なんて信じない」
哀しき男よ、誰よりも愛深きゆえに・・・!(意味不明)
アルバム一枚聴きとおしたあとこの曲のみリピートしまくってるほど嵌った!
まさに超名曲!!


ただアルバムとしては上記したポップチューンで占められた中盤がかなりだれるのが問題と言えるだろう。
ヴァンパイア以降盛り返してくるって感じで後半がおいしいと言えるな。
だが一番の欠点はCCCDって事だ!ファック!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 ヴァンパイア







"SINGLES"




日本のヴィジュアル畑出身のプログレハードロックバンドのシングル曲を集めたアルバム。


本作は彼らがいままでリリースしてきたシングル曲を集めてアルバムにした
企画盤である。普通シングルと聞くといかにも売れ線狙いの鼻につくあからさまな
ポップ曲
ばかりだというイメージがあり、またHR/HMの世界はあくまでもアルバム1枚
トータルで勝負する
という風潮があり、どうもシングルにいいイメージが無いメタラーもいると思う。
俺はたった2〜3曲にフルアルバムの半額も出せんという理由でシングルは
好きじゃない(笑)。ビンボー臭い発言でスマン!そんなわけで
こういったシングル集のリリースは嬉しかったりするのだが、問題はただポップなだけで
中身の無い曲ばかり
になってしまわないだろうかという事だろうが
安心してくれ!ジャンヌダルクはそんなショボイ事はしない!
メタル的に見てハイクオリティーな楽曲が取り揃えられているぞ!!

前半に初期の曲が集まっているのだがこれがまた凄まじい名曲群だといえる!
1、2曲目のメロディーの素晴らしさときたらどうよ!?メロスピ的な疾走感、
適度にプログレスされた高度な演奏技術、北欧系の雰囲気を
発散するキーボード、そして究極の泣きメロ!たまらんぞ!
特に2曲目
“Lunatic Gate”のサビメロの美しさ!クサメロ好きにも確実にアピールするであろう!
タイトルからしてクサクサだしな(笑)。歌詞もエロくて良い(爆)。
他にも邦楽連中にサビメロをパクられた事でも知られる
Aメロ前のヴァイオリン音のシンセがマリスミゼルの“an revoir”みたいな3曲目、
1、2曲目の流れを汲む激メロ疾走チューン6、ポップながら泣ける10等高品質な楽曲が堪能できるぞ!

ちなみに本作はアルバム1枚に収まりきらなかったからか2曲入りの2枚目が
ついてある。こっちに収録されている“餓えた太陽”もどこかスパニッシュギター風の
アコギをバックに泣きメロを聴かせる名曲だ!



彼らを初めて聴く人にオススメできるがクサメタラー達にはやはりキラーチューン揃いの
初期のアルバムをおすすめする!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 RED ZONE、Lunatic Gate、 EDEN〜君がいない〜、Mysterious、シルビア、マリアの爪痕、餓えた太陽







"ANOTHE SINGLES"




日本のヴィジュアル畑出身のプログレハードロックバンドのシングルのカップリング曲を集めた企画盤。


国産の広い意味でのロックバンド(HR/HMではない)の中で今や頭一つ抜きん出た
感のある
彼らだが、メタルやプログレがルーツなのでクオリティーが
高いのは当然だろう。これらのジャンルはくだらん流行などに
囚われる事の無い極めて芸術性の高いロックなのだからな・・・!

そんなわけで本作は彼らがこれまでリリースしてきたシングルに納められたカップリング曲を
集めた
いわゆる裏ベスト的な内容のアルバムなのだが、
キャッチーなシングル曲の陰に隠れる曲と言う事なのでかどうかは知らんが、
ここで聴けるカップリング曲はメンバーの趣向が前面に押し出された
極めてメタル、プログレ色濃い出来
になっているぞ!!

個人的にいまいちに感じていた明るいポップチューンが本作にはほとんど入っておらず、
どれも劇的な展開、高度なテクニック、美しいメロディー
満たされており、捨て曲は皆無だ!メロスピに通じる
雰囲気もあるし、スラッシュメタル一歩手前の
爆走チューンもある!
こりゃたまらん!(笑)

そんな粒揃いの楽曲で構成された本作の中で個人的に特に気に入った曲はジャンヌ流
メロスピ
と言い切ってしまえそうな疾走感、クラシカルな
チェンバロ
が全面にわたって聴ける4曲目“Vanity”と前述したスラッシュチューンの
9曲目“GUNS”だ。他にもいい曲が多く、人によってキラーが違うアルバムだと思うぞ!


メタラーがジャンヌダルクを最初に聴くなら本作がベストだろう。
それ以外だと初期のアルバムだな。歌詞は日本語だがそれに抵抗が無ければ
目から鱗が落ちるかもしれんぞ!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 全部。特にVanity、GUNS







"ARCADIA"




日本のヴィジュアル系出身のプログレ寄りメロハーバンドの5枚目のアルバム。


初期のアルバムはポップさを持ちつつもメタル、プログレ色が上手い具合に
ブレンドされて
彼ら独特の雰囲気を持ったメロディックメタルチューンが多かったがアルバムを
重ねるたびにだんだんとポップ色が前面に出てくるようになってしまい個人的に
パッとしない曲が増えてしまった印象がある。だがそれでもメタル色濃い楽曲が
消えうせる事はなくかならず数曲はガッツポースできる疾走メタルチューンがあるのが
せめてもの救いだと言えよう・・・。個人的に彼らを知ったのは最新のアルバムからで、
数曲あるキラーチューンに酔いしれていたのだが初期のアルバムのほうがメタラー的に
クオリティーが高い事を知りしばらくヘビーローテーション
しまくったなぁ・・・!


次作で再び取り上げる悪名高きサイバーテロを題材にしたへヴィさ、ダークさを持ちつつも
北欧メロスピ風に疾走する“ACID BREATH”、メロディアスなアップテンポチューン“ROMANCE”、
タイトルどおりへヴィながらもやはりメロディーが優れている“Heavy Damage”、
ロリコンのストーカーを題材にした(爆)、怪しさとへヴィさを持ちつつもサビで
疾走メロスピと化す
“trap”、ドリームシアター、そしてシャムシェイドの
流れを汲むテクニカルプログレインスト
“ATHENS”が個人的に気に入った曲だ。
他にもバラードの出来は良い。


中盤かなりダレてしまう前作よりも悪くはないがやはり初期のアルバムには及ばないと言える。
だがそこらのテクのみ3流プログレメタルバンドよりは楽しめるぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 ACID BREATH、ROMANCE、Heavy Damage trap、ATHENS







"JOKER"




日本は大阪出身のプログレハードバンドの6作目。


いちおうヴィジュアル系出身といえるバンドなのだが、その音はメロハー化した
ドリームシアター
などとよく言われているし、俺もそんな音だと思うので
メタルとして扱わせてもらう(笑)。


3曲目“月光花”はシングルカットされ、CMなどでもバンバン流れたので知ってる人も多いだろう。
ストリングスの物悲しい調べに導かれる美しくも悲しく、もはやクサいと言い切ってしまえる
メロディーは絶品!
ポップすぎる!?NO!いい物はいいのだ!!

この曲以外だと哀愁のサビメロ、チェンバロ音のシンセ
琴線に触れる歌謡ロックの2曲目、それとアグレッシヴなサウンドが聴ける
疾走チューンの8曲目と10曲目が気に入った!特に10曲目“Mr.Trouble Maker”はかなりカッコいい!
最後のサビで複雑なタッピングが聴けたりととさりげない技巧が
ちりばめられてていいな!歌詞はネットやる者ならだれでも知ってるであろう、あの
忌々しいアレの事を歌ってる。

俺も歌詞に共感するぞ!このサイトに掲示板が無い理由が
ここにある!
「暇なハイエナにFUCK!!」


俺が買ったのはDVD付きのもの。彼らのライヴが少し拝める。バカテク振りが堪能できるぞ!
個人的に疾走メタルチューン“ヴァンパイア”が気に入ったぜ!この曲が入ってるアルバムも買わねばな!!


Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 ツメタイカゲロウ、月光花、WILD FANG、
Mr.Trouble Maker







"振り向けば・・・/Destination"




日本のプログレハードロックバンドの2006年リリースのシングル。


大阪城ホールで行われたライヴDVDをリリースし気を吐くジャンヌダルクの
新作シングルだ!2曲入りでシングルによくあるカラオケヴァージョンは入っていない。

1曲目の“振り向けば・・・”はバラードよりの曲でストリングスが聴けるもかつての“月光花”のような
哀愁クサメロ系ではなく、もはや大衆ポップスと呼べそうな明るい曲。メロはいいのでまぁまぁ。
個人的には月光花の足元にも及んでいない。歌詞はあまりにも
現実味が無く全く共感できん(笑)。
前回の“Mr.Trouble Maker”、さらにその前の
“ACID BREATH”は最高に共感できたんだがね(笑)。

2曲目はジャンヌ本来の魅力が発揮されたメロディアスなプログレメタルだ!メタラーとしては
こういう曲がやはりイイ!かつての“ANOTHE SINGLES”を例に挙げるまでも無く、彼らの本質は
カップリング曲にあるのかもしれんな・・・!(笑)



彼らのファンなら聴いてみてもいいと思う。そうでない人はアルバムから入るほうがいいな。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 65% お気に入り曲 Destination







もどる


inserted by FC2 system