JUPITER







"CLASSICAL ELEMENT"




日本のヴィジュアル系メタルバンドによる1stアルバム。


ヴィジュアル系ながらもヴォーカル以外は完全にHM/HR・・・メロスピと言う
サウンドで数多くのヴィジュアルメタル後続群を生み出した(?)今や伝説の名バンド
Versailles・・・!
惜しまれつつも活動休止となった彼らだが、シンガーのKAMIJOを除いた
他のメンバー
新たなシンガーを招いて新バンドを結成!それがJUPITERである!
そんなわけで音楽性はVersaillesと何ら変わらないヴィジュアル系メロスピとなっており
Versailles活動休止に嘆いたリスナーの溜飲を下げる仕上がりにはなっているだろうか!?

1曲目はシンセストリングスにどこかXを彷彿とさせる語りが聴け怪しげな
バンドサウンド
クワイアも顔を出すイントロで、続く2曲目は早速の
ポジティヴなリードギター
で幕を開けメロスピ然とした疾走感を見せる、
Versaillesの流れをそのまま受け継いだかのようなムードを醸し出す曲だが
新任ヴォーカルはやはりヴィジュアル系らしい線の細い声質弱さが目立ち、
プロダクション
も含めてどうにも軽めの印象があるな・・・!3曲目はストリングスの
音色
やけにヘナチョコなファルセットが乗りズッコケさせてくれるも、その後は
クワイアが顔を出しへヴィさのあるリフと共に疾走!Versaillesに通じる空気を
醸し出すシンフォニックで優雅なメロスピとなるぞ!ギターソロも勢いがあるわい!
4曲目は怪しげなストリングス、ベースが聴けテクニカルな中に優雅な耽美性を
感じさせてくれるのう・・・!
中盤でベースのスラップに続きメロディアスなギターソロが聴け
プログレッシヴな展開も見せるぞ!5曲目はリフにどこかXっぽさを感じさせる勢いのある
メロパワ、メロスピチューン
である!ヴォーカルがちょいとナヨナヨし過ぎクセがあるだろうか!?
ツインリードのギターソロがカッコいいぞ!6曲目は穏やかなシンセストリングスで幕を明ける
優雅で叙情的なバラード曲。やはりVersaillesっぽさが強く残っているな・・・!7曲目はポジティヴな
明るさ
を放ち疾走するライト寄りのメロスピチューン。中盤のクラシカルさ漂う
ギターソロ
が聴き所だな。8曲目はドラマティックな出だしから今度はシリアスな
ムード
を放ちつつ疾走!様式美系のメロスピだがヴォーカルは弱めのデスVoじゃのう・・・!
加工Voも含めてこういう所がV系らしい部分だな。サビはクリーンVoになり
ギターソロも実に劇的である!
9曲目はイングヴェイとかもよくやるようなクラシカルなアコギ
叙情性を放ち、その後はまたシリアスなバンドサウンド、ストリングスが聴けワイルドなノリを見せるぞ!
ちょいモダン風ながら日本人好みのフックも内包しているのが特徴だな。中盤はサックスベースソロ
顔を出すぞ。10曲目はストリングスシンセ、リードギター遊園地ライクな明るさを見せる
ポップでソフトなバラード曲。11曲目はクラシカルさ満点のヴァイオリンシンセ、
リードギターで幕を開け疾走!
ヴォーカルと共にテンポが落ちるも曲調はVersaillesと
まったく同じ方向性
を向いた優雅さ漂う華麗なメロスピである!途中で何故かボサノヴァっぽい
アレンジ
が顔を出しとりあえずは差別化を図っているか!?12曲目は12分ある大作で、
SE、鐘の音に始まりクリーンギター、オルガンが登場、アトモスフェリックなムード漂う
出だしから淡々としたバンドサウンドも登場、意外にもバラード系のスローテンポで展開するが
中盤からやはり疾走、リフはなかなかにへヴィな印象もありデスVo未満のダミ声も聴けるぞ。
13曲目は明るさ漂うオーケストレーションによるアウトロ的なインストである。


音楽性はVersaillesと何ら変わらないV系メロスピで、むしろラストアルバムが
非メロスピ路線を向いてしまった
Versaillesよりもストレートに突っ走る姿勢が
好印象
なんだがやはり新任Voが線の細い感じで、KAMIJOもまぁ上手いシンガーとは
言い難いんだが
あっちにあったコクのある耽美性、エモーショナルさがどうにも薄く、
まぁ良くも悪くもこれからのシンガーだろうなぁ・・・!KAMIJOもラレーヌの頃は
アカンかった
し、キャリアを重ねればこういう問題は解決するであろう!
意外と世間の評価は賛否両論なんだが、曲が良いので個人的には大アリである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 Blessing of the Future  Decadence  RHYTHMOS  Scarlet
ALLEGORY CAVE  Atmosphere  







"THE HISTORY OF GENESIS"




日本のヴィジュアル系メタルバンドによる2ndアルバム。


Versaillesのヴォーカル以外のメンバーによって結成された新たなバンドで、音楽的には
まんまVersaillesながらに弱いヴォーカルが賛否を呼んでおり、俺もライヴ映像をチラッと
チェックしてみたが、KAMIJOが遥かに上手いシンガーに思える程に歌えておらず
ガッカリした経験がある(爆)。
本作はそんな彼等の2作目のフルアルバムで、音楽的には前作と変わらぬ
ポジティヴでシンフォニックなメロスピ
をしかと踏襲しつつも結構多様な作風を見せているな。

1曲目は早速のポジティヴなハモリギターで幕を開け疾走開始!やはりヴォーカルがどうにも
弱い上に癖を感じさせ
賛否分かれるし、ポップ寄りのサビメタラーには受けが悪そうだが
シンフォニックで明るいメロスピとしてなかなかに悪くは無いな。ギターソロはやはり聴き応えが
あるのう・・・!
2曲目は哀愁漂うクサフレーズで幕を開けこれまた疾走!メロディーの光る曲だが
サビがどうにも安っぽくて惜しいな。3曲目はダークでミステリアスな印象を放つ
へヴィ寄りのアグレッシヴな曲で、弱いながらにデスVoを披露しておりエクストリームメタルに接近!
4曲目もへヴィなリフが聴けるも、こっちはV系要素の強い今風のチャラめな印象があるな。
5曲目は穏やかさのあるバラード風。ソロパートはジャズ風でテクニックある所
見せ付けているが、クサメタラー的にはピンと来ないだろう(爆)。6曲目もいかにも
売れ線V系なポップ寄りのつまらん捨て曲。
7曲目はシンフォニックかつエキゾチックな
ストリングス
泣きのギター、クワイアが優雅さを放つメロディアスなインスト。
8曲目はフィメールクワイアストリングスをバックに従えた、シンフォニックでクラシカルな
様式美系のメロスピチューン
である!サビもあざといながらクサさを感じさせアニソン臭い女性Voも登場!
これはちょいとこっ恥ずかし過ぎるだろうか!?(爆)ギターソロはネオクラシカル要素満点で良いな・・・!
9曲目はダークでシリアスな印象のある出だしに続いてシンフォニックに疾走開始!
ダミ声で頑張ろうとしているヴォーカル
がどうにも弱過ぎて説得力に欠けるし、
サビもこれまたあざといアニソン臭さがありつつも曲自体はカッコ良くギターソロも聴き所である!
10曲目は疾走するもののチャラさ満点の売れ線な捨て曲。11曲目はストロングなリフと共に
疾走するパワフルな曲調
だけにヴォーカルの弱さが気になるなぁ・・・!メロディーラインもそれ程ではないが
ギターソロはやはりカッコいいぞ!12曲目はストリングスに始まるピアノバラード。
バンドサウンド
も顔を出し淡々と展開するのう・・・。13曲目はスペイシーなシンセが聴け
ちょいとプログレ臭を放つも、その後はこれまたバラード寄り穏やかさを演出、
途中やはりプログレメタル風になりクワイアも聴けるぞ。14曲目はへヴィな印象もありつつ
シンフォニックさも見られる疾走チューンだ!やはりダミ声Voが弱く惜しいものの
デス要素も見られドラマティックに展開するのう・・・!


何だかんだでクサメタル一本で突き進んでいた印象のある前作と比べると楽曲が
多様化
した分パッとしない捨て曲も目立ち始めて来ただろうか!?Versailles末期が
脱メロスピ、クサメタル化してしまった
だけに彼等の今後に不安が残るのう・・・!
キラー曲は完全にメタル・・・メロスピ、クサメタルで良いしメロディーセンスもあるんだが、
やはりヴィジュアル系の限界かサビがどうにも安っぽいよくあるアニソン、J-POP風ありがちな
売れ線メロディー
なんだよなぁ・・・!Versailles時代から・・・いやそれ以前から思っていたが、
彼等はテクもセンスもしかと備わっているんでヴィジュアル系畑よりも
ガチのHM/HR畑で頑張って貰いたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 The Birth of Venus  LAST MOMENT  Darkness
Red Carnation  絶望ラビリンス  SACRED ALTAR







もどる


inserted by FC2 system