JORMUNGAND







"JORMUNGAND"




龍5150氏が新たに結成した女性Voシンフォニックメタルバンドによる1stアルバム。


龍5150氏が新たに結成した完全オリジナルのバンドで、過去にも幾つか
オリジナルアルバムをリリースしてきたが
これまでが殆どを一人でこなす
プロジェクトだった
のに対し、こっちはギター1本に専念する完全なるバンド形式となっており
ヴォーカルにシーン屈指の実力派女性シンガー、みーや嬢を迎え、さらに
ベースにIRON ATTACK!のライヴでメンバーを務める超テクニカルべーシスト
坂下昌宏氏、ドラムにふぉれすとりばー氏を迎えており、
今後ライヴも控え
かなりの本気度が伺えよう・・・!
気になる音楽性はこれまでの5150で見られた壮大な
オーケストレーション
を導入したシンフォニックなメロパワ、メロスピとなっており
みーや嬢のヴォーカルスタイルの影響か相当にアニソンっぽさも強いが、メロディーが
かなりのクサさを放ちつつ
同時にテクニカルな面があり技巧派揃いのメンバーが
そのスキルを存分に放っているぞ!


1曲目はシンフォニックさを放つホーン、ストリングスピアノ等のオーケストラが
大仰なムードを醸し出すイントロで、続く2曲目はピロピロギターが顔を出し
クサさを放ち疾走開始!
リードギターがまずクサく、オーケストラヒットも目立つが
みーや嬢によるヴォーカルポップさがありやはりアニソン丸出しじゃのう・・・!
サビもまたアニソン臭プンプンながらクサさもあるぞ。ギターソロもまた速弾きしつつ
メロディーラインはクサさを感じさせてくれるな・・・!
3曲目もまたドラマティックかつ
大仰なクサさを放ち疾走!
テクニカルさもあり各メンバーの技量の高さが伺えるのう!ソロパートも
高度な技巧を見せつつもそれ以上にクサく、オーケストレーションの絡みも相当なモンである!
4曲目は今風に接近したシンセ、ちょいモダン寄りのバンドサウンドが聴けつつ淡々とした
印象
もあり龍5150氏によるデスVoも登場!まぁリードヴォーカルはやはりアニソン寄りだな。
ギターソロはテクニカルなシュレッドを披露しているぞ。5曲目は淡々としたピアノに
ヴォーカル
が乗るポップス色濃いバラード系で、途中からアコギに続き穏やかな
バンドサウンド
も登場、6曲目はメタルサウンドにこれまた今風のトランス系シンセを導入し
リズムもデジタル要素が目立ち、かなりアニソンライクなムードを放っておりメロディーラインも
そんな感じ
である。サビもアニソン丸出しながら疾走しておりかなりクサさがあるのう・・・!
7曲目は従来の5150らしいクワイア系コーラスで幕を開けシンフォニックなオーケストラ、
バンドサウンドと共に疾走開始!
だがAメロで急に失速しマイルドになるのはあんま好ましい
アレンジじゃない
かも知れんなぁ・・・!まぁサビはまた疾走し大仰なオーケストレーション、
クワイア
も登場しメロディーもクサいぞ!中盤でハモンドも顔を出しプログレッシヴな
キメフレーズ
まで炸裂!さらに穏やかさも見られつつベースのタッピングに続き
ギターソロはRHAPSODY OF FIREライクなクサフレーズを披露する!


音は軽めで特にドラムが折角生なのに引っ込み気味で余計薄さが目立っているのが
実に惜しいが、音楽的にはアニソンの要素を強く押し出しつつもシンフォニックで
大仰なドラマティックさ、クサさ
を放つテクニカルなメロパワ、メロスピとなっており
これまでの5150を追いかけてきたクサメタラーであれば何ら遜色無く楽しむ事が
出来る
だろう!だがシンフォニックメタルのみならず今風のトランス系シンセ、
デジタルリズム
を導入しかなりアニソンに接近した楽曲もあり、この辺がメタラー的に
評価が分かれる部分
かも知れんのう・・・!みーや嬢のヴォーカル文句無しに上手いのだが
アニソン丸出しな媚び系の声質なんで硬派なメタラーには喜ばれないだろうし、個人的にも
やはり好きなタイプでは無いんだがメロディーの良さ、テクニックは相当なモンである!
アニソンが嫌いじゃないクサメタラーならばガッツポーズモノの1枚だろう!




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Heart Wave  Shining On  Spiral Feel







"Screaming Trance"




龍5150氏が新たに結成した女性Voアニソンメタルバンドによる2ndアルバム。


シンフォニック東方等で名を馳せる、同人メタルシーンを代表する実力派ミュージシャン
一人である龍氏による新たなバンドの2作目である!ライヴも一度お目にかかっており、メンバー全員が
テクニシャン揃い
圧倒的なスキルの高さを存分に見せつけてくれたのを記憶しているが、
彼等の持ち味はテクニックのみでは無く、むしろ楽曲、メロディーの良さで、本作もまたそれを
しかと踏襲しており、バカテクの中に光るポップでキャッチーな美メロを存分に
聴かせてくれるぞ!
また前作はどうやらドラムが打ち込みだったようだが、本作は生に
なってくれたのだろうか!?打ち込みっぽい音色なんだが・・・!

1曲目はシンフォニックなオーケストレーションが荘厳さを放つイントロで、2曲目は今風な
トランス風シンセ
が目立ちアニソン色濃い女性Voも登場し疾走!あまりHM/HRな感じはしないが
キャッチーさはかなり強く、
3曲目もまたトランスライクなシンセがイマドキっぽいポジティヴさ
演出しつつモダン寄りのリフデスVoも登場!中盤はかなり怪しげな空気が放たれ、その後は
メロディアスでキャッチーなギターソロになるぞ。4曲目もまたどこか怪しい印象のあるシンセ
続いて捻くれたオルタナ風の空気が放たれ、サビもかなりASIAN KUNG-FU GENERATION、
NUMBER GIRL
なタイプの歌謡メロディーである!ベースソロも顔を出しさらにジャジーな
オシャレパート
まで登場するのう・・・!5曲目はエクストリームメタルに接近したかのようなダーティーな
リフ
が聴け疾走するも、その後はアニソン風メロスピに近い感じになりサビが実にキャッチーである!
6曲目は忙しないギターシンガロングが聴け、ノイジーなギターインダストリアル
印象がありつつ穏やかなパートも顔を出し、やはりサビはアニソン色が濃いな。7曲目は従来の
シンフォニック東方を踏襲したかのようなクワイアオーケストレーションが聴け疾走!
ギターの音色はノイジーだがやはりこういうタイプのシンフォニックメタル個人的に
一番好みだな(笑)。
サビも勇壮さがありアニソンポップスよりもこういうタイプのほうが
やっぱ個人的に好みじゃのう・・・!ギターソロも一番クサく、ベースソロも凄まじいぞ!


本作もまた音は軽くドラムが打ち込みっぽいし、坂下昌宏氏の超絶ベースライン
聴き取り辛くそこが惜しいが、メロスピが根底にあるんで(?)軽さにはそこまで不満では無く、
アニソン、J-POP然としたメロディーラインも今や近代歌謡ジャパメタからヴィジュアル系、
果てはポストハードコア勢ですらよくやる印象があり、並程度のセンスしか無い
コンポーザー
が書くとありきたりな感じになっちまうんだが、JORMUNGANDにそれは
当て嵌まらん
な・・・!イマドキっぽいデジタル色濃いシンセワーククソ上手いが
アニソン然とした声質のみーや嬢のVo
等やはり俺の好みのタイプとは言い難いんだが、
クオリティーの高さで楽しめる1枚である!つまりこの手のタイプが好みであれば
俺以上にもっと楽しめるアルバムだと言う事だな。




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Screaming Trance  Blast on myself
革命エクソリア







"Silent Enhancers"




龍5150氏が新たに結成した女性Voアニソンメタルバンドによる3rdアルバム。


ここ最近はシンフォニックメタル以外にも幅広い音楽性を見せ、懐の広さを
感じさせてくれるシンガー/ギタリスト/コンポーザー、龍5150氏による本格的な
女性VoHM/HRバンドによる通産3作目のアルバムである!実は音楽的にはそこまで
ガチのメタルと言う訳では無く、むしろハードなJ-ROCKと言いたくなる感じで
ある意味ライトな印象が強く、曲によっては国産オルタナ風の要素すらあるんだが、
メンバー全員が圧倒的なバカテクの持ち主でポップさ、キャッチーさの裏に隠れた
高度な技巧を楽しむ事も出来る実力派バンドでもある!本作も方向性としては
過去2作を踏襲した形で、硬派さは無いんだが質の高さで些細な好みを捻じ伏せる
ハイレベルなアニソンメタルを聴かせてくれるぞ!

1曲目はピアノ、トランス系デジタルシンセによるオシャレなイントロで、
2曲目もそんな感じのシンセが派手に目立ちつつギターはHM/HRしており疾走!
トランスシンセ、女性Voのメロスピ
と言える曲で、サビはいかにもアニソンだな。
3曲目は軽快なノリで派手なシンセが目立ち、全ての楽器がかなりテクニカルだが
ノリ自体は国産歌謡オルタナ風な面もあり、途中一瞬ジャズ風にもなりベースの
タッピングソロ
も登場!4曲目はハードさのあるギタートランス風シンセも目立ち、
シンガロンググロウルも聴けるぞ。5曲目も派手なシンセが目立ちメロスピ的な
疾走感
があり、ベースも唸りつつギターが劇的なクサさを感じさせてくれるな・・・!
6曲目は珍しく様式美色濃いチェンバロ系シンセストリングスが聴け疾走!
Voラインもそんな感じの劇的さがあり、チャラい今風アニソンメタルよりかは好みだが、
凄まじく質の高い同人ゴシックと言えなくも無いだろうか!?ギターソロもクサいぞ!
7曲目はパワフルさを感じさせる爆走メロパワチューンで、大仰なシンセ、シンガロングも目立ち
龍氏が別にやってる“東方合体ゲンソウオー”に通じる熱さを感じさせるのう・・・!
ベースライン、ギターソロもかなりの聴き所である!


女性Voの声質やメロディーラインはいかにもなアニソン、J-POP系のキャッチーな
感じなんだが、演奏や楽曲のレベルが高く、余程こういうタイプのアニソンや
J-POP、国産オルタナ、J-ROCKが好きで無ければこの手のジャンルはJORMUNGANDだけ
聴いていれば十分
と言える水準の高さを見せておる!欠点は音が軽い所だが、
こういう音楽性でゴリゴリのヘヴィさが向いているかと言ったら微妙な所だろうし、
音が悪い訳では無いのでこれ位で十分かもな・・・!ライトなアニソン系のみならず
様式美系のクラシカルな曲やひたすらに熱いパワーメタルチューン等、
俺等好みの曲もしかとあるのが嬉しいのう!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Living A Planet  Silent Enhancers
鋼鉄裁判  Steel Lazer 〜私の愛したヘヴィメタル〜







もどる


inserted by FC2 system