JOB FOR A COWBOY







"Demonocracy"




アリゾナ出身のハードコア/カオティックエクストリームメタルバンドの3rdアルバム。


若手ながらエクストリームメタル系のライヴやイベントで何度も来日経験があり
キャリアを積んでいる実力派バンドの最新アルバムである!メタルコア以降
幅を利かせるようになったデスコアのルーツ的バンドの一つとされているようだが
音楽的にはそこまでゴリゴリにヘヴィではなくどちらかと言えばハードコア要素の
強い
相当にテンションの高い爆走エクストリームメタルカオティックコアに通じる
変態的なテクニカルさも見せつけ怪しげなフレーズも多用、ヴォーカルは低音咆哮と
高音絶叫の2パターンを披露
しており音自体はヘヴィと言うわけではなく意外な
聴き易さもある
が基本的にブチ切れたアグレッシヴさを見せておる!

1曲目から早速テンションの高いカオティック要素も内包した爆走サウンドが
展開するハードコアメタルが炸裂!
ギターソロは変態要素を交えたかなり
テクニカルなプレイを披露しているのう・・・!後半は不穏なムードを醸し出す
ミドルテンポ
になりギターも怪しげなフレーズを聴かせてくれるぞ。2曲目は
ノリの良さを見せつつつもやはり怪しいムード漂うカオティック要素を放つ
ファストチューンでギターソロはテクニカルな速弾きを見せつつ怪しげな
メロディーも披露するぞ!
3曲目もまた高いテンションで爆走する変態要素
満点のカオティックコア色濃いファストチューン
でギターソロはハモリで
変態フレーズを連発!
後半はこれまたテンポダウンし多少の落ち着きを見せつつ
怪しさ満点の展開を見せておるのう・・・!4曲目もまたカオティックな
ムードを持った変態チューン
でベースが唸っておりギターソロも何とも如何わしい
雰囲気を見せているな。
5曲目はこれまたハイテンションな爆走変態チューン
ベースも目立ちつつドラムも複雑な叩きっぷりを見せリズムチェンジしつつ
所々で勢い良く爆走!ギターソロは怪しげながらメロディアスさもあるな。
6曲目は出だしから勢い良く爆走するもその後はリフが細かく印象的な
刻み
を見せ怪しいハモリを見せるリードギターも聴けるぞ!やはりテクニカルな
プレイも披露しておるな・・・!
中盤はノリの良いリズムになりギターソロは
意外とメロディアスなツインリードも聴かせてくれるぞ!7曲目もテンションの
高さ
を見せるが怪しげなムードが強い感じで爆走しつつベースも唸り中盤の
ギターソロはテクニカルさの中にやはりメロディーが内包されているな。
8曲目は本作の中でも特に突進力のある勢いに満ちたファストチューン
強烈なまでに高いテンションを見せつけ変態要素を保ちつつ爆走!それでいて
途中のギターはハモリで怪しいフレーズを披露しエキゾチックなメロディーがちゃんと
ある辺りも心憎いのう・・・!後半はベースが目立ちまくるぞ!
9曲目は本作中唯一と言えるスローチューンで怪しげなムードを前面に押し出し
この辺のセンスはどこかCONVERGEに通じるものがあるか!?


プロダクション的に極悪なヘヴィさがあるわけではなくテンションの高さ
メインとなっているので基本的にデスコアと言うよりはカオティックコア
近いムードがあり変態的リズムチェンジ怪しげな不協和音を連発、
まるで止まったら死ぬ老人のように終始暴れまくっているがギターソロは流麗な
テクニカルさ
があり怪しさを見せつつ意外とメロディアスな部分もあり
そこも重すぎない音質と相まって聴き易さのある要因だろう・・・!
音楽性が音楽性だけに金太郎飴状態になりそうだがその直前で留まっておりかろうじて(?)
各曲に差別化が図られているように感じられるのも良いな。カオティックで変態、
とにかくアグレッシヴでハイテンションな事この上無いがそれなのに極めて
聴き易い
というある意味奇跡的なバランス感を持った1枚か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Children of Deceit  Nourishment Through Bloodshed  Imperium Wolves
Black Discharge  The Manipulation Stream  The Deity Misconception  Fearmonger







"Sun Eater"




アリゾナ出身のハードコア/カオティックエクストリームメタルバンドによる4thアルバム。


ハードコア/デスコア系のバンドの中でも特に知られるビッグネームの一組で、
どちらかと言ったらカオティックコアに近いテクニカルさを持ったバンドで
ゴリゴリなヘヴィさよりもテンションの高さを重視したサウンドが持ち味なんだが、
通産4作目の本作は何とアグレッション、ヘヴィさが減退しており、知的さのある
プログレッシヴメタルに接近し、それに伴い疾走感も減っておりスロー、
ミドルパートがやけに多くなってしまっている
のう・・・!どうやらドラマーが
交代した
らしいが、それが原因だろうか!?

1曲目は意外にもラフな気だるさを放ち、ベースが相当に目立っておりギターソロは
やけにメロディアス
だな・・・!2曲目も怪しく淡々とした気だるいスロー曲となり
サイケデリックな空気があるが、途中から少しカオティックになるぞ。
3曲目はようやくカオティックに疾走するパートも見られるが、やはり基本は
スローテンポプログレメタル的な細かさを感じさせるのう・・・!
4曲目もブラストで疾走しつつ知的なテクニカルさも見られ、後半は退廃的な
空気
が漂い始めるぞ。5曲目もブラストで爆走しつつテクニカルな演奏が目立っており、
途中からやはりテンポダウンしてしまうな・・・!6曲目はストロングさを感じさせるが
これまた重苦しいスローテンポ主体で、テクニカルさも強くベースがまた
かなり目立っているぞ。7曲目は疾走感を見せつつも、やはりテクニカルなスロー、
ミドルパート
が多く、8曲目は気だるいムードが漂うスロー曲に舞い戻り
9曲目は重苦しさが見られるスローテンポで、ギターがドラマティックだな。


元々ヘヴィグルーヴよりもテクニカルさ、テンションの高さが持ち味の
バンドだったが、ドラマーが交代したからかどうかは知らんが暴れまくりの
爆走チューン主体
だった前作とはうって変わって気だるいサイケデリック、
スラッジ系のスロー曲
が目立っており、疾走好きにはガッカリされる
1枚だろうな・・・!
アルバム中盤からブラストで疾走する曲も顔を出すが
頭2曲の方向性の変化っぷりは凄まじく、一瞬違うバンドかと思った程である!(爆)
ただ全体的にカオティックと言うよりはプログレメタルに接近した感じで、
ギターソロが相当にメロディアスなのは評価出来る部分だろう。
エクストリームメタル
ではあるが、エクストリームさを求めては
いけない
と言うある意味矛盾に満ちたアルバムかもな!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 The Stone Cross  The Synthetic Sea







もどる


inserted by FC2 system