JET ALMOND







"anything goes"




日本のカヴァーパンク企画バンドの1stアルバム。


J-POPの様々な有名曲をパンク・・・メロコア、エモコアにアレンジして
カヴァーする最近増えた企画モノのバンドで、ヴォーカルは
女性で気だるく歌うスタイルが印象的で上手くは無いが味はあるな。
バンドサウンドはパンクではあるが意外とハードロック的な
パワフルさ
を持っておりパンクとしては下手じゃなくタイトな
印象
があるのはメタラーには好印象である!

かつてカップヌードルのCMで使われていたクラシック
“ワルキューレの騎行”がちょいインダストリアルで歪なロック
アレンジされたイントロに続く2曲目はHELLOWEENの
“EAGLE FLY FREE”
のAメロに良く似たメロディーを持つ
“アルプス一万尺”アップテンポのエモ系になっているぞ!
3曲目は知らん曲だがこれまたエモな雰囲気を出しつつラウドさ
あり悪くないな。4曲目は“キューティーハニー”のカヴァーで
これもアップテンポのエモ系ロックになっている。個人的にはめちゃイケ
森三中の今やすっかり肥えた黒沢がやってた
テキトーハニーのイメージのほうが強いな(笑)。5曲目は
かつてXもライヴでカヴァーした“20TH CENTURY BOY”で元が
ハードロック寄りなのでこっちもリフがそんな感じでやはり
パンクらしくテンポは上がっており途中で疾走するぞ!
ギターソロは下手糞だがパンクだからまぁこんなモンだろう・・・。
6曲目はどっかで聴いたことのある童謡で疾走するメロコアと
なっておりメロディーのクサさと相まってHAWAIIAN 6タイプの
クサパンク化している所がたまらん!(笑)7曲目は知らん曲で
アップテンポの叙情性を持ったエモいアレンジでやはりメロディーが
哀愁バリバリでクサくサビでメロスピの如く疾走している!
まったく知らん曲かと思ったらサビのラストはボキャブラ
聴いたことあるな・・・!(爆)8曲目も知らんがこれまた
哀愁漂うメロディーが聴けちょいと青春パンクっぽい雰囲気もあるな。
9曲目は有名曲“おどるポンポコリン”でロック、パンク化
しているも意外と原曲に忠実だな。サビ後のAメロでテンポが
上がる
のはもはやお約束か!?10曲目はやはり知らん曲で
哀愁漂うメロディーを持ったミドル〜アップテンポチューンだ。


この手のJ-POPカヴァーの企画モノは最近かなり増えており
マーティ・フリードマンもアンドリューW.K.も、SNUFFのダンカンもスコット・マーフィーも
エリック・マーティンもやっていたわけだが本作はヴォーカルこそ
女性
なれど意外とタイトな疾走メロコア、エモコアにアレンジされており
日本人の琴線に触れるクサい叙情メロディーが多く聴けメロスピ、
クサメタル
に通じる雰囲気を感じ取れたわい!またヴォーカルが
音楽性にマッチしているのも大きなアピールポイントだろう!
パンク、女性Vo、この手のカヴァーに偏見が無いクサメタラーに
オススメできる
アルバムだと言えるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 アルプス一万尺、すいみん不足、
ロビンソン







"anything goes 2"




日本のカヴァーパンク企画バンドの2ndアルバム。


一発屋の企画モノかと思いきや早くも2作目の登場である!
音楽的には前作同様典型的J-POPスタイルで上手くは無いが
味のある女性Vo、意外とハードロック的なバンドサウンドで
疾走するメロコアスタイルを踏襲しており今回も有名ポップスの
カヴァー
で構成されているが何と洋楽曲も含まれており
あの今は亡きKING OF POP、マイケル・ジャクソンの曲も
収録されているぞフーズバッ!ポォウ!パン!茶!宿直!(爆)

アコギが民謡的な雰囲気を醸し出しバンドサウンド、
ギターフレーズはどこかアイリッシュパンク的な風情を
演出するイントロに続く2曲目は絡み合うツインリード
幕を開ける有名オールドスクール歌謡曲でサビで疾走するぞ!
3曲目はピアノの単音リフも聴ける疾走チューンで
早口ヴォーカルもクサめで良いな。4曲目はどこか穏やかな
雰囲気
を感じさせるがリズムが何気に複雑で演奏スキルの
高さを感じさせてくれるな・・・!メロディーもかなり
クサめ
である!5曲目はNUMBER GIRL的なフレーズが聴ける
有名な歌謡J-POPだ。中盤でテンポが上がり疾走を開始する!
そして6曲目は上記したマイコーの“BAD”だがヴォーカルが
リズム面で致命的に弱すぎる上にアレンジもまったくの
別物・・・
まぁこっちはパンクなんでしょうがないがマイケルが
時折見せるフェイク・・・ヴォーカル入る前の「ダッ!」とかが
一切無いのも微妙すぎるのう・・・!KING OF POPへのリスペクトが
感じられない、時事ネタ的選曲
としか言えん!これでは俺みたいな
マジでマイコーを愛する人間を満足させる事など到底出来んわい!
まさにフーズバッ!なアレンジである・・・!7曲目は無難な
ポップパンク
でまぁメロディーは多少哀愁があるのでまだ良いが
普通すぎるのう・・・!8曲目はコミカルさのある典型的ポップパンクで
9曲目はシェリル・クロウの曲でこれも普通のアップテンポメロコアになっており
没個性だな・・・!10曲目は多重録音コーラスで始まるが
やはりこれもごくごく普通のガールズポップパンクとなっており
前作にあれだけあった強烈な爆走歌謡クサクサメロディーが皆無である!


前作と違いメロスピに通じる爆走しまくりのファストチューンが
減っておりそれに伴い選曲も微妙でクサさの減退に繋がっちまって
いるなぁ・・・!ヴォーカルも加工が気持ち強くなった感があり
歌唱力の弱さを隠すかのようだ・・・やっぱこの手の企画モノは
一発で十分だな!映画の続編モノと同じでなまじ最初に売れたが為に
2匹目のドジョウを狙って失敗する典型例である!マイケルなめんな!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 キセキ、いつも何度でも







もどる


inserted by FC2 system