JACK POT BELL







"RE:VIVAL"




日本の女性ヴォーカルメロコアバンドの2ndアルバム。


女性ヴォーカルをフロントに据え部分的に男Voも顔を出し、エモやスクリーモ、
メタルコア、
さらにラップ等の要素も導入したミクスチャー的なスタイルを見せる
国産メロディックパンクバンドによる2作目のアルバムで、上記したようメタルコアやら
ミクスチャーやらの要素を取り入れてはいるらしいが基本的にはストレートな
メロコアとなっており、
部分的にメタリックな要素を見せたい箇所も出てくるが
音作りはメロコアだけあって相当に軽く、疾走感はあれどアグレッションは無く
普通にメロコアだと思って聴くのが得策
だろう・・・!

1曲目から早速爽やかさを撒き散らし勢い良く疾走!いかにもメロコアな音作りだが
女性Voと言うのが他のバンドと差別化が図られている点か!?後半はテンポダウンし
キャッチーな日本語メロを歌うぞ!
2曲目はそれなりにハードさのあるギターで
幕を開けるが
その後はノーマルなメロコアとなり疾走、ラップ的な男Voも顔を出し
チャラさもあるな・・・!中盤はビートダウンになるが決定的に音が軽く、この辺が
メロコア、パンクの限界だろう・・・!3曲目はキャッチーなノリの良さを見せる
ミドル〜アップテンポ曲
男Voが自己主張するも途中から女性Voが歌うぞ。4曲目は
チャラさ漂うデジタルサウンドが顔を出しバンドサウンドも聴けるがトランス、
ダンスミュージック的な軽薄さが漂っておるわい!(爆)
5曲目はライトな軽快さのある
アップテンポ曲
でサビがまたクソチャラいのう!(爆)6曲目は多少のメロウさを見せる
ギター
で幕を開け淡々としたムードを放つが男Voがラップ紛いの歌唱を披露しており
イラッとさせられるのう・・・!(爆)女性Voはハスキーっぽくて悪くないんだが・・・!
7曲目はここに来てなかなかにまっとうなスクリーモ的ハードさを持ったギターが登場!
まぁ軽さはあり男Voも部分的にシャウトを披露するがやはり弱く、決してメタルコアとは
呼べない
のだが本作では最もストロングな曲だな。8曲目は女性Voクリーンギター
日本人らしいキャッチーさを放ち、その後はこれまた本作にしてはパワフルな
疾走感
を見せる似非メタル風スクリーモチューンだ!サビのキャッチー寄りクサメロ
パンクと言うよりも同人クサメタル臭が漂っておるわい!(爆)


女性Voミクスチャーパンクではあるが基本はストレートなメロコアで、部分部分で
ビートダウンやラップ風Vo、チャラいデジタルサウンドを見せているものの
それら全てが中途半端付け焼刃以外の何者でも無い!(爆)演奏はタイトで
女性Voもなかなかに味があり下手では無く、普通にメロコア一本に絞って
やったほうがいい
と思うんだがどうだろうか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 FIND THE WAY  START AND END  例え散りゆく定めでも







もどる


inserted by FC2 system