Infinita Symphonia







"A Minds Chronicle"




イタリア出身のシンフォニックプログレッシヴメタルバンドの1stアルバム。


良く言えばしなやか、悪く言えばヘナチョコな(爆)B級メタル、B級メロスピ大国イタリアから
新たに姿を現したバンドで、新人によるデビュー作ではあるがどういうコネを持っているのか
ゲストシンガー
としてファビオ・リオーネティム“リッパー”オーウェンズが参加しており
話題を呼びそうだが、音楽的にはよくあるイタリアンメロスピではなく無機質なタイトさを
感じさせるシリアスなプログレメタル
にシンセがシンフォニックなオーケストレーションを
被せたスタイル
となっておりそこまでテク重視のスタイルではない。

1曲目はシンセオーケストレーションが壮麗なシンフォニックさを演出するイントロで
続く2曲目は意外とモダン寄りのパワフルなサウンドでまっとうなプログレメタルをプレイ、
ヴォーカルも弱さはあるがそこまでヘナチョコというわけではなくまぁまぁ悪くはないし
プロダクションも意外と良いな。バックでシンセが盛り上がりを見せサビはシンフォニックな
ムードもあるのが特徴か!?
ギターソロはこれまた意外とワウを効かせたメロディー重視の
プレイ
だ。後半のシャウトも熱くその後のピアノパートはメロウだな。3曲目はちょいと
叙情性を感じさせるバンドサウンドに絶叫寄りのシャウトが乗っかりその後は淡々とした
ムード
になりつつ疾走パートも顔を出すぞ。ギターソロは長めだがやはりテクよりも
展開を重視したプレイ
でなかなかに聴き応えあるのう・・・!4曲目はクリーンギターが
穏やかなメロウさ
を放ちピアノも登場、ヴォーカルも曲調にマッチした淡々とした歌唱
披露しておりなかなかに良くサビで盛り上がりを見せるバラード系の曲だ。5曲目は退廃的な
ノイジーさ
を持ったギターに始まりバックでオルガンの音色が聴けるシリアスなプログレメタル
ギターフレーズがなかなかにドラマティック電子音シンセも顔を出し変拍子と共にヴォーカルが登場、
サビは疾走しなかなかにキャッチーな部分もあるのう・・・!ギターソロもテクニカルなプレイ
披露しつつドラマティックさ重視でその後のシンフォニックなシンセオーケストレーション
良いのう・・・!6曲目はシンセが壮大な広がり感のあるパートを見せその後はアコギ、ピアノが
メロウなムード
を醸し出すプログレ要素の濃いバラード系の曲だが疾走パートも顔を出し
ヴォーカルメロディーも意外と劇的でクサめな部分があるぞ!7曲目は緊迫感あるバンドサウンド、
ストリングスシンセ
シリアスかつドラマティックなアレンジを見せこの辺の劇的さが
イタリアのバンドならではの部分だろうか!?サビの大仰なオーケストレーションも良いのう!
8曲目はリリカルなピアノ、ストリングスに始まりバンドサウンドが盛り上がり叙情的なギター、
ツーバス
が顔を出しヴォーカルパートは淡々としたメロウさの強いドラマティックで大仰な
シンフォニックバラード。
ハモリを見せるギターがまたクサく良いのう・・・!途中から急に
テンポアップする
辺りやはりプログレメタルだな(笑)。9曲目はこれまた叙情的な
アコギ
がどこかダークなムードを演出しヴォーカルも淡々と歌い叙情性を演出するバラード曲。
他の曲と違いアコギとシンセストリングスがかなりの割合でメインを張っているが後半は
バンドサウンドになりエモーショナルな泣きのギターもバックでオブリを入れているぞ。
ラスト付近のアコギがまたクサいのう・・・!10曲目はピアノが淡々とした雰囲気
またしてもバラード気味のムードを醸し出しつつストリングスがダークな叙情性を演出、
そしてへヴィ寄りのタイトなバンドサウンドが顔を出しちょいモダン気味かつシリアスで
ドラマティックな曲調
となるぞ!アップテンポのパートも多くプログレメタルだが
やはりテクより劇的さ、構築美重視の楽曲に仕上がっておるのう!後半のミステリアスな
ストリングス
も良いな・・・!11曲目はどこかルーズで気だるく退廃的ながらノリの良さも見せる
ミドルテンポ曲
でストリングスがどこかエキゾチックな盛り上がりを見せる箇所もありつつ
全体的にアメリカンロック的なカラッとしたムードがあるのう・・・!ギターソロは泣きの
メロディー重視
シンセソロも登場、明るいユニゾンはまさにプログレメタル以外の
何者でもなく
ソロ後半はギターも流麗な速弾きを披露するぞ!ラストはアコギ、ピアノで締めだ。


シンセがストリングスやオルガンの音色でバックに流れるシリアスで緊迫感あるタイトな
プログレッシヴメタル
をプレイしておりテクニカルな部分は勿論あるがテクに走らず
展開、構築重視のスタイル
をとっており疾走パートもなかなかに目立っており
楽曲重視のリスナーも楽しめそうな仕上がりになっているな。こうなってくると
ヴォーカルメロディーにもうちょいキャッチーさ、フックがあればもっと良かった
思えるがプログレメタルとしてはこれでも十分にメロウだろう。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Lost In My Own Brain、Mighty Storm、Planet Universe、
Only One Reason、Lost And Found、The Equation Of The End







"Infinita Symphonia"




イタリア出身のシンフォニックプログレッシヴメタルバンドの2ndアルバム。


B級クサメタル大国イタリアから登場した、自称(?)シンフォニックメタル、
実際プログレメタル
による2作目のアルバムである!デビュー作となった前作は
悪くは無かった
ものの、シンフォニックなメロパワ、メロスピ系を期待していたのに
蓋を開けたらプログレメタル肩透かし感があったのも事実である・・・!
そんなわけで本作もまたシンフォニックさを見せつつも基本はプログレメタルなんだが
テクニック重視になる事は無く、あくまでも楽曲重視の姿勢を見せているのは好印象だな。

1曲目は妙にノーマルでオーソドックスなハードロック的ギターリフで幕を開け
音楽性変わっちまったのかと危惧するも、すぐにシンセ、ピアノが優雅さを演出、
基本は淡々としたミドル曲だがシンフォニック要素も残っており、中盤はなかなかに
劇的
だが後半どこかダンサブルなリズムも聴けるのう・・・!2曲目はやけにマイルドで
淡々としたリフ
が聴けるもシンセも顔を出し、妙にマイルドで穏やかなアダルト風味を
演出するバラード風
になるな・・・。途中からメタリックさが増量され、マイルドで
エモーショナルなヴォーカル
と共にプログレメタル風味を増していくぞ。中盤はやけに強引な
疾走感
もあり流麗でテクニカルなギターソロも顔を出すぞ。3曲目はメロウな出だしからうって変わって
モダンさすら見せるへヴィ寄りのリフが登場、この辺がまたいかにもDREAM THEATERタイプの
プログレメタル
ってな感じじゃな・・・!後半はタッピングと共に疾走するぞ!4曲目はへヴィなリフに
壮麗さのあるストリングス、ホーン系シンセ
が乗りシンフォニックな印象を見せるも、
これまた基本はプログレメタル系である。5曲目はハスキーさのあるエモーショナルな
ヴォーカル
アコギ、ピアノ、ストリングスが聴けるメロウさ満点のバラードで、こういうセンスは
やはりイタリアのバンドらしいのう・・・!途中女性Vo泣きのギターソロも聴けるぞ。
6曲目は穏やかさの中にラフさのあるギターが聴けるミドル〜アップテンポ曲。
中盤クリーンギター、ピアノによる叙情的で静かなパートになりシアトリカルな
ヴォーカル
も聴けるのう・・・!後半は一気に疾走するぞ!7曲目は穏やかなアコギがどこかラテンな
ムード
を醸し出しピアノも聴けるGIPSY KINGSライクな繋ぎのインスト。8曲目もアコギで幕を明け
穏やかさを演出しエモーショナルなヴォーカルも登場、マイルドさの強いバラードとなり
後半はギターソロも聴け盛り上がりを見せるぞ!9曲目は冷たさのあるピアノに
淡々としたドラム
が聴けダークで怪しげなムードを演出、へヴィなリフも顔を出し
重厚な展開を見せる短い繋ぎで、そのまま繋がる10曲目は怪しさを保ちつつも淡々とした
大人しさ
を見せるが、その後はバンドサウンドも顔を出し怪しくもプログレメタル的なムードを醸し出すぞ。
シアトリカルなヴォーカル等なかなかにドラマティックで良いな・・・!


シンセオーケストレーションが優雅さを放っているものの、やはり基本はメロパワでは無く
DREAM THEATER辺りの流れを汲んだプログレッシヴメタル
となっておりクサメタルを求めると
前作同様思い切り肩透かしになる
だろうなぁ・・・!前作以上にプログレメタル寄りになった印象もあり
疾走パートもクサさは皆無で、あくまでもプログレメタル的アレンジの一環としての
疾走感
となっておりやはりクサメタラーよりもプログレメタラー向けのバンドだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 If I Could Go Back  In Your Eyes  Limbo







もどる


inserted by FC2 system