Imperial Circus Dead Decadence







"廃した少女は、這い寄る混沌と邂逅す。"




日本のシンフォニックヴィジュアルゴシックデス/ブラックメタルプロジェクトによるシングル。


以前リリースされた1stフルアルバムでうちがライナーノーツを手がけた事でも知られる
シンフォニックヴィジュアルデス/ブラックメタルプロジェクトによる3曲入りシングルである!
音楽的にはまさにCRADLE OF FILTH、Dir en grey、Sound Horizonを融合させた感じで
特徴としては高、中、低音デスVoV系ライクなクリーンVo等様々な声色を使い分ける
実力派の男Voが挙げられるが前のアルバムでは女性Voも顔を出し男女ツインVoの様相を
醸し出しておった・・・!だが女性シンガーのほうはまだ力量的に未熟で評判も
それなりだった
のか本作で顔を覗かせる事は無く、結果としてサンホラ要素が消滅した感があるが
それでも大仰さ、シンフォニックさ、アグレッションは健在でクオリティーは向上しておるわい!

1曲目はモダンな質感を持ったメロデスサウンドにシンフォニックなオーケストレーションを
乗せて爆走、絶叫タイプのデスVoにしわがれたガテラル系の低音咆哮も披露し
大仰でドラマティックかつアグレッシヴな展開を見せるブルータルなサウンドが聴けるが
その後ファルセット、コーラス、語りも登場しそしていかにもV系なクリーンVoが
満を持して顔を出すぞ!
後半では叙情的なギターも聴けその後のシンフォニックな
オーケストレーションにV系ヴォーカルが乗る壮麗なパートも良いな・・・!メロディーも
キャッチーで良くラストはブラストで爆走だ!2曲目は過去曲のリメイクでパーカッシヴな
ドラムに始まりギターのトレモロ、ホイッスル絶叫が聴け疾走開始!チェンバロもキラキラと
顔を出し喚き散らすデスVoにクリーンVoも重なりそして3連リズムになりこれまた大仰に、
劇的に展開
していくぞ!中盤のメロディアスなギター、アグレッシヴな爆走も熱くその後
静寂パートが顔を出しそして速弾き系のギターソロ正統派メタルライクな
リードギター
も顔を出し爆走!全体的に原曲よりもさらにパワーアップしておるのう・・・!
ラスト間際のチェンバロ、ストリングス、クリーンVoパートも非常にドラマティックだな。
3曲目は過去曲のアコースティックヴァージョンで流麗なアコギの調べにソフトかつ
いかにもV系らしい妖しさを持ったクリーンVoが聴ける穏やかなバラード風に仕上がっているぞ。
コーラス、ファルセットのスキャットも良くアコギソロも顔を出しラストは
Dirを思わせるダミ声V系歌唱が実にエモーショナルである!


女性Voは無くなったがプロダクション、演奏、ヴォーカルとさらにクオリティーアップした
印象があり
楽曲の出来も非常に良いぞ!メロディーはどちらかといえばクサさよりも
V系的なキャッチーさを持つようになったがドラマティックさ、シンフォさは明らかに
増しており2ndアルバムが非常に楽しみになる1枚だと言えよう!東方アルバムも良かったが
彼にはこういうオリジナルで勝負して頂きたいものじゃ・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 廃した少女は,這い寄る混沌と邂逅す、
醜聯に耽る葬ら(the Blood Funeral Ophestra)







"黄泉より聴こゆ、皇国の燈と焔の少女。"




日本のシンフォニックヴィジュアルゴシックデス/ブラックメタルプロジェクトによる最新EP。


同人エクストリームメタルシーン最高峰の実力と知名度を誇りつつも、中心人物である
コンポーザー/シンガーのリブユウキ氏が他プロジェクトやら畑違いの活動(エロ漫画)
ウルヴァリンスパイダーマン並に多忙過ぎて全然動きが無かったプロジェクトである!
だがバンドとしてはここ最近のメインであったANOTHER STREAMが惜しまれつつも解散したため
今後はこっちの活動が多くなりそうプラスマイナスゼロと言った所だろうか・・・!そして本作は
久々にリリースされた待望のEPで、シングル扱いではあるが大作チューンが多くボリュームは
ミニアルバム並となっており、2015年一発目を飾るに相応しい景気の良い1枚である!

1曲目から早速8分を越える大作で、シンフォブラック臭漂うイントロに始まりダニ・フィルスを
思わせるシャウト
が炸裂しブラストで疾走!語りも顔を出しテクニカルなギターも聴け男女ツインVoで展開、
まさしくシンフォニックブラックとヴィジュアル系を融合させたかのような楽曲じゃのう・・・!
サビ等明るめのキャッチーさも見られこの辺がV系の流れを汲んだ部分だろうか!?途中のギターが
エモーショナルな泣きを見せており流麗なギターソロも聴けるぞ!後半もアグレッシヴな
デスVo
やらキャッチーな男女ツインVoが聴けダレの無い大作じゃのう・・・!2曲目は早速の
ピロピロギターに始まりエクストリームメタル要素と共にシンフォニックさを放ちつつ疾走!ヴォーカルも
デスVoピッグスクィールで畳み掛けつつコーラスも登場、リードギターがいちいちドラマティックで
クリーンVoもクサさを放っておる
のう・・・!ギターソロも流麗かつエモーショナルで良いぞ!ラストはサビの
クサいメロディー
シンセストリングスがなぞっているな。3曲目は某コンピに収録された1st収録曲のリメイクで、
コンピのヴァージョンとはミックスが異なっているようだ・・・。4曲目は1曲目のオーケストラヴァージョンで、
シンフォニックブラックが基盤のためやはり禍々しい印象が強く、いつの日か完全生の
フルオーケストラ
でこういう試みが出来るようになってもらいたいモンじゃて・・・!


過去作と比べてプロダクションがクリーンになっており緻密なアレンジがより聴き易く
洗練された印象があるが、
それ故にドラムがいかにも打ち込みってな雰囲気が残っており
気になる人は気になるかも知れんか!?今風の要素を持ったメロデススタイルの
ANOTHER STREAM
と比べてこっちはヴィジュアル系の要素も強いため、リブユウキ氏の
ヴォーカルスタイル
こっちのほうがマッチしておるのう・・・!今後はこっちの
活動がメインになる
ようで、フルアルバムライヴのほうも期待して良さそうだな。




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"腐蝕ルサンチマン、不死欲の猿楽座。"




日本のシンフォニックヴィジュアルゴシックデス/ブラックメタルプロジェクトによる最新EP。


ここ最近はライヴもちょくちょく行っており、バンドでは無くプロジェクトながら
完成度の高いパフォーマンスを見せてくれる、同人出身のエクストリームメタルとして
最高峰に位置する超実力派による待望の最新EPである!わざわざ言うまでも無く
方向性としては過去作をキッチリ踏襲しており、大仰さ漂うオーケストレーションに
劇的さ
を放つギター、緻密な曲展開、テンションの高いグロウル各種に男女クリーンVoと、
従来のICDDらしさをキッチリ踏襲しつつ今回ようやくドラムが生となり、バンドとして
より説得力を増した本格的なエクストリームメタルサウンドを聴かせてくれるぞ!

1曲目は早速のクサさ漂うギター、オーケストレーションで疾走し劇的さを演出!
早口スクリームがテンションの高さを見せ、サビは男女ツインVoキャッチーさ
感じさせギターも自己主張しているのう・・・!中盤以降はちょいとDjentライクな
テクニカルさ、カオティックさ
があるな。2曲目もまた大仰さ漂うシンフォニックな
エクストリームメタル
となり、ピッグスクィールを連発しつつサビはかなりV系ライクである。
ギターソロもまた流麗でメロディアスな印象があり良いな。3曲目はコンピ提供曲で、
多弦ギターのヘヴィさ、近代的なテクニカルさがICDDとしては意外と異質だろうか!?
4、5曲目は1、2曲目のオーケストラヴァージョン。当然生では無いが
現代の打ち込みサウンドのレベルの高さが伺えるな・・・!


同人音楽バブルが弾けて久しい昨今だが、やはりICDDは期待を裏切らない
極めてハイレベルな超実力派である
という事をまざまざと見せ付ける1枚じゃ!
ドラムも人間のプレイになった事でバンドらしさがより向上し、それに伴い
テクニカルなアプローチも見られるようになりライヴで再現するのが
かなり難しそうな印象
があるんだが、技巧派メンバーが集う彼等なら
生でもキッチリ再現してくれるじゃろうて・・・!曲展開がやや強引で
アイディアを詰め込み過ぎ
な印象も無きにしも非ずだが、フルアルバムへの
期待がより高まる好EPだと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system