Imperial Circus







"弐式ノ贐"




日本のヴィジュアル系プロジェクトによる1stミニアルバム。


同人エクストリームメタルの頂点、Imperial Circus Dead Decadenceを率いる
リブユウキ氏とHull氏
による新たな企画プロジェクトなんだが、
新しく結成されたわけでは無く、元々やってたヴィジュアル系のプロジェクトを
今に蘇らせたような形
らしく、音楽的にはICDDで聴けるような超が付くほどの
シンフォニックでドラマティックなエクストリームメタル
では無く、
90年代のV系をオマージュしたかのような非HM/HRなスタイルとなっており、
エクストリームメタルを求めるICDDファンにはある意味肩透かしな1枚かも知れんが、
彼のルーツを直接辿れる資料的な価値のある1枚だろうか!?ちなみにリブユウキ氏は
ここではヴォーカルのみならずギターもプレイしており、ギタリストでは無い
人間のプレイ
としてはなかなかにキチンと弾けているか!?

1曲目はV系らしい語りが聴ける短いイントロで、2曲目は和の要素を交えた
いかにもな非HM/HRな軽めのヴィジュアル系となっており、疾走パートもあり
後半はシャウトも聴けるがあくまでもV系スタイルである。3曲目も軽快な
疾走感
があるも、やはり軽い音作りで4曲目はパンク、メロコアに接近した
ライトな疾走チューン
となり、Voも珍しくしわがれた声で歌っているな・・・!
5曲目は本家のICDDに接近した疾走チューンで、グロウル等も聴けドラマティックな
ギターフレーズ
も登場!と言うかかなりDの“闇より暗い慟哭のアカペラと
薔薇より赤い情熱のアリア”
だな(爆)6曲目は今風のシンセドラムが暴れ、
これまた非HM/HRなV系じゃのう・・・!そしてシークレットトラックでDIRの
“残(リメイクヴァージョン)”
をオマージュしたデスコアチューンが聴けるんだが、
何故か東方っぽいギターフレーズも顔を出すぞ。


シークレット入れて2曲のみわざわざ俺等のようなクソワガママなメタラーのためにそういう曲を
用意して下さってはいるが、基本的には軽〜い音作りの90年代ヴィジュアル系を
見事に踏襲した感じ
で、メタラーが本作を楽しめるかどうかと言ったら微妙なんだが、
逆に当時のV系にルーツを持つリスナーならば嬉しい1枚なのだろう・・・!
こういうスタイルでやるなら当時のV系バンドにとって絶大な存在であった、
黒夢の“親愛なるデスマスク”のパロディーチューン
をやって欲しかっただろうか!?
最近のV系メタルはヘヴィで疾走してグロウル入ってるの当たり前だが、当時のV系にとって
“親愛なるデスマスク”オマージュはさながら“マッドマックス 怒りのデスロード”
観た奴がイモータン・ジョー様に忠誠を近い、集合写真撮る時V8ポーズを
してしまう位のあるあるネタ
だからなぁ・・・!(笑)




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 666番目ニ咲イタ、黒イ薔薇。
シークレットトラック







もどる


inserted by FC2 system