Imaginary Flying Machines







"Princess Ghibli"




ジブリ(久石譲)の楽曲をデスメタルアレンジでカヴァーした企画アルバム。


今メタルシーンを最も騒がせている、早くも伝説と化したアルバムである!かねてより
クサメタラーの間でもメロディーセンスが高く評価されてきた久石譲、ジブリの楽曲・・・!
やれラウンジやら、ピアノやらジャズやら何やらの比較的ユルめのカヴァーはこれまで
幾度となくされてきたがここに来てついにメロデスアレンジの登場である!メロスピではなくメロデス!
DISARMONIA MUNDI
を中心にメンバーの一人がオカマと化したBLOOD STAIN CHILD、さらにDESTRAGE、
LIVING CORPSE、NEROARGENTO
が参加しメロディックデスというよりは各バンドの特性が出たのか
電子音シンセ、デジタルリズムも多用されモダンなノリを醸し出し女性クリーンVoも交え
そしてあろう事か日本語詩で歌っておる!(爆)俺は言うまでも無くジブリには
まったく興味無い
久石譲の楽曲、メロディーは好みなんで我々メタラーにとって
ジブリナンバーが最良の形で姿を現した
と言えよう!

1曲目は電子音、オルゴール音に始まりノリの良いへヴィなリフで展開しデスVoを貴重に
女性Voも交えつつ日本語詩で咆哮される“となりのトトロ”だ!!ダンサブルさが強くこの辺は
今風のデスメタル/メタルコアっぽい所だがやはり歌詞、メロディーで爆笑してしまうわい!(笑)
2曲目はツインリードにこれまたインダストリアルっぽさも感じさせるリズムが聴けヴォーカルは
デスVoではなく女性Voだがブラストで爆走する!WRECKingCReWもやった“君をのせて”のカヴァーだ!
ブリッジでデスVoも顔を出しツインVoで展開、サビはデスVoも「父サァァァァァァァン!!!」
絶叫し笑いを誘うぞ(笑)。インストパートは電子音ストリングスリフも聴けヴォーカルを挟み
メロディアスなギターソロも聴けるのう!3曲目は女性Voが牧歌的なメロを歌いダンサブルな電子音リズム
顔を出しメタルサウンド、デスVoも聴けるが極めてトランス色濃いアレンジストリングスも登場するぞ。
4曲目はいきなりの速弾きギターで始まりへヴィリフ、カオティックなギターが聴け変態的なムード
醸し出しパンキッシュなノリの絶叫ヴォーカルが聴け疾走するDESTRAGEらしいアレンジで展開、
そしてサビで大爆笑“崖っぷちのエガ”・・・ではなく“崖の上のポニョ”のカヴァーだ!
女性Voも妙に間の抜けた歌唱でそれがまた良い(笑)。ギターソロも変態的でテクニカルだな・・・!5曲目も
パンキッシュな絶叫ヴォーカルが荒々しくバンドサウンドもノリの良さを放ち女性Voも聴ける
“下の毛姫”・・・ではなく“もののけ姫”のカヴァーだな(笑)。いきなりスウィープで始まり
ビートダウン中に弾きまくるギターソロも聴き所だ!6曲目はモダンで軽快に始まり女性Voと
共に疾走しデスVoも顔を出し珍しくクリーンな男Voも登場!まぁ正直上手くは無いのだが・・・!(爆)リフは細かく
ダンサブルな要素を持ったバッキング
も印象的でギターソロはメロディアスである!7曲目はトランス然とした
シンセで始まりリズミカルかつへヴィに疾走、女性VoがメインVoをとりピコピコ色が濃いな。ラストの
妙に遊園地っぽいシンセも良いのう・・・!8曲目はクリーンギター、荘厳なパーカッションに女性Vo、
アトモスフェリックな電子音リズムが穏やかさを演出しバンドサウンドも聴けるパワーバラード系だ。
“カリくわえしのアナルッティ”・・・じゃなくて“借りぐらしのアリエッティ”だな(言いたかっただけ)。
9曲目はウクレレみたいなフレーズに始まり爆走!ギターも変態的なピロピロ速弾きを披露し
女性Voがポップな歌唱を聴かせ軽快に展開する明るめの曲。サビではデスVoも聴けるぞ!
インストパートはへヴィで変態的かつメロディアスなギターも顔を出しヴォーカルのバックの
ギターも印象的だな・・・!10曲目は電子音を交えつつ早速の爆走!女性Voが淡々と歌う
バックは極めてアグレッシヴである!11曲目はモダンかつ妙に明るいギターが聴けこれまた
女性Voが大半を占める疾走アレンジが施された有名曲だ!中盤でデスVoが顔を出し
ビートダウンが炸裂!
12曲目はシリアスなシンセ、電子音壮麗なムードを演出し
へヴィサウンドにトランス系のデジタルサウンドが混じり久石譲史上至高のクサメロが聴ける“ナウシカ”の曲だ!
この曲こそ爆走シンフォメロデスアレンジにして頂きたかったなぁ・・・!


ジブリメタルは快楽音楽堂が前にやってくれたが完全にお株を奪う形になってしまったなぁ・・・!
メロディックデスだが慟哭系でもCHILDREN OF BODOM以降のキラキラ系でもない、今風のモダンさ
感じさせる電子音多用のアレンジでさらに日本語詩を徹底している事によりネタメタル的ムードが強く
シリアスなジブリカヴァーを求めるとアカンだろうがバンド側もギャグでやっている事請け合いの
一枚
である!デスVo以上にクリーンな女性Voが目立っているのも意外で、正直歌唱力はお世辞にも高いとは
言えない
がそれが逆に味になっていると言えなくも無いな・・・!まぁマジメに英語詩でやってたらここまで
インパクトは無かった
かも知れんし笑いに走ってある意味正解だと言えるかも知れんな!今後も継続して
ディズニーとかのカヴァーもやって頂きたいが絶対に東方だけはやらないでくれい!
いいな絶対だぞ!!東方やればカネになるなんて
DISARMONIA MUNDIに吹き込むんじゃねーぞ!!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Tonari no TOTORO、Kimi wo Nosete、Gake no Ue no Ponyo、
Sanpo、Nausicaa requiem







"Princess Ghibli U"




ジブリ(久石譲)の楽曲をデスメタルアレンジでカヴァーした企画バンドの2ndアルバム。


ネタ臭プンプンながらも有無を言わせぬ圧倒的クオリティーでシーンを思い切り
騒がせまくった伝説級のトリビュートアルバム
早くも2作目を出してきた!
ジブリとデスメタルの融合という、一件凄まじい隔たりがありそうな両者だが
クサさという部分で強烈な共通点を持っていただけに相性は良くギャグムード満点の
日本語詩
イマイチ稚拙な女性Vo等も全て(?)好印象を持たせる作用を見せ
恐るべきインパクトを放ちまくっていたんだがそれに気を良くしての2作目である!
今回もジブリ縛りだが有名所はあらかた前作で披露済みという事で今回はいささか
マニアックな選曲になっているらしいが元々ジブリを知らず興味も無い俺のような
リスナーにとっては白紙の状態で楽しめるんで大して関係無いか!?またアレンジ面では
前作以上にデジタルサウンドを目立たせておりより今風のムードを放っている感があるな。

1曲目は早速のシンセに女性Voで幕を開けアグレッシヴに疾走するがデジタル要素が
強く今風のムードを醸し出しておるのう・・・!
女性Voは相変わらず弱く稚拙さがあり
今回もまた賛否分かれよう・・・!2曲目も今風のデジタルシンセトランス的な
ムード
を醸し出し女性Voがポップな色合いを出すもバックで絶叫デスVoが喚いておる!
3曲目はドラマティックなギターで始まりアグレッシヴに爆走!ヴォーカルも絶叫で
喚き散らし
勢いの良さを見せ日本語詩とのギャップも凄まじいが女性Voはちょいと
まったりし過ぎか!?4曲目は強烈な哀愁を放つ泣きのギターが否応無くリスナーの
眼前に夕日を出現させ
ヴォーカルメロもクサさを放つパワーバラード系デスVo
顔を出すぞ。電子音が聴ける辺りは今風じゃのう・・・!後半でいきなり疾走し
クサさを撒き散らし
絶叫Voも捲くし立てるぞ!5曲目はファミコンのようなピコピコ音
始まり微妙さが漂うもギターは凄まじくヘヴィだな・・・!デスVoも実にブルータルである!
6曲目は明るめのギターと共に疾走するも女性Voはやはり弱くデジタル色濃いアレンジも
顔を出すのう・・・!
7曲目もどこか明るめのムード漂う疾走曲で珍しくクリーンな
男Vo
も登場!無理矢理日本語を歌っているような印象があるのはいいがどうにも加工気味
弱さがありバンドサウンドのブルータルさに完全に負けているのが気になるなぁ・・・!
8曲目はインストでここに来てようやく聴き覚えのあるフレーズが登場しアグレッシヴに疾走!
メロディーはクサさ満点流石は久石譲だがこういう電子音に頼らないストレートな
メタルアレンジが俺はやはり一番好きだな・・・!
中盤のギターのクラシカルな対位法も
たまらんわい!
中盤はビートダウンになりこの辺もまた今風だがギターソロはネオクラ系である!
後半はちょいプログレメタル風か!?9曲目はかなりデジタル要素の強い曲調でまるで
ゴアトランスのようなスタイルになっておりもはやメタルですら無い!(爆)女性Voは
ソプラノ系の高音で歌っているがどうもノッペリした印象があるな・・・!後半でようやく
バンドサウンドデスVoが顔を出し疾走するぞ。10曲目はデジタル音とヘヴィサウンドが
今風の混ざり方を見せ相当に無機質なインダストリアルメタルと化すのう・・・!
オルゴール風のシンセがリリカルなメロを奏でるもそれ以外は実に機械的なインストである!
11曲目は前作で伝説となった崖っぷちのエガリミックスでさらに間抜けさが
増したアレンジ
となっておるぞ!(爆)12曲目は前作の一発目を飾ったトトロのテーマの
リミックス
チャラいアレンジになってしまいこのリミックス2曲がそのまま
本作を象徴している
かのようじゃ・・・!(爆)


流石に2匹目のドジョウだけにクオリティー自体は高いものの前作程のインパクトは無く
楽曲面もマニアックなモノが増えキャッチーさの減退に繋がり映画の続編同様どうにも
微妙な仕上がりになっちまった印象があるなぁ・・・!稚拙さが逆に味となっていた
女性Vo
悪い部分だけが目立つようになっちまったしもうジブリは頭打ちじゃろう!
アレンジ面もデジタルサウンドが多用されるようになりこういう要素は個人的に
好みじゃない
んだがこういう考え方はもう古いのかねぇ・・・!?ただ本家アニメタルに
匹敵するクオリティー
を備えているので企画バンドで消えてしまうのはあまりにも惜しい!
今後はジブリではなく様々な有名曲をカヴァーする企画バンドとしてアニメタル同様
シーンをブイブイ言わせて貰いたい
もんじゃて・・・!“プリンセス・ディズニー”とか
“プリンセス・シンプソンズ”、“プリンセス・サウスパーク(劇場版)”
“プリンセス・キラートマト”とかみんな聴きたいだろう!?俺だけか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 Kaze No Tani No Nausicaa  Sayonara No Natsu  Umi No Mieru Machi







もどる


inserted by FC2 system