Icarus’cry







"不滅桜花"




Unlucky Morpheusのテクニカルギタリストによる別プロジェクトの1stアルバム。


最近改名したUnlucky Morpheusのテクニカルギタリスト平野幸村氏が
男性シンガー電子レンジ剛志氏と組んで新たに結成したユニットだが
その音楽性はUnlucky Morpheusとまったく同じで(爆)、当たり前のように
上海アリス幻樂団カヴァーのテクニカルなメロスピ
をプレイしておる!
つまりUnlucky Morpheusが男Voになったようなものだ(笑)。ヴォーカルは
メタル系ではなくかといってV系というわけでもないクリーンだが
癖が強く正直上手いとは言いがたいのだがまぁ曲が、メロディーが、
アレンジが良い
ので気にならず聴けるだろうか・・・!?楽曲の方向性はやはり本家同様
特にANGRAからの影響が濃いメロスピだが今回それだけではなく
モダンさを持ったスローチューンGALNERYUSっぽくも正統派然とした
ミドルチューン、和の要素を持ったライトなポップス系
など疾走曲のみではない
幅広い素養を見せているな。ギターは当然ベースもかなりテクニカル
唸りまくっておりブリブリしたオブリやソロが聴けるのは日常茶飯事で
ギターもただ速く複雑に弾くのみならず泣きのタッチも随所で
聴かせるようになりさらにギタリストとして成長した感があるのう・・・!

1曲目はハープの音色に導かれストリングスも登場、聴き飽きた(爆)
有名フレーズ
を奏でるイントロで続く2曲目はANGRAの“Spread Your Fire”
思わせる大仰でテクニカルなギターで疾走するメロスピだ!メロディーは
クサくベースソロも唸りを上げ続くギターソロもやはり実にテクニカルじゃのう・・・!
泣きのフレーズも良い!3曲目もファストなメロスピチューンでベースも
絡み合いテクニカルに聴かせるギターソロが聴き所だ!4曲目は珍しく
打ち込みリズムで始まる音は軽いもののモダン寄りのスローチューン
スクラッチ音も顔を出しサビは3連リズムになりPROCOL HARUMみたいな
シンセ
も登場、ギターソロが無い代わりにピアノソロが聴けるぞ!5曲目は
GALNERYUSを思わせるギターで始まるも疾走はせずミドルテンポ
正統派メタルの印象を放っておる!2度目のAメロではチェンバロ音
登場するも楽曲としては特に様式美というわけではないがギターソロは
ネオクラシカルだ!6曲目はピコピコしたシンセで疾走する久々のメロスピだが
短いインストで勢いよく終了、7曲目はストリングスがクッサイフレーズを
撒き散らし疾走
するこれまた待望のメロスピチューンである!サビがこれまた
強烈にクサいのう・・・!インストパートはプログレ化しギターソロはこれまた
GALNERYUSライクな超複雑なテクニカルさを持ちつつもクサいメロディーという、
難易度とメロの良さが高次元で融合しておる!曲タイトルは最悪だが(爆)
曲自体は最高じゃ!8曲目はクラシカルなチェンバロで始まりギターが唸り
疾走開始!ストリングスも重なりつつリフはRIOTの“THUNDER STEEL”を
思わせ
サビは珍しく若干コーラスが重なっているか!?ギターソロは
これまたテクニカルでシンセとユニゾンし疾走!スウィープかタッピングか
よう判らん超絶技巧
が炸裂するぞ!9曲目はどこか和の雰囲気を持ったメタル要素の
無い軽めのライトな叙情ポップチューン
でピアノが冷たさを感じさせアコギソロも登場、
その後のコーラスは実にクサいのう・・・!


Unlucky Morpheusと同じタイプのメロスピチューンを中心にしつつも
モダンなスロー曲やらミドル曲、和風ライトポップ曲などあっちでは
あんまやらないタイプの楽曲も取り揃えられているがせっかく別名義で
やる
ならせめて上海アリス幻樂団カヴァーではなく違うモンが
聴きたかった
という気分が強いのう・・・!Unlucky Morpheusのあの
クオリティー
オリジナルなんかやってくれたら最高なんだがなぁ・・・!
まぁメロスピチューンは全部キラーで特に7曲目が頭一つ抜きん出ており
メロディーも恐ろしくクサい
が個人的に聴き飽きたフレーズじゃないんで
純粋に楽しめたわい!その分ヴォーカルの弱さが気になったんだがまぁ
メロスピってこんなモンだしメロがクサくて疾走してりゃいいんだよ!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 式神教育委員会、Limited、Till When Tapping?、
我輩はぬこである、忠誠と寵愛







"ADVANCE TO THE DREAM"




Unlucky Morpheusのテクニカルギタリストによる別プロジェクトの2ndアルバム。


Unlucky Morpheus超絶技巧クサメロ、アレンジセンスを発揮し
あっという間にシーンの中枢を成す存在にまで上り詰めた実力派
ギタリスト/コンポーザー
の平野幸村氏が男性シンガー、電子レンジ剛志氏と
組んだプロジェクトの2作目のアルバムである!Unlucky Morpheusのほうでも
しっかりと新譜を出しつつ本作もリリース、さらに新たなるデスメタル系
別プロジェクトUndead Corporation
と多作振りを発揮しているが音楽性、
クオリティーのほうも変わる事は無くテクニカルなギタープレイを見せるクサい
超高品質メロスピ
をこれでもかというほど聴かせてくれるぞ!違いと言えば
こっちのほうが音楽性が拡散しておりメロスピ一辺倒ではない事、そして
ヴォーカルが男でパワー、エモーション共に屈指のスキルを誇る
天外冬黄嬢と比べるとV系とはちょいと違うがクセのある地声歌唱
どうしても弱さを感じさせるのは致し方無い所だ・・・!歌詞は相変わらず
マシンガンズ系
だな(笑)。

ストリングスリフピアノが登場するイントロに続く2曲目は
クワイア系のコーラスと共に疾走しギターとシンセがクラシカルに
ユニゾンするメロスピチューンだ!
ヴォーカルは妙に爽やかな
歌い方
をしており中盤ではシタールも登場し変わった雰囲気を演出、
そしてギターソロに突入するぞ!3曲目はヴォーカルで始まり
ギターがドラマティックな泣きのプレイを披露しやはり疾走するも
すぐにテンポダウンしどこかミステリアスな雰囲気を感じさせるも
やはり再び疾走する!ソロはGALNERYUSの影響が濃いプログレッシヴさ
感じさせる技巧的なリズム、フレージングでそれでいてメロディーも
忘れてはいない!
4曲目はまんまVAN HALENの“ERUPTION”ギターのみによる
インスト。
っていうかもうカヴァーだろう(爆)。あのタッピングフレーズ
なぜか今ここに蘇る!5曲目はピアノによるバラードでヴォーカルが浪々と歌い上げ
これまでは弱さが目立っていたが何気にしかとした歌唱力、表現力があるのう・・・!
実にエモーショナルな声である!まぁもろにV系なんだが・・・(爆)。
6曲目はアコギのストローク弾きが聴けパーカッションも登場する
非メタルな要素が強い民謡的な雰囲気も持った曲。7曲目は笛の音色
聴かせるアップテンポチューンでこれまたアコギも登場、民謡メタル
表現できそうなスタイルになっているな。途中よくある(爆)クサい
クラシカルなギター
も登場しバンドサウンドはANGRAに通じるタイトな
テクニカルさ
があるもやはり牧歌的な空気が強いのう・・・!8曲目は
イントロからクラシカルなギターが聴ける待ってましたの疾走メロスピだ!
メロディーがまた終始クサくアレンジも高いテンションを持っており
バックで聴けるストリングス、クワイア系コーラス等聴き手のツボを
これでもかと突きまくる高度なコンポーズセンスを見せ付けておる!
ギターソロもクラシカルで実にクサいのう・・・!9曲目はピアノが
どこか和の雰囲気を持ったフレーズを弾くメロウなバラード系のインスト。
2曲目のヴァージョン違い
だがメロスピとピアノバラードでこうも
異なる
とはな・・・!メロディー以外はまったく別の曲のように聴こえるのう!


前作で既にUnlucky Morpheusとは異なりメロスピ主体ではなくミドルチューン
聴かせていたが本作はさらに多用さが出ておりもろVAN HALENなインスト、
ピアノバラード、パーカッシヴな民謡
と様々なスタイルを見せており
この辺がまた評価の分かれ道と言えなくも無いがやはり演る側としては
同じ方向性ばっかだと飽きがくるのだろう・・・!聴き手はどうしても
気に入った一つの方向性を求めてしまうモンでそこが噛み合わんと
微妙な評価を下してしまうがまぁそれはしょうがない(よくある事)だろう・・・!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Second Chance、Vice、suicide







"Never get away from HEAVY METAL"




Unlucky Morpheusのテクニカルギタリストによる別プロジェクトの3rdアルバム。


平野幸村氏関係のプロジェクトでは最もリリースしたアルバム枚数が少ないながら
同人シーンでは異例とも言える精力的極まりないライヴ活動が特徴で本作は
通算3作目のアルバムだがUnlucky Morpheusと対バンしたライヴDVD、CDもリリースし
俺達の真骨頂は生だぜ!とでも言いたげな頼もしさを見せてくれておる!
本作の方向性はやはり初期GALNERYUSの流れを汲んだテクニカルかつクサさ満点の
様式美メロスピ、クサメタル
をメインとしつつもやはりそれ以外のアレンジを見せる
楽曲
も収録されておりピアノバラード、和メロが聴けるポップチューンも顔を出すが
そういったスタイルは少なく基本はテクニカルなネオクラメロスピである!

1曲目はピアノ、鐘の音が穏やかなムードを醸し出し壮大さを放つストリングスシンセ、
ホーン
も顔を出すイントロで続く2曲目は大仰なツインリード、キラキラシンセで幕を開け
ネオクラ系のギターと共に疾走する早速の超ストレートな様式美メロスピ、クサメタルである!
歌詞も英語詩でGALNERYUSを思わせるムードプンプンじゃのう・・・!3曲目はエフェクト
かけられたギターが怪しい空気を出しつつもどこか様式美的な要素を携えており
キャッチーな疾走パートもあるぞ。インストパートはテクニカルな緊迫感を持ちつつも
やはりツインリードが奏でるフレーズはクサくドラマティックで良いのう・・・!
その後のコーラスも印象的だ。4曲目はこれまたイントロからギターとシンセが
テクニカルかつクサく大仰にユニゾン
かなりクサいギターメロディーも顔を出し
疾走する高品質の様式美クサクサメロスピだがその実短いインストなのが惜しいな・・・!ちゃんとした
アレンジで聴きたかった
のう・・・!5曲目はピアノがメランコリックなムードを醸し出し
ヴォーカルもクセを持たせつつ切々と歌うバラード。6曲目はスペイシーなシンセ
幕を開け打ち込みリズム、和楽器和のムードを演出するもその後は明るいポップな
雰囲気
が強いアレンジになりメタラーの好みからは遠ざかってしまうのう・・・!
和メロと相まってどこかKagrra.を思わせるな。7曲目はストリングスシンセが聴け
大仰かつ明るいムードで疾走するメロスピチューンシンフォニックな印象もあり
インストパートはベースソロで始まりツインリードによるクサいフレーズも登場、
テクニックとメロディーセンスが見事に融合しており技巧のひけらかしに
陥っていない
のは流石だな。!8曲目はUnlucky Morpheusのリメイク曲お馴染み過ぎる
東方フレーズ
で幕を開けつつも曲調はまさしくキラキラシンセとギターがユニゾンする
王道のメロスピ
だ!ソロパートではメロウなピアノも顔を出し全楽器がテクニカル
極まりないプレイ
でもってネオクラシカルなクサさを放つ事に全精力を傾けておる!
9曲目もUnlucky Morpheusリメイクチューン東方フレーズに始まりこれまた爆走!
メロディーラインは聴き飽きて久しいアレンジは最高のメロスピじゃ!ギターソロも
レガートなテクニカルさ満点で聴き応え十分だ!ヴォーカルも後半でV系シンガーには
不可能な張りのあるハイトーン
を響かせておりクソ難しい原曲を見事に再現しておる!


アルバム前半がバリバリの様式美メロスピを連発しており今回はクサメタルアルバムかと
期待させてくれたが後半でまたポップチューンが顔を出してくるのう・・・!ただそれは
1曲のみであとは箸休め的なピアノバラードが一息つかせてくれるだけでそれ以外は
バリバリの様式美メロスピ、クサメタル一直線となっておりクサメタラーならばよほど
東方を嫌悪していない
(あとは後半顔を出す日本語詩がダメな)限りガッツポーズモノ確実
超高品質なアルバムに仕上がっておる!同時にリリースされたUnlucky Morpheus
雑多なジャンルを取り入れたアレンジに仕上げてきたのに対しての配慮であろう・・・!
東方アレンジだが結構原曲のメロディーを崩している部分がありまんまじゃないのは
聴き飽きた身としては有難いな。演奏はバカテクだがヴォーカルも向上しており
癖の強さは個性として残しつつV系寄りの弱弱しさが無くなってきているのは特筆すべき箇所じゃ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 stunning edge、Invisible Intimidation、Witches' dance party、
大遅刻魔術、断罪は遍く人間の元に、SIVA







もどる


inserted by FC2 system