IRUMA RIOKA







"IRUMA"




日本の女性シンガーソンソングライターの1stアルバム。


かつて本作でギターをプレイしている方より直々にオススメされそして
09年秋のM3にてまとめてゲットしてきた1stアルバムである!
音楽的にはシンガーソンソングライターの名が示すとおり
ポップスだがやはりインディーズで活動するだけあって
ゴシカルでクサい要素があり、さらにシンセが空間系の音色
聴かせ曲によってはどこかポストロックオルタナの空気を放っており
ただのセルアウト系軟弱ポップスとは違うまっとうな音楽性
持っているぞ!ヴォーカルも特別上手いという訳では無いが味があり曲に
マッチしており媚びていないのが良いな!

1曲目は打ち込みリズム、シンセピアノが登場し
アトモスフェリックな叙情ポップスを聴かせ、2曲目は
バラード色の濃い曲でオルタナ色を感じさせるノイジーな
ギター
がサビで顔を出しストリングスシンセ、ピアノが
壮大さを演出、メロディーもキャッチーかつ哀愁があり
良いのう!ギターソロも泣きのフレーズを奏でており
メタラーも楽しめる曲なのではなかろうか!?3曲目は
タンゴ調の3連リズム、クサくも緊迫感を持った
ヴォーカルメロディー、シンセが秀逸なクラシカルさ
感じさせるかなり我々好みの曲である!ピアノ、笛、
ストリングスの音色のシンセ
がヴォーカルと絡み合い
ドラマティックな焦燥感を演出しラストはクワイア風の
コーラス
も少しばかり登場!4曲目はリリカルな音色
幕を開けガーリードリーミーな雰囲気を醸し出すも
3曲目に通じるクサさも持った曲。ヴォーカルのエコーが
やはり空間的だな。コーラスがまた美しいのう・・・!
途中電子音リズム、ヴァイオリンの音色のシンセソロも
登場するぞ。5曲目はこれまたダークで緊迫感あるピアノ、
ストリングス
が聴け加工されたウィスパータイプ
ヴォーカルが登場、どこか志方あきこに通じる質感を
持っているのう・・・!シンフォニックに盛り上がる
後半なんかまさにそんな感じである!6曲目は何と
かつてVIPERがプレイしたことでメタラーの間でも
有名なベートーベンの“月光”のピアノフレーズが聴け
ストリングスシンセもクラシカルに舞う優雅なバラードだ!
ヴォーカルもソプラノ系で歌い上げ表現力があるのう・・・!
7曲目はデジタルリズムが登場しピコピコしたテクノ系の
音色
が聴けるも出だしは穏やかだ。コーラスはまるで聖歌が
如きホーリーさ
がある!8曲目はピアノが聴ける普遍的な
バラード曲。
やけにハキハキしたヴォーカルが印象的だ。9曲目は
叙情的なストリングス、打ち込みリズム、CYNICのような加工された
ロボテックヴォイスが登場しさらにはモダンなへヴィリフまで登場!
最近多い女性Voモノのゴシックラウドロックの様相を醸し出すぞ!
そして途中から打ち込みリズム、メタリックなギターが目立ち
アップテンポとなりギターもただへヴィリフを弾くのみならず
タッピングでオブリを入れる等我々メタラー好みのプレイをしておる!


女性シンガーソンソングライターという響きに引いて
スルーしてしまうと3曲目のようなキラーを見逃して
しまう好例じゃのう(笑)。Asriel、六弦アリス等から
メタル要素を無くしたような雰囲気を感じさせこれら
国産クサゴシック系が好きで非メタル、非疾走
聴けるなら本作も十分楽しめよう!メジャーで媚売ってる
ような軟弱な連中
とは一線を画する、本気でやってる
シンガーソンソングライター
である!本作はまだ荒削り
部分もあるが志方あきこ霜月はるか等の領域に
辿りつけるまで頑張って欲しいもんじゃ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Vanilla、3:00AM、fuoco、
明日、雨がやんだなら、Moon light waltz、Touch your heart







"Secret Garden"




日本の女性シンガーソンソングライターの2ndミニアルバム。


激しさ、メタル要素は無いがゴシカルさ、クサさ
携えた本気の女性シンガーソンソングライターによる
ミニアルバムである!本作の前にもう一枚ミニアルバムを
出しているようだがそっちのほうは今現在まだ手元には無い。
前作ではシンセだったストリングスが今回は
なっており民謡、クサメロ要素の増強に伴い説得力を
かなり増してきているぞ!


1曲目はストリングス、チェンバロ風の音色、アコギが
ヴォーカルと絡み合い3連リズムでかなりクッサイ
民謡フレーズ
が堪能でき、霜月はるかに通じる要素を
持っているな!2曲目はリリカルなオルゴールの音色で
幕を開けアコーディオン、ピアノ、ヴァイオリンが
オシャレながらもプログレ的なリズムで聴かせる
これまたクサい曲だ!インストパートのメロディーは
いかにもタンゴ調クサメタラー好みじゃのう・・・!
後半のストリングスの盛り上がりもたまらんな!
3曲目はレコード風の枯れた味わいの音で始まりアコギ、
ハープ、笛が実に叙情的な雰囲気を放つファンタジック
バラード曲。
途中男Voも登場しツインVoとなるぞ!
4曲目は上記の前アルバムラストに収録されたモダンへヴィチューン
ピアノヴァージョン儚くメランコリックな
ピアノ
が聴ける穏やかな空気を纏ったバラードに
アレンジされている。この曲が本作中最も普通な感じか!?


音楽的にコアな方向に向かったのか民謡、タンゴ、
ファンタジック系
と今回ただのポップスからさらに
クサメロを増強したスタイルとなり一般ポップスシーンへの
アピールは知らんが少なくとも我等クサメタラー、
マニアックミュージック好き
にはたまらん方向性
向かってくれたわい!こういうスタイルこそ我々が
求めているもの
である!今後はこの曲調をさらに
進化させて名盤を生み出して頂きたい
のう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"Hollow Mellow"




日本の女性シンガーソンソングライターの企画ミニアルバム。


正確には上記したソロ名義のアルバムではなくユニットによる
企画ミニアルバム
のようである。前ミニアルバムで民謡、
タンゴ、ファンタジー要素
が濃くなりクサメタラー好みの
クオリティーアップ
を見せてくれたわけだが今回はさらに
凄いぞ!
判りやすく言うならNEW TROLLSの“Concerto Grosso”
ダニー・エルフマンクサクサゴシックサントラ要素を
導入した
感じである!ストリングスやら笛やらがクサさを
放ちまくり
一番美味しいサビの部分で軽いながらもバンドサウンドが
盛り上がりを見せ
まさしくバカロフリスペクトな(?)アレンジが
そこかしこで見られただでさえ凄まじいのにさらにそこに
上乗せされるナイトメアー・ビフォア・クリスマス!!
また今回プログレメタル要素も大々的に導入されており
随所でテクニカルでカオティックなバンドサウンドが顔を出し
従来の曲を大人しく感じていたメタラーにも嬉しい仕様となっておる!

1曲目は生のヴァイオリンによるファンタジックで
クッサイ調べ
に導かれアコギも登場、女性Voが儚くクサい
メロディー
を歌い上げる早速のキラーだ!途中バンドサウンドが
挿入されConcerto Grossoに通じる雰囲気を放ち
さらに国産ゴシックファンタジーらしい要素も導入され
のっけからかなり凄まじい事になっておるのう・・・!
ヴァイオリン、ヴォーカルがとにかくクサすぎる!2曲目は得意の
3連リズムにハモンドが聴けメロトロンの儚い響き
プログレッシャーの琴線を震わせ笛、ストリングスも登場!
サビでバンドサウンドが登場しこれまたConcerto Grossoっぽさが
滲み出るぞ!そこで聴けるコーラスはゴシカルな雰囲気があるな。
この曲も恐るべきキラーでラストのコーラスなんかもまさに
ダニー・エルフマン的下世話クサゴシック要素がプンプンだ!
3曲目はHR/HM色濃いバンドサウンドがプログレッシヴな音
響かせヴァイオリンも自己主張、ヴォーカルが入ると穏やかに
なるもダークなゴシック的質感は保たれている。中盤再び
テクニカルさのあるカオティックなメタルサウンドが登場!
音は軽いがメタラー、プログレッシャー共に喜べそうだな。
そして疾走も見せ十分にこっち側の音と言える展開になるぞ!
ダークなサントラ的空気を挟み再び盛り上がるアレンジ
なんともツボじゃのう・・・!4曲目はチャーチオルガン
顔を出しホーリーなフィメールクワイア、チェンバロも登場、
聖歌が如き出だしだがその後はプログレハードと化す!
ヴァイオリンとバンドサウンドがテクニカルに絡むソロ
完全にこっち側のアレンジで実に素晴らしい!
5曲目以降はカラオケヴァージョンとなっている。
ヴォーカル無しで聴いてもバックの緻密なアレンジが素晴らしく
普通にインストとして楽しめるほどだ!


思わぬ所から名盤登場!まさかここまで本気でテクニカル
クサクサゴシカルファンタジック
メタリックプログレッシヴな音作りに成功するとは思っても
みんかったわい!上記のミニアルバムで俺が願った思いが一瞬で現実に!
同じ女性ヴォーカルゴシックでもALI PROJECTAsriel、
六弦アリス
等とはまた異なる、NEW TROLLSの
“Concerto Grosso”
IL ROVESCIO DELLA MEDAGLIAの
“CONTAMINAZIONE”、OSANNAの“MILANO CALIBRO 9”

バカロフ関係のユーロシンフォニックロック
ティム・バートンサム・ライミの映画でお馴染み、
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
チャーリーとチョコレート工場等の仕事振りが実に有名な、
怪しくゴシカルかつどこか下世話なコミカルさを持った
クサメロ職人ダニー・エルフマン要素が見事に融合し
極上のゴシックシンフォプログレクササウンドを実現させている!
もはやただの女性シンガーソンソングライターとは呼べん!
本気で我々好みの高品質サウンドを提示してくれる
本格派のクサメロミュージシャンである!クサメタラー、
ユーロロック好き、ダニー・エルフマンのファンに激しくオススメできる名盤だ!
カラオケ除いて実質4曲とは少な過ぎる!次はこの方向性で
是非ともフルレンスアルバムをッ!!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 89% お気に入り曲 全部







"Crimson Princess"




日本の女性シンガーソンソングライターの2ndフルアルバム。


ゴシカルでクラシカルかつどこかファンシーなムードも携え海外でのツアー
精力的に行う実力派女性シンガーソングライターの、ミニアルバムをカウントしなければソロ名義での
フルアルバム
としては2作目にあたる待望の1枚である!シンガーソンソングライターなんて
聞くとテレビでチャラチャラやってるような軟弱なセルアウト連中の悪いイメージを
即座に思い浮かべてしまうが(爆)、彼女は本気でシリアスな曲を書きプレイしている本物である!
音楽的にはHollow Mellowのようなダニー・エルフマン的なクラシカルゴシック要素は薄く
変わりにポップでファンタジックでメルヘンなムードがかなり強く様々な楽器が対位法的に
オブリを放り込みまくる
アレンジセンスはかなりのもので非メタル、非ロックな
ポップス寄りの穏やかな曲
でも決してスカスカになる事は無い!ヴァイオリンは生で
格調高さ、クラシカルさの増強に一役買っておるのう・・・!

1曲目はストリングスに始まり優雅さを感じさせるギターも登場、淡々とした
メルヘン的ムード漂う雰囲気でヴォーカルの声質はポップス寄りだな。途中から
オーバーダブされたギターがリードフレーズを挿入しHR/HM的な要素も感じられるのう・・・!
リズムは打ち込みだがヴァイオリンとギターのオブリが良いな!中盤ではホーンの音色も
顔を出すが壮大に盛り上がるような事は無くあくまでも淡々としたクラシカルポップス系だ。
後半のヴァイオリンソロも聴き所である!2曲目はオルゴールの音色で始まりハープ、フルートから
アップテンポでポップかつメルヘンな音作りになりギターリフ、ドラムも疾走感を出し多少の
HR/HM的な音作りも施されてはいるがどちらかと言えば女性Vo化したVALENSIAと言えそうな
ムードがあるのう・・・!多数の楽器がオブリを放り込むアレンジも良くロシア語(?)か何かで
歌われるヴォーカルも面白いな。後半でテンポアップに合わせてギターも速弾きソロを披露するぞ!
3曲目は笛、ピアノが叙情的なムードを醸し出しアコーディオンもミュージカル的なクサい
雰囲気
を放つ淡々としつつも練られたアレンジが堪能できる曲だ。中盤のフルート、ストリングスの
シンフォニックなソロパートがまたクラシカルで良いのう・・・!4曲目はSE、スキャットコーラス、
シンセオーケストレーションからウィスパー気味のヴォーカルが穏やかに歌うアトモスフェリック系
叙情的な曲。アコギも登場しENYA辺りに通じる静かで穏やかな空気に満ちておるのう・・・!
コーラスワークもドラマティックでヴォーカルも十分に表現力を感じさせるパフォーマンス
披露しているぞ!5曲目はこれまた穏やかなシンセヒーリング的なムードを発散させる曲。
電子音リズムも途中から顔を出すが基本はバラード寄りのポップ曲で生音ではないが
ストリングスがインストパートで聴けピアノも登場しこの辺はシンフォニックで良いな。6曲目は
コケティッシュなヴォーカルに始まりバンドサウンド、ストリングスが壮麗さを放ちシンフォニックさと
メタリックなギター
が混ざり合うクラシカルなムードも強い本作中特にクサいキラーチューンである!
リズム、アレンジも複雑でお城系プログレに通じるムードもありコアなリスナーほど喜びそうだな(笑)。
中盤なんかまさに最高だった頃のVALENSIAみたいなシンフォアレンジでたまらんわい!
シンセオーケストレーション、ギターがまたクサいのう・・・!7曲目は鐘の音、穏やかなホーン、
笛が聴ける童謡ライクな雰囲気のある曲。途中からベース、ドラムにハモンド、ギターも顔を出し
淡々とした中にプログレ的な空気がありインストパートなんかまさにそんな感じだ(笑)。
後半で盛り上がりを見せるぞ!8曲目はイントロからシンフォニックで壮麗なムードが漂いその後は
アトモスフェリック系のデジタルリズムが淡々としたムードを放ちアンビエントさ感じさせるも
オルガンやストリングスが壮麗さを出しその後はメタリックなギターリフも登場、タッピングも披露し
リズムはデジタルビートで完全にメタル化する訳ではないがそんな感じのインダストリアルムードを
発散
しており本作としては十分にアグレッシヴである!ギターソロもテクニカルなプレイを披露し
プログレ的な技巧を感じさせオルガン等も絡み合い盛り上がるぞ!9曲目はストリングス、
ピアノ、フルートが叙情的な空気を放つ淡々とした中にクラシカルさ感じさせサビで盛り上がる
バラード曲。歌謡曲的なメロディーがまた良いな。後半でドラム、ストリングスがこれまた盛り上がりを
見せるのう・・・!10曲目は過去のアルバムに収録されていた曲の別ヴァージョンで、ピアノがクラシカルな
フレーズ
を聴かせミュージカル的なストリングス、笛など各種楽器がシアトリカルさを放つ
ドラマティックな曲だ!英語詩で歌われるクラシカルなメロディーも良いのう・・・!


シンフォニックさはあるがダークなゴシカル要素は減退しファンタジックメルヘンポップス
スタイルに接近してはいるがバンドサウンドに加え生のヴァイオリンやピアノ、笛、アコーディオン、
ホーン
様々な楽器が使われ、それらが縦横無尽にオブリを挿入しそこまでド派手で大仰な
感じではないが終始華やかなムードで彩られておりポップさが濃くともコアなリスナーも納得の
仕上がり
だと言えよう!ただメロディーラインもどちらかといえばポップス寄り
なっておりクラシカルなクサさが減退しそこだけが惜しい部分だな。まぁ何はともあれ
そこいらのポップスの領域では語れないクオリティーはしかとあるのでその辺は安心だ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Polka、Seiren、Orange、Confession、
3:00AM -English ver.-







"Letter"




日本の女性シンガーソンソングライターの3rdミニアルバム。


ダニー・エルフマンに通じる豊潤なゴシカル系クサメロを武器とする実力派の
女性ミュージシャン
による新たなミニアルバムである!前作からリリースまで
結構期間が開いた印象があるが、
まぁこのシーンは皆異様にペースが早いんで
本来こんなモンだろうか!?前作“Hollow Mellow -Tangled Knot -”は驚く事に
相当にHM/HR寄りになっていたが、本作は幅広い音楽性を見せておりアコギや笛、生の
ヴァイオリン
がクサさを放つ牧歌的な民謡HM/HRギター入りのシアトリカルなゴシック、
大人しめのピアノバラード
等それぞれタイプの異なる楽曲が収録されている。

1曲目はリリカルさ漂うオルゴール系の音色ストリングスシンセ、笛が顔を出し
ユーロプログレに通じる叙情的なムードを演出するインストで、2曲目はアコギ
民謡ライクなメロウさを演出し女性Voも登場、穏やかながらもツボを付いたエモーショナルさがあり
生のヴァイオリンも顔を出すぞ!やはりメロディーが実にクサく美しいのう・・・!
後半で聴ける歌い上げるヴォーカルも上手く表現力もあるな。3曲目はメロウなピアノ、
ピチカート音、ストリングス
が聴け牧歌的かつシアトリカルな空気を演出、チェンバロ
顔を出しミュージカル的なムードを放ち、これまたメロディーが良くサビではメタリックな
ギター
も顔を出し前作に通じるHM/HR要素も見られるのう・・・!4曲目は穏やかなピアノ
ヴォーカルが乗るマイルドなバラード系だ。


アコースティック系の牧歌的な民謡スタイルに前作のようなシアトリカルメタル風、
ピアノバラード
等それぞれタイプの異なる幅広い作風となっているが、メロディーは
共通して良く
優れたメロディーメイカーはアレンジがどう変わろうと普遍のクオリティーを
発揮出来ると言う好例じゃのう・・・!





オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 塔からの手紙 -letter-  魔女の問いかけ -denounce-







もどる


inserted by FC2 system