IRON CURTAIN







"Guilty As Charged"




スペイン出身の正統派/パワーメタルバンドによる3rdアルバム。


B級スパニッシュクサメタル大国スペインから登場したバンドだが、音楽的には
意外にもメロパワ、メロスピでは無くオーソドックスかつオールドスクールな
80年代風味漂う正統派HM/HRとなっており、クサさは無いんだが当時を
リアルタイムで知るオッサンメタラーにとっては懐かしいサウンドだろう・・・!
ヴォーカルも英語詩野暮なダミ声を披露、とても巧いとは言えず、演奏面でも
ギター等全体的にどうにもモタリ気味でタイトさは見られず危なっかしいし
プロダクションも軽くチープなんだが、それがまた80年代B級メタル臭
強烈に発散しており、好き者にはたまらん部分だろうか!?

1曲目はややモタリ気味だが勇壮なギターが聴け、その後は正統派らしい
ワイルドさ
を放つアップテンポになるぞ!2曲目も軽快なリズム細かい
ギター
が乗った正統派色濃い疾走曲で、3曲目もたどたどしいギター
目立ったアップテンポだな。4曲目はストロングな無骨さのあるミドル曲で、
5曲目は正統派の勢いを見せる疾走チューンとなり、ギターソロは稚拙だが
どこかエキゾチックなフレーズを弾いているな。6曲目もまた正統派らしい
アップテンポ曲。7曲目はワイルドな勢いを放ち、ワウを効かせたギターソロが
いきなり飛び出す疾走曲だ!8曲目も疾走チューンとなっており、
クサくならない
リードギターが正統派らしいな。9曲目はアメリカンHM然とした
明るめの軽快さが見られる王道路線か!?


ヴォーカルは野暮ったいヘタウマダミ声だし、演奏もたどたどしく
危なっかしいものの80年代スタイルの愛すべきB級正統派HM/HRで、
上記したよう当時を懐かしむオッサンメタラーの琴線に触れる
バンドだろう・・・!スペイン産だがそういったスパニッシュな
コテコテさ、クサさは見られず
クサメタラーにはピンと来ないだろうが、
80年代B級正統派メタル好きには嬉しいバンドである!似たような
アップテンポ曲ばっか
なのもご愛嬌か!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Lion's Breath  Iron Price
Wild & Rebel







もどる


inserted by FC2 system