INTEGRAL







"Resilience"




イタリア出身のテクニカルデスメタルバンドによる1stアルバム。


メロスピ、クサメタル大国イタリアだがエクストリームメタルもしかと存在しており、
彼らINTEGRALはそんなイタリアから登場した新人バンドで、本作がデビュー作と
なっており、音楽的にはそこまでヘヴィでは無い、プログレッシヴメタルの色合いが強い
テクニカルデスメタルで、細かくタイトなアンサンブル、高音喚きVoがテンションの
高さ
を見せ付け不協和音も多用され、ブチ切れつつも統合性を感じさせるだろうか!?
ちなみにDISARMONIA MUNDI等で有名なEttore Rigottiがミックス、マスタリングをしているぞ。

1曲目は怪しいSEによるイントロで、2曲目は細かくもノリの良さを感じさせる
プログレメタル的な音作りだが、メロデスっぽいトレモロリフも聴けるぞ。
3曲目は不協和音と共にブラストで爆走もしており、途中スローテンポで怪しい
空気が放たれ、
さらにメロウなアコギ、浮遊感あるギターも顔を出すのう・・・!
4曲目もハイテンションかつどことなく退廃的で、途中クリーンギターが唐突に顔を出し
これまたアンビエント感が見られ、さらに後半無理矢理ジャズ風になるぞ。5曲目もソリッドな演奏、
ブラスト
メロウなギターが聴けるハイテンションな爆走曲で、怪しい部分もあるな。
6曲目も突進力ある爆走チューンで、高速ピロピロも炸裂し7曲目は怪しく気だるい印象のある
ミドルテンポだが、やはり疾走感もあり8曲目はデスメタルらしい禍々しさが見られ疾走、
それでいて怪しいフレーズも顔を出し、途中唐突にラテン、ファンク風になるのう・・・!
9曲目はピロピロギターに始まりやはり禍々しく爆走、それでいて退廃的なミドルパートも多く、
ジャズ風のアレンジも顔を出すぞ。10曲目はクリーンギターによる穏やかな
アンビエント的アウトロ
である。


終始ブチ切れまくりのハイテンションな爆走テクニカルデスで、
不協和音も多用しており怪しい退廃ムードが強いが、音作り自体は意外とそこまで
ゴリゴリなヘヴィさは感じられず、むしろスラッシーなプログレメタルに近い
印象があるだろうか!?随所でアンビエントな穏やかさが見られ、意外と
メロウな面もある
のが大きな特徴だな。演奏も凄まじくタイトで、この手の
バンドの例に漏れず新人離れしたスキルを見せ付けておるわい!テクニカルな
アンサンブル
を引き摺り過ぎてダレる箇所があるのが欠点だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Collapsed Cubes  Hieroglyphica







もどる


inserted by FC2 system