IN HEARTS WAKE







"Divination"




オーストラリア出身のメタルコアバンドによる1stアルバム。


2006年に結成され、何気に活動暦10年の中堅所になりつつあるバンド
音楽的にはいかにも今風なヘヴィさを見せるグルーヴ重視のモダンなメタルコア、
ポストハードコア
を基本としているが、それと同時にエモの要素も強く目立っており、
メロデス要素
は無いが穏やかかつ叙情的なギターフレーズが随所で顔を出し
この手のバンドの中ではメロディー重視な印象があるだろうか!?

1曲目はいかにも近代メタルコアな質感漂うヘヴィリフ、グロウル無機質さ
演出するも、サビはクリーンVo細かいギターエモさを見せているのう・・・!
2曲目はクリーンギターに始まりヘヴィかつエモい質感を放つアップテンポになり、
中盤はお約束のブレイクダウンに続きデジタル要素もあるな。3曲目はゴリゴリの
ヘヴィさ
が見られその後は疾走!サビはクリーンVoトレモロギターも聴けるぞ。
4曲目もまたゴリゴリなヘヴィさが見られ、5曲目はヘヴィさを放ちつつ勢い良く疾走!
メロディー重視のギターソロ
も登場するのう・・・!6曲目はクリーンギター、クリーンVo
穏やかなエモさを放つバラード系で、7曲目はニュースクール寄りの叙情性を醸し出し、
エモいギターも目立った軽快な曲となり8曲目はDjent寄りの硬質なリフ、リズム
聴けつつメロウな穏やかさも見られるぞ。9曲目はエモくキャッチーなクリーンVoに始まり
ヘヴィさもあるが、メタルコアと言うよりもエモメタルと呼べそうな雰囲気が見られ、
10曲目は適度にゴリゴリしつつ軽快なノリエモさもあるな。11曲目は硬質なリズムが
タイトさ
を見せつつ退廃的な空気も見られるエモメタル寄りメタルコアだろうか!?


グルーヴ重視の無機質でゴリゴリなヘヴィさにサビでエモいクリーンVoになり
よくあるキャッチーさを見せる、定番中の定番と言える近代メタルコア、
ポストハードコア
となっており、ぶっちゃけ個性らしきモンは微塵も無いが
その代わりクオリティーデビュー作ながらしかとしたモノがあり、この手の
今風メタルコアが好きなら御他聞に漏れず楽しめるだろう・・・!グロウルがどうにも
一本調子
なのが気になるが、デジタル音に頼らず基本はバンドサウンドで、
メロディアスさのあるギター
も部分的に顔を出す辺りが好印象だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Traveller (The Fool)  Departure (Death)
Survival (The Chariot)







もどる


inserted by FC2 system