IN DYING ARMS







"Boundaries"




アメリカ出身のエモ/デスコアバンドによる2ndアルバム。


2005年に結成され2010年にデビューアルバムをリリースした、ボルチモア出身の
5ピースバンドによる通産2作目のフルアルバムで、音楽的にはブレイクダウンを多用した
ゴリゴリにヘヴィなデスコアだが、そこにメロディアスさ叙情的な要素を導入、
所謂クサさとか、ドラマティックな感じでは無くどちらかと言ったらポストロック
激情ハードコア辺りに近いスタイルだな。Voはブラックメタル的な高音喚きスクリーム
低音のグロウル、ガテラル等を披露する他スクリーモ的なクリーンVoまで導入しており、
デスコアにしては珍しい要素を惜しげも無く取り入れているな・・・!

1曲目から早速ゴリゴリにヘヴィなブレイクダウンで幕を開け禍々しい不穏さを演出、
ピロピロギター疾走パートもあるがやはりスローパートが多く、後半でクリーンVo
顔を出し穏やかさを放つぞ。2曲目は激情ハードコア的な退廃ムードが見られるデスコアで、
中盤唐突に雰囲気が変わりメタルコア、スクリーモに接近しクリーンVoも聴けるぞ。
3曲目はエレクトロニカ要素も導入しつつやはりヘヴィで、穏やかなクリーンVoも多いな。
4曲目はヘヴィで禍々しく疾走しつつブレイクダウンも登場、リフの組み立ては
メロデス寄りメタルコアに近いな。6曲目はスローテンポで重苦しいヘヴィさを演出し
5曲目もエモ的なピロピロギターが登場、7曲目はニュースクールに近い憂いを放つ
ギターが聴けるメロウなデスコアで、クリーンVoも顔を出し8曲目はヘヴィで重苦しい
ブレイクダウン主体のデスコア
だが、途中からメロウさを放つぞ。9曲目はギターが激情ハードコア的な
憂いを醸し出すヘヴィなスロー曲で、10曲目は穏やかなクリーンギター、クリーンVo主体の
メロウなエモバラードと言える曲調だな・・・!


メロディックな要素を取り入れたデスコアバンドは多々いるが、メロデスメロブラ辺りの
要素が多い中にあってスクリーモやポストロック、激情ハードコアの要素を導入している
ケースは意外に珍しく、彼等の個性に繋がっているだろうか!?ヘヴィなブレイクダウンが
多用される一方でエモく穏やかなクリーンVoもかなり目立っており、デスコアにエモさを
取り入れたと言うよりもエモをデスコア化させたような印象もあるんだが、叙情性の要素が
要素だけにクサメタラーが喜ぶようなスタイルでは無いな・・・!ポストロック等を好む
オルタナ系の感性を持ったリスナー向けだろう。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Running Out Of Time  Bathed In Salt







"Original Sin"




アメリカ出身のエモ/デスコアバンドによる3rdアルバム。


ブレイクダウン多用のゴリゴリにヘヴィなデスコアでありながらも同時にエモや
ポストロック、激情ハードコア的
な退廃した穏やかさを演出する、ボルチモアから
登場した5ピースバンドが4年振りにリリースした通産3作目のフルアルバムである!
前作が上記したよう、デスコアでありながらポストロック的な穏やかさ、エモさが
目立っていた
のに対し、本作はそういった要素は鳴りを潜めており、ストレートな
デスコアサウンド
に接近したような感じで、時にブラックメタル的な禍々しい
疾走感
も見せており、クリーンVoも減退しており全体的に硬派になっただろうか!?

1曲目はピアノ等がシンフォニックなシリアスさを醸し出し、デスコア要素も
垣間見れるイントロ
で、2曲目はブラスト、トレモロに絶叫がブラックメタル的な
禍々しさ
を放つ疾走チューンだが、ヘヴィなミドルパートも中盤で顔を出し
3曲目もデスコアらしい不穏さのあるヘヴィチューンで、4曲目はグルーヴィーかつ
不穏なギター
が聴けるスロー曲。途中クリーンVoが登場するぞ。5曲目は禍々しくも
勢いある疾走チューン
で、途中エモ、スクリーモ的になるもユルさは見られず
ブルータルさをキープしているな。6曲目もまたヘヴィでブルータルな禍々しさがある
疾走曲で、7曲目は怪しげな単音ピアノも聴ける禍々しくも不穏なヘヴィチューンで、
疾走するパートクリーンVoも顔を出すぞ!8曲目は淡々とした曲だが
クリーンVoも交えエモ、スクリーモ的な面があるな。9曲目は再びヘヴィなデスコアに戻り
10曲目は叙情リフを交え疾走するメロディックなデスコアだ!11曲目は退廃的な
ギターが聴けるスローテンポの激情ハードコア風デスコアで、クリーンVoも顔を出し
12曲目は禍々しく不穏な出だしからストロングな勢いを放つアップテンポ〜疾走曲となり、
なかなかに構築美を感じさせるギターソロも聴けるぞ!


ポストロックやエモの要素が強かった前作とは別バンドと言いたくなる位
ストレートなデスコアにシフトしており、穏やかな叙情性に個性を見出していた
オルタナ系のリスナーからしたら没個性化したサウンドかも知れんが、
そういったユルめのタルさ、穏やかさがあまりピンと来ない、硬派でヘヴィな
シリアスさを求めるメタラー
にとっては本作の方向性のほうが好みだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Original Sin  For What You Believe (Stand Up)
Kingslayer  Absence of Shame  Valar Morghulis  Mother Huldra







もどる


inserted by FC2 system