IMMANENT







"Human Reflection"




フランス出身のプログレッシヴメタルバンドによる2ndアルバム。


詳しい情報は無いんだが、フランス出身の4ピースバンドでどうやら本作は
2作目らしく、前作では女性シンガーが参加していたらしいが本作で男Voに
交代したようだ・・・!
音楽的にはソリッドなヘヴィさを見せるギター
テクニカルさを放ち、その上シンセがピアノやストリングス等の音色を駆使し
フランスらしい優雅なクラシカルさを放つプログレッシヴメタルなんだが、
ヴォーカルがやけに音痴でヘタクソな感じでそこが厳しいだろうか!?
ちなみにフランスのバンドらしく歌詞は母国語である。

1曲目はヘヴィなギターテクニカルさを放ち、シンセも微かに聴けるがVoが
ヘタクソだな・・・!(爆)
途中スラップも顔を出しリズムはDjent的な感じになるか!?
2曲目は穏やかなクリーンギター下手糞Voが乗り、その後はソリッドなギターが
目立つメタリックな曲調になるぞ。3曲目は今風のDjentリズム微妙な呟きが乗り、
叙情性も見られるが後半はテクニカルになるぞ。4曲目もテクニカルさを見せる
細かいギター
が目立ちつつ淡々としているのう・・・!後半のアコギ、ピアノがメロウで良いな。
5曲目は特にヘヴィなソリッドさが目立つも、ヘナチョコハイトーンVo
かなりのB級ムードを放っておりまるでイタリアのバンドのようだ(爆)。
6曲目は泣きのフレーズネオクラ系のプレイを見せるギターにピアノも絡み、
アコギやベースもメロウさを放つ叙情的なプログレメタルとなるぞ。7曲目はDjent寄りの
ヘヴィなリズム
怪しげなVoが乗り、8曲目は淡々とした穏やかな叙情性が見られ
Voが意外にもオペラティックな朗々とした歌唱を披露!意外とそれっぽく
歌えておる!
まぁその後はヘナチョコ歌唱に戻り、曲も冗長さのある大作なのだが・・・!


プロダクションが良い訳では無いんだが、ギターはソリッドなヘヴィさがあり
細かいテクニカルなプレイも見られ、クラシカルなシンセも部分的に顔を出し
フランスらしい優雅さ、ドラマティックさを重視した叙情プログレメタルとして
なかなかに好印象なんだが、とにかくヴォーカルが下手糞一本調子なのっぺり感
目立っており、そのせいでB級メタルに成り下がってしまっているのう・・・!
ヴォーカルさえマトモに、エモーショナルに歌えていたら大分違っていただろうに
実に惜しいバンドである!前作で歌っていた女性Voはどんなタイプだったのだろうか!?
もっと下手糞だったりしてな・・・!(爆)







満足度 79% お気に入り曲 Nothing's gonna change  Searching for harmony part 2







もどる


inserted by FC2 system