I KILLED THE PROM QUEEN







"When Goodbye Means Forever..."




オーストラリア出身のメタルコアバンドによる1stアルバム。


メタルコアがまだ今風のモダンなデジタル、グルーヴ寄りになる前、まだ北欧メロデスの影響が
強かった頃
にデビューを飾ったオージー産バンドである!音楽的にはまさしくメタルコア黎明期
腐るほど居た、北欧メロディックデスメタルの流れを踏襲した叙情リフを導入した初期メタルコア
なっており、咆哮タイプのグロウルデスVoと言うよりもハードコア、スクリーモ上がりな感じで、
ブレイクダウンも随所で顔を出しあんま疾走しない辺りがメタルコアな部分だろうか・・・!?

1曲目は早速の叙情リフが聴けるイントロで、続く2曲目も北欧メロデス直系の叙情性を
漂わせたリフ
が聴ける昔ながらのメタルコアとなり、ミドルテンポで疾走はしないが
ギターはメロディアスさがあり良いな・・・!3曲目も胸を焦がす北欧メロデスライクな
叙情リフ
が登場、サビでは弱弱しいクリーンVoも聴けるぞ。4曲目はアコギに始まり咆哮に加え
クリーンVo
も登場、淡々とした叙情性を放っておりニュースクール寄りの印象もあるな。
5曲目もまたどこかニュースクールに近い印象のある淡々としたミドルテンポで、中盤唐突に
疾走し始めこの強引さがまだまだ未熟で青かった部分か!?6曲目は叙情リフと共に
アップテンポでメロウさを発散、途中で穏やかなクリーンギター、クリーンVoが顔を出すぞ。
7曲目は叙情メロデスリフが目立ったミドル〜アップテンポで、8曲目もまた叙情性漂う
メロデスタイプのリフワーク
が聴けるミドル、スローテンポとなり、途中アコギがメロウさを
放っておる
のう・・・!クリーンVoは稚拙だが(爆)。9曲目は無骨なリフの目立ったスロー曲で、
途中クリーンVoと共に軽快さも見られるな。10曲目は疾走感を放ちつつノリの良さが見られるが、
ブレイクダウンもある辺りがいかにもメタルコアだな。クリーンVoは稚拙で不要に思えるのだが・・・!(爆)
11曲目は叙情ギターと共に軽快さを放ち、ニュースクール的な印象も見られる疾走曲となるぞ!


デビュー作という事でヴォーカルはクリーンが弱く、プロダクションも軽めで
演奏自体もタイトとは言い難くテクニカルさは皆無
なんだが、今じゃすっかり見られなくなった
メロディックデスメタル直系の叙情ギターが聴ける、メタラー寄りだった頃の
メタルコア
だと言えるだろうか!?とは言え流石にデビュー作だけあってか全体的にまだまだ未熟で、
スローテンポが多く練り切れていない冗長さがありダレを覚えるのも確かじゃのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 When Goodbye Means Forever
Death Certificate For A Beauty Queen  Roses, Post Cards & Machine Gun Kisses
My Best Wishes







"Music for the Recently Deceased"




オーストラリア出身のメタルコアバンドによる2ndアルバム。


メタルコア黎明期に登場したオーストラリア産のバンドによる通産2作目のアルバムで、
音楽的には初期メタルコアらしい、今じゃすっかり見られなくなっちまった北欧メロデスの
エッセンスをふんだんに盛り込んだギター
を聴かせてくれる叙情派メタルコアとなっており、
通産2作目の本作でもそれは変わらずメロディックデス直系のメタルコアサウンドを展開、
さらにシンガーが前作と変わっており、良くも悪くもメタルコア、スクリーモタイプの
グロウル
だった前任者と異なりかなりデスメタルに接近したスタイルのデスVoを聴かせてくれるぞ!

1曲目は早速の叙情ギターで幕を開けストロングな音作りになり、ヴォーカルが前作とまったく
異なるタイプ
本格デスメタルな吐き捨てデスVo、グロウルを披露しておる!ギターソロも
かなり叙情的
だがブレイクダウンがある辺りがやはりメタルコアだな。2曲目もまんまメロデスな
ギターサウンド
が聴け慟哭タイプの叙情性を演出!途中クリーンVoが聴けメタルコアな面が残っているな。
3曲目は慟哭リフ、ブラストで爆走するもその後はブレイクダウンも登場、この辺がメタルコアらしいが
それ以外はまんまメロデスな印象があるのう・・・!4曲目はヘヴィな印象のあるブレイクダウンで幕を開け、
その後はアップテンポでアグレッシヴなメロデスメタルコアとなるぞ!クリーンVoは正直不要だが
ギターソロは劇的
だな・・・!5曲目は昔のIN FLAMESみたいな叙情ギターが聴けるメロデス色濃い
ミドル〜疾走チューン
で、これまたギターソロがかなりドラマティックで良いのう!6曲目もまたメロデスの
要素が強いギター
が目立った疾走曲で、中盤以降の叙情ギター、ブラストビートがまた熱いぞ!
7曲目は叙情的かつアグレッシヴな印象の強いギターが聴ける疾走チューンとなり、
8曲目もメロデスまんまな叙情性溢れるギターと共に疾走開始!その後はスローになるが、ギターが
メロウかつパワフル劇的さもあるのう・・・!9曲目も勢い良く慟哭しまくる
ギターと共に爆走!
コーラスが怪しげなムードも放っておりブレイクダウンも顔を出すぞ。
クリーンVoだけはどうにも微妙でやはり不要に感じられるなぁ・・・!10曲目もメロデスタイプのリフが聴け
ドラマティックな空気を発散、11曲目はメロウなリードギターが聴けるアウトロ的なインストだ。


メロデスタイプのメタルコアという基本ラインは変わらずにかなりクオリティーアップしており、
プロダクション、演奏力の向上に加えヴォーカルが変わり、疾走感も増してより本格的なメロデスに接近!
前作のショボい面影が完全に消滅しメタラーにもオススメ出来るメタルコア
成長してくれて何よりである!ちなみにバンドはメンバーチェンジが重なり一端解散するが、
その後再結成し3作目のアルバムをリリースする事になる・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 全部







"Beloved"




オーストラリア出身のメタルコアバンドによる3rdアルバム。


メタルコア畑ながらにしてかなりメロディックデスメタルの要素が強いバンドで、
前作リリース後に一端解散していたがその後再結成し、通産3作目となる本作を
リリースするに至ったようだ・・・!
音楽的には上記したようメタルコアでありつつ
かなり北欧メロデスに近い音作り
を見せており、前作なんかデスVoも完全にデスメタルの
吐き捨てスタイル
だったんだが、本作ではメロデス要素を残しつつもポストハードコア、
激情ハードコア
の要素も見せるようになって来ただろうか!?

1曲目は穏やかな出だしダミ声グロウルが乗り、どこか激情ハードコア然とした
空気を醸し出すイントロで、続く2曲目は重々しいスローテンポ退廃ムードを演出、
これまたどこか激情ハードコア寄りだがその後はメロデス的なリフと共に疾走開始!
後半でブレイクダウンになるぞ。3曲目は叙情ギターが聴けメロデス要素を出しつつも
これまたポストハードコア、メタルコアに近い面もあり、サビでクリーンVoも登場するな。
後半でクリーンギターによるソロも聴けるのう・・・!4曲目はブラストで爆走しシンセも
ストリングス系シンフォニックさを演出!リフもメロデス寄りな面があるぞ!
5曲目は脱メロデス近代メタルコア、ポストハードコアに接近したギターが登場するが、
それでも一応はメロデス寄りなリフも聴け、途中で疾走感も交えつつサビはクリーンVoも顔を出すぞ。
6曲目は前作に通じるまんまメロデスな叙情リフと共に疾走!シンセもバックで盛り上がりを見せており
ブラストも登場、サビはこれまたクリーンVoだな。7曲目はポストハードコア要素の強い
穏やかな空気
を発散、デス要素もあるにはあるがバラード的な印象があるか!?
8曲目はストロングさのあるバンドサウンドノリの良さを見せるアップテンポチューン。
リフにはやはりメロデス的な要素も見られるな・・・!9曲目は叙情的なリフ、シンセが聴ける
メロデス寄りのパワフルなアップテンポ曲となり、ブレイクダウンも交え
サビはクリーンVoで壮大な印象もあるぞ。10曲目もまたメロデス要素の強いリフで疾走!
壮大なシンセも聴けシンフォニックな面もあるのう・・・!11曲目はゴリゴリにヘヴィな
ダウンチューニングリフ
重苦しいブレイクダウンを披露するスローチューン。
サビでは壮大なシンセも聴けるぞ。


2014年リリースのメタルコアアルバムにしては相当にメロデス寄りなんだが、
流石にヴォーカルも含めてまんまメロデスだった前作と比べるとシンガーがまた
交代している
のもあってかメタルコア、ポストハードコアに近づいた印象があるな。
個人的にはメタルコア、ポストハードコアも嫌いじゃないんだが、彼等にはそういう
方向性よりもガチの北欧メロデス要素入りメタルコアで徹底して貰いたかったのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 To the Wolves  Melior  Calvert Street
No One Will Save Us







もどる


inserted by FC2 system