IHSAHN







"Adversary"




元EMPERORのIHSAHNによる1stソロアルバム。


邪悪で過激ながらも同時に崇高で荘厳なシンフォニックさを携えた、音楽として
真に優れたブラックメタル
をプレイしていた伝説の名バンド、EMPERORIHSAHNが
ソロ名義でリリースした最初のアルバムである!
音楽的にはEMPERORの流れを汲んだ
ブラックメタル要素
を基本としつつも、より知的でアーティスティックな方向
向いており暗黒ムード漂うプログレメタルに接近したような面も見られるぞ!

1曲目はストリングス系のシンセを挿入したブラックメタル寄りのダークな
メタルサウンド
を披露しているが、EMPERORの頃のような吹き荒れる暴虐さは無く
意外にも落ち着きすら感じさせる音作りだが途中からブラスト、トレモロで疾走!
ストリングスのフレーズがドラマティックで良いな・・・!
中盤以降はメロウな
ストリングス
に続きクリーンギター、クリーンVoエモーショナルなマイルドさを
放つが、
同時に不穏な緊張感もある辺りは流石にブラックメタラーだな・・・!
2曲目は意外にもノリの良い軽快なリフ、リズムが聴け怪しげなクリーンVoも登場、
一応はブラックメタルらしい部分もあるが、殆どプログレメタルに近い感じ
テクニカルかつ知的で優雅じゃのう・・・!後半のギターソロのカオティックさが
また大きな聴き所である!
3曲目はブラックメタルらしい疾走感と同時にプログレメタルの
知的さ
を放つ、ハイテンションなカオティックさを見せつつもテクニカルな
崇高さ
も披露される劇的な曲である!中盤のピアノがまた美しく、泣きのギターも
実にエモーショナルだな・・・!
4曲目はハモンドも顔を出しさらにプログレッシヴロックに接近した
曲調となり手数の多さを見せるが、その後は穏やかで淡々としたマイルドなパートも聴けるのう・・・!
後半はダークで怪しげながらもプログレメタル然としたテクニカルなインタープレイを披露!
5曲目はストリングス、ピアノクラシカルさを演出し呟くようなヴォーカルも登場、
実に叙情的かつ優雅だな・・・!途中喚きデスVoに加えクワイアまで顔を出すぞ!ギターソロがまた
ドラマティックである!
6曲目はカオティックさと共にストリングスQUEENっぽいコーラスが
怪しくも劇的な知的さを演出するプログレメタル
となるぞ!7曲目はシンフォニックブラックの
ルーツに立ち返った
かのような寒々しい暴虐なブラストビートで爆走!だがギターは
トレモロでもやはり相当にメロディアスで、その後はテンポダウンテクニカルさのある
リフ、リズム
が聴けるぞ。8曲目もまたブラックメタルらしい尖ったリフ、リズムが顔を出すが
細かいフレーズ等はやはりプログレメタルに近い感じだな。ストリングスシンセも顔を出し
シンフォニックブラックに接近するぞ!後半ではオルガンが顔を出し叙情的な面
見せてくれるのう・・・!9曲目は10分ある大作で、ピアノメロウさを演出しストリングスや
ホーン系のシンセ
も微かに登場、クラシック的なムードを醸し出し物静かだが、その後はバンドサウンドが
大仰な盛り上がり
を放ち始め劇的に展開、中盤ではシアトリカルさも放たれプログレ
言うよりもオペラティックな印象が強いぞ!中盤以降はプログレメタル色濃いアンサンブルとなり
ギターソロもまたテクニカルだな。


ブラックメタル要素を残しつつもプログレメタルの知的さも内包し、それでいて決して
テクニック重視に陥る事無くメロディアスさ、エモーショナルさをしかと追求しており
高度でありつつも間口の広いHM/HRをプレイしている印象があるな・・・!喚きデスVoよりも
マイルドに歌い上げるクリーンVoの比重が高く、デス、ブラック系を好まないリスナーでも
聴けるだろうな。流石にEMPERORでハイレベルなサウンドを提示していただけあり、ソロ名義でも
1stの時点で既に完成された高度なメタル
を聴かせてくれるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部







"Angl"




元EMPERORのIHSAHNによる2ndソロアルバム。


かつてEMPERORに在籍していたIHSAHNの2作目のソロアルバムで、
EMPEROR時代同様ヴォーカルとギター等をプレイしておりギターにおいては
プログレ的なパートも登場するかなり練りこまれたリフや実は隠れた
巧者
であることを伺わせるソロを披露、ヴォーカルも邪悪ながら
聴きやすい絶叫
からマイルドなクリーンVoを聴かせ演奏者としても
実力派であることをアピールしているがその楽曲もシンフォブラのみ
ならずプログレに影響を受けたような展開から穏やかさの中に
変拍子が仕込まれた完全プログレハードスタイルまでエクストリーム
メタルの範疇を超越したセンスあるアレンジを見せているぞ!

1曲目から例によって音質は悪いが音楽的には意外と聴きやすいドラマティックな
ブラックメタル
が炸裂!EMPEROR同様シンフォニックさを演出するシンセも
バンバン登場しトレモロのみならずピッキングハーモニクスを使った
練りこんだリフが特徴的でメロディアスなギターソロも聴けるぞ!
ブラックメタルが16分のトレモロ刻みオンリーだと思ったら
大間違いだと主張しているかのような普遍的な魅力を持ったリフは
ブラックメタラーのみならず正統派メタラーメロデス、メタルコア好きにも
かなりアピールするであろう!2曲目はプログレッシヴな変拍子
穏やかなフュージョンライクなパートまで登場する!ワウを効かせた
テクニカルなソロも面白くこの曲は完全にプログレメタルだな。
中盤のピアノをバックに朗々と歌い上げるクリーンVoも非常にいい声を
しているわい!
流石は天才IHSAHNである!3曲目はOPETHのMikael
ヴォーカルでゲスト参加ししておりこれまた見事な美声、そして
低音の極悪グロウルを披露しているぞ!曲調はこれまたブラックメタルではなく
デス声入りの穏やかなプログレッシヴチューンとなっている。4曲目は
イントロでアグレッシヴさが帰ってくるもやはりプログレッシヴなリフが聴ける
テクニカルな曲だ。コーラスが美しく絶叫デスヴォイスもカッコいいが
やはりプログレ然とした穏やかさも内包されている。重ねられたリードギターが
良いな。ベースラインもけっこう目立っているぞ。5曲目は珍しく(爆)
ブラストビート
が登場し数少ない(笑)ブラックメタルとなる!穏やかな
プログレメタルも良かったがこういうスタイルを求めていたリスナーも
多かろう!シンフォニックなシンセにただ疾走するのみではない緩急つけた
構築美、
まさにEMPEROR直系のスタイルである!そしてギターソロも登場し
メロディアスでいながら確かな技巧も見せる聴き所となっているぞ!
ブラックメタルは基本ギターソロ無いんだがこういうプレイ聴かされると
やっぱソロあってもいいんじゃないかって思えてくるのう・・・!
6曲目はイントロから変拍子リフが飛び出すもろプログレメタルで
低音で呟くように歌うヴォーカルもいい味を出しておりブラックメタル的
咆哮も聴け大仰さを演出するシンフォブラ系シンセも登場する!
ギターソロもやはり良いな。7曲目はプログレッシヴではあるが
なんとも言えない気だるさ、倦怠感を感じさせる、どこまでも
堕ちていく様なリフ
が聴ける曲。語弊を恐れずにいえば音楽的には
別物だがMARILYN MANSONに通じる雰囲気があるかも知れん・・・!
アグレッシヴでは無いが実に邪悪な曲である!後半のストリングス
シンセは個人的にALI PROJECTと同質のものを感じたな。8曲目は
アコギの暗く物静かな調べとマイルドな美声クリーンVoが70年代の
フォーキーな牧歌的ユーロプログレ
を思わせる。ストリングスも良いな。
だが中盤からバンドサウンドが登場しプログレッシヴな反復リフ
絶叫ヴォイスも聴けるぞ。9曲目はJonas Reingold
(というかTHE FLOWER KINGS)みたいな跳ねるベースとアコギで始まり
これまた牧歌的だがその後すぐに禍々しいブラックメタルとなるぞ!
シンセがシンフォニックさを演出しドラマティックなフレーズが
バンバン飛び出し
ブラストはあまり無く特に疾走しているわけでは
ないがリフやシンセが実にカッコいい!中盤から再びプログレハード
パートに突入する。そしてアコギ、クリーンVoも登場し
様式美を感じさせる展開が楽しめるぞ!


元EMPERORではあるがこれはブラックメタルではなくちょいと禍々しい
プログレッシヴメタル
だと言い切ってしまっていいだろう!
ブラックメタルのアグレッションを求める向きには合わないだろうが
技巧に走らない、曲の良さを求めたメロディアスなプログレメタルとしては
非常に完成度が高い!音の悪さもブラックメタルではなく
辺境プログレとして認識しよう(笑)。ブラックメタラー以外にも曲の良さを
求める
プログレッシャー、プログレはテクだけで曲がつまらん
嘆いているリスナーにもオススメである!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部。特に“Misanthrope”、
“Unhealer”、“Malediction”、“Alchemist”、“Monolith”







"After"




元EMPERORのIHSAHNによる3rdソロアルバム。


惜しまれつつ解散しちょい前に最結成するもそれは一時的な
活動との事で再び解散するらしいEMPERORのIHSAHNによる
ソロ名義の3作目のアルバムである!EMPERORのメンバーという事でいやがおうにも
荘厳なシンフォブラックをイメージしがちだが実際はそういった
要素を持った曲がありつつも全体的にはもろにテクニカル系の
プログレメタル
でブラックメタル的なブラストビートこそ
あれどシンフォニックさは無くその代わり変態的な変拍子
不協和音ギターフレーズ、ノイズを撒き散らすかのような
ギターソロが暴れ狂う様はカオティックハードコアに
通じる雰囲気
もあるな・・・!音は相変わらず悪いがそれが
ブラックメタル要素を残した部分なのだろう・・・。

1曲目はノイジーなギターが垂れ流されるように響きタイトな
バンドサウンドがプログレメタル然とした変拍子を聴かせ
ヴォーカルもデスVoというよりはダミ声成分が強い
歌唱スタイルでやっぱプログレメタルだ!途中で
マイルドなクリーンVoも登場しワウを効かせた
ギターソロ
も聴けるぞ。そして2曲目はブラストで
爆走
するブラックメタル風味の濃い曲だがシンフォさは無く
ノイジーにうねるようなリフはどちらかといったら
CONVERGEのようなカオティックコア寄りでKING CRIMSON
思わせる変態的なサックスも飛び出しやはりプログレメタル
ライクなテクニカルさ
が濃いな・・・!3曲目は実に
マイルドでエモーショナルなクリーンVoが淡々と歌い
たゆたうような空気を感じさせる退廃的でダークな
雰囲気モノ
の曲。だがやはりプログレ要素は濃く
途中からダミ声絶叫ヴォーカルも登場し変態的な
ギターリフ
も聴けるぞ。4曲目はドラマティックに
重ねられた
リードギターで幕を開けゴリゴリしたリフ
デスラッシュ的な風情を醸し出しヴォーカルはいかにも
ブラックメタルな高音絶叫を披露、さっそくのギターソロも
エモーショナルかつテクニカルで上手いのう・・・!
途中クリーンVoも登場するぞ。5曲目は本作において数少ない
大作チューン
で、なぜかBON JOVIの“IT'S MY LIFE”みたいなイントロで
始まり(爆)、曲調は実にエモーショナルで穏やかなバラード風である。
ヴォーカルも呟く様な歌唱アトモスフェリックな空気
感じさせるのう・・・。だがこのまま平和に終わるハズも無く途中からへヴィかつ
混沌としたリフ、
絶叫も飛び出しフリーキーなサックスも再び顔を出すぞ!
そして疾走パートに突入しシンセの使い方はシンフォブラとなるも
リフはデスラッシュ系なのが面白いな。泣いている様なワウ
垂れ流されるギターも実に怪しいのう・・・!6曲目も穏やかさが
前面に押し出されたエモいバラードでハモンドも登場しヴィンテージ感
演出する!中盤はミニマル的な反復要素も顔を覗かせ歪みの軽い
70年代風のリフ、ハモンドにブラックメタル的
絶叫デスヴォイスが乗る異様な展開が堪能できるぞ!
7曲目はKING CRIMSONのミニマル的大作“MARS”を思わせる緊迫感のある
畳み掛けるような怒涛のリフが聴けメカニカルな雰囲気はMESHUGGAH
通じる要素もあるな。サックスも暴れギターソロもテクニカルである!8曲目は壮大かつ
退廃的な雰囲気
の濃いへヴィで邪悪なスロー曲でサックスも
どうにもならない諦めムードを演出する!(笑)サックスのソロが
実に変態的でクリーンなコーラスがアトモスフェリックじゃのう・・・!
そして4分を過ぎた辺りからデスラッシュリフアップテンポになるぞ!
シンフォニックなシンセも聴けこの辺りがシンフォブラ的じゃのう・・・!


プログレへの傾倒が露骨だった前作以上にそういった要素が
剥き出しにされ曲によってはもはやカオティックコアの
領域
で語られるべき雰囲気まで発揮されており、本作で
喜べるのはブラックメタラーではなくそういった
テクニカルメタルが好きな層だろう!こういう曲調に反し1曲1曲が
短い
のも特徴で大作は多くなく意外なまでにコンパクトである!
程よくブラックメタル成分の残されたセンスの良いプログレメタルとして
新鮮だった前作と比べてどうも攻撃性が薄れ普通のプログレデスメタル、
カオティックコアに接近したような印象があり新鮮味も薄れた
それでも質は高いので邪悪なプログレメタルが
聴きたい人にオススメ
である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 A Grave Inversed、
Frozen Lakes on Mars、Heavens Black Sea







"Eremita"




元EMPERORのIHSAHNによる4thソロアルバム。


ブラックメタル出身ながらソロ名義ではその枠に囚われない柔軟な姿勢で
高度さのある知的なテクニカルメタル、プログレッシヴメタル
をプレイする
超実力派ミュージシャン、IHSAHNによる通算4作目のソロアルバムである!
音楽的には脱ブラックメタルプログレメタル化が激しかった前作の流れを
引き継いだかのようなプログレ振り
を見せており、ゲストプレイヤーも
多々顔を揃え
前作同様曲によってはサックス等も顔を出し、より知的水準を
高めたかのような仕上がり
を見せているな・・・!

1曲目から早速プログレメタル以外の何者でもないサウンドが登場!
タイトで無機質なリフ、リズムハモンドが顔を出し、ヴォーカルだけが
ブラックメタルスタイルの喚きVo
なれどクリーンVoも当たり前のように
顔を出し、不穏さを見せつつもプログレメタルとして完成度の高い楽曲
仕上がっているな・・・!ギターソロがまたテクニカルで流麗である!
2曲目は勢い良く刻まれるリフに始まり爆走!だがブラックメタルと言うよりも
カオティック要素入りのスラッシュメタルと言いたくなるような勢いがあり、
穏やかな叙情パートも挟まれ実に変態的な展開を見せておる!後半のクリーンVo
また怪しげなムードを醸し出しているな・・・!3曲目は穏やかながらもどこか退廃的な
気だるさ
を見せる出だしからプログレメタル的な展開になる怪しげな曲で、4曲目はジャジーかつ
フリーキーな胡散臭さを醸し出すサックス
が聴け、リズムもまたダークで怪しい
マイルドさを見せているな・・・
!中盤以降はまたカオティックな不穏さを放ち始め
流麗なギターソロも聴けるぞ。5曲目もアダルトかつ怪しさ満点のサックスが登場し
穏やかで暗く淡々とした展開になるのう・・・。そして6曲目はシンフォニックな
シンセサウンド
ブラストで疾走する、シンフォニックブラックの流れを汲んだ
シリアスで荘厳な楽曲になるぞ!まぁマイルドな叙情性を持ったクリーンVo
プログレッシヴなパートも顔を出すが良きフックになっているか!?
ギター2本が絡み合うソロ
メロディアスで良いぞ!7曲目はまたストリングス系の
シンセ、ピアノ、ホーン
壮麗さと共に荘厳さを演出するシンフォニックでシリアスな繋ぎで、
8曲目は重厚な重苦しさ、ダークな荘厳さを放つスローチューンで、サックスがまたフリーキーさを
放っているが
ムード的には実に邪悪な感じである。9曲目は荘厳なホーンをバックに
重々しくも淡々とした空気を醸し出しへヴィなリフも登場、その後はテクニカルな
ユニゾンのキメ
が炸裂しカオティックさ溢れる変態メタルとなるが、唐突にマイルドな
穏やかさ
を見せるパートが登場し実に変態じゃのう・・・!(爆)後半はサックスが
フリーキーに暴れまくるぞ!
10曲目もまたサックスが顔を出し、その後は穏やかさ満点の
ムーディーな大人のバラード
と言いたくなるような曲調になるぞ。後半はまたサックスやら
ギターやらが暴れまくる変態カオティックメタル
と化す!


本作もやはり前作同様脱ブラックメタルし、プログレメタルと言うか
アヴァンギャルドメタル方面に進んでおりアグレッションシンフォニックさ
求めると肩透かしになるだろうな・・・!だがそれでもプログレッシヴメタル、
カオティック系
としてクオリティーはやはり高いんで、そういったサウンドを好む
変態系メタラーにオススメしたい1枚だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Arrival  The Paranoid  Something out there







"Das Seelenbrechen"




元EMPERORのIHSAHNによる5thソロアルバム。


本家EMPERORがまた再結成して活動するやら何やらある中精力的にアルバムを
リリースするIHSAHN
による通算5作目のソロアルバムである!音楽的にはやはり本作も
アヴァンギャルドさ満点の知的かつ変態なカオティックプログレで、曲によっては
壮大なシンフォニックさもあるがやはりブラックメタル要素は極めて薄いのう・・・!

1曲目は早速の不穏さ溢れる音作りで、プログレ的な緊迫感も放たれつつ
後半は叙情的なシンセが顔を出しクラシカルなムードもあるぞ。2曲目はメロウな
ピアノ
が聴け呟きVoも登場、淡々とした穏やかさを演出するが、途中から壮大かつ
壮麗な盛り上がり
を見せストリングスシンセに加えクワイアまで登場!大仰さ満点の
シンフォニックさを堂々と見せ付けておる!
3曲目はこれまたいかにもプログレメタルな
タイトさ、知的さを感じさせるリズム
が聴け穏やかなクリーンVoハモンドも登場、
落ち着きの中に確かな技巧を感じさせるな・・・!4曲目もまた淡々としたムードを放つ
穏やかで物静かな曲。5曲目は噛み付くようなデスVo、暴れまくるドラムが聴けるも、
ブラックメタルと言うよりもノイジーなアンビエント系の印象があるぞ!6曲目もまた同じような感じの
暴れるドラムに加えシンセノイジーなギターも登場するが、やはりどちらかと言ったら
ブラックメタルでは無くアヴァンギャルドなポストロック風だな。中盤からは
お馴染みとなった感のあるフリーキーなサックスも登場だ!7曲目はまた暗くも穏やかで
淡々とした怪しい曲調
で、途中から胡散臭く迫るギターリフも聴けるぞ。8曲目は語りでしばらく展開し、
その後は70年代プログレのような淡々としたムードの上で泣きのギター
エモーショナルさを放つブルージーなスロー曲。9曲目はクリーンギター
穏やかさと共にほの暗さを放つ大人しい曲で、10曲目は電子音、呟くような
デスVo
が聴ける、これまた物静かかつノイジーなポストロック、アンビエントである。


アルバムを重ねる毎に脱ブラックメタル知的なプログレッシヴメタル、
アヴァンギャルド方面
に舵を切っていった印象があるが、本作ではさらに
前衛プログレの方向に進んだ印象があり、
ここに来てブラックメタルどころか
ノーマルなHM/HR要素までも減退しており曲によってはプログレ通り越してもはや
ポストロック、アンビエント
な印象まで放っておる!アーティスティックな音楽としては
ハイレベルで崇高なのかも知れんが、やはり俺はメタラーなんでメタリックな
サウンドをどうしても期待してしまうなぁ・・・!
本作はもはやメタラーよりも
プログレッシャー、アンビエント、ポストロック系のリスナー
のほうが
楽しめる出来かも知れんのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 66% お気に入り曲 Regen







もどる


inserted by FC2 system